« 6月26日(火) アカツメクサ | トップページ | 6月28日(木) キケマン »

6月27日(水) ウオトリギ

120627uotorigi1
秋には赤い宝石のような実をつける木の開花をとらえました。どこにでもある木ではないので、実のときはまだしも、花のタイミングに合ったのは幸運でした。
撮影した木は、3年前に実をつけていたものですから、盛大に花粉をつけたこの花が結実したはずです。実際、花粉のなかには白い雌シベが埋もれていました。
120627uotorigi2
ところが!なのです。幸運と混乱は背なか合わせだと思い知らされました。別の場所にある木には、まるっきり葯を持たない「雌花らしきもの」しかないのです。あれ?と元の場所に戻って調べると、こちらには「雄花らしきもの」しか咲いていません。
雄花らしきものが咲く木に実がなる? 1本の木で雄性・雌性が入れ替わるのか? 雌花らしきものが咲いていた木には実がついていただろうか?
ハテナマークばかりで情けなくても、実も変ならば花も変な木であることだけはわかりました。そうそう、蕾を見ればわかるように、花に見えるのは萼のようです。その気で見たら、薄くて小さな白い花びらが、萼と花糸の間にありました。

<補注> 問題解決の糸口にたどりつきました。(2016年7月22日

過去のきょう 2011 シチダンカ 2010 ヒメコウゾ 2009 ムラサキセンダイハギ 2008 ウチワサボテン 2007 クマツヅラ 2006 カリフォルニアローズ 2005 タイマツバナ 2004 ヤブカンゾウ

|

« 6月26日(火) アカツメクサ | トップページ | 6月28日(木) キケマン »

コメント

ウオトリギは観たことがないのですが、珍しい樹のようですね。
雌雄異株だとして、雄株に果実がつくのは不思議ですね。
すごい観察眼だと思います。

話がそれるかもしれませんが、ヤマコウバシは、雄株が発見されてないのにちゃんと種子をつけるそうですが、これと似た現象なのでしょうか。
http://sizenkansatu.jp/index_3.html

投稿: sizenkansatu | 2012/06/27 22:58

sizenkansatuさんへ:
自分でわからないものを掲載するのは心苦しいことで、
そんな話におつきあいくださり、ありがとうございます。
ヤマコウバシもそうですし、サイカチも同じように、ワタシには不思議な存在です。
http://hatazakura.air-nifty.com/blog/2007/05/531_510b.html

投稿: はた衛門 | 2012/06/28 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月26日(火) アカツメクサ | トップページ | 6月28日(木) キケマン »