« 6月7日(木) サツキ | トップページ | 6月9日(土) ヒメリンゴ »

6月8日(金) カラスムギ

120608karasumugi土手のカラスムギが白茶色に枯れていて、この草の成育サイクルを知らないと、誰かが除草剤でも撤いたのかと思ってしまいます。
しかし、これでも麦ですから、いまがまさに「収穫」時期なのです。白い苞穎から取り出した種粒の皮を剥いて齧ると、コミコミとしてふくよかな味わいがあります。
おもしろいのは、その種粒からのび出た禾(のぎ)で、種が熟すと、こうして途中で直角に曲がります。たぶん、通りかかる動物の毛に絡みやすくする工夫でしょう。試しに禾の先に指をちょっとひっかけると、種はアッサリと苞穎を離れます。

<補注> 苞穎(ほうえい)については、過去ログでは「包穎」としていましたが、今回、心が迷い、「苞穎」としました。辞書にも両方の表記があり、植物サイトでも割れていたり、同じサイトに両方の表記があったり、という状態です。素人のにわか学習ではどちらと断じきれないので、この時点では暫定としておきます。

2011年のきょうジャーマンアイリス> 2010年のきょうカナウツギ> 2009年のきょうギンリョウソウ> 2008年のきょうアケボノフウロ> 2007年のきょうシロバナヤエウツギ> 2006年のきょうウラジロチチコグサ> 2005年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)> 2004年のきょうナンキンハゼ

|

« 6月7日(木) サツキ | トップページ | 6月9日(土) ヒメリンゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月7日(木) サツキ | トップページ | 6月9日(土) ヒメリンゴ »