« 5月5日(土) ムラサキカタバミ(とイモカタバミ) | トップページ | 5月7日(月) サクラソウ »

5月6日(日) ハイノキ

120506hainoki花も葉も枝も入れ込んだ、なんだか説明的な写真です。木全体が真っ白に見えるような遠目の様子とか、花のつくりがよく見えるクローズアップとかは、おととしここに納めているので、今回はその間を埋めながらハイノキ考察をしてみます。
考察その1は花のつき方です。花の房は枝の先端でまだ緑色をしている若い枝についています。つまり、木の外側(表面)が花で飾られて白く見えるけれど、近づいてみると意外に空疎感があるのは、このことが原因でした。
その2は枝振りで、株立ちになった細めの幹から脇枝が横にたわみながら張り出しています。したがって、奔放というか、いささかまとまりのない樹形になります。
結論 : いくら本来は西日本の木だからといって、関東のお庭でもう少し見かけてもいいのにと、不思議でした。名前が悪い(オウチが灰になる?)のかとばかり思っていましたが、今回気づいた特徴だと、狭いお庭にはちょっと無理な性質でした。花と葉がとても美しいだけに、なんだかとても残念な気持ちです。

2011年のきょうチョウジガマズミ> 2010年のきょうカンザン(関山)> 2009年のきょうシュロ(ワジュロ・トウジュロ)> 2008年のきょうオサバグサ> 2007年のきょうピラカンサ> 2006年のきょうオーニソガラム> 2005年のきょうキリ> 2004年のきょうヤマボウシ

|

« 5月5日(土) ムラサキカタバミ(とイモカタバミ) | トップページ | 5月7日(月) サクラソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月5日(土) ムラサキカタバミ(とイモカタバミ) | トップページ | 5月7日(月) サクラソウ »