« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

4月30日(月) フゲンゾウ(普賢象)

120430hugenzou_r定説からすれば、葉が変化して花びらやシベになったはずです。それなのに、また葉に戻りたいというワガママな雌シベもあるから、世のなか広いものです。
こうしてグッと拡大してシミジミ眺めても、「なんてバカな…」という思いしか湧いてきません。おっと、2枚の「葉」の間から出ているのは、もしかして旗弁でしょうか。普賢象が旗桜の仲間だったとはうれしいことです。
普賢象はおととしのきょうも載せたので、今回は思い切り「葉」にだけ迫りました。それなのに、どうもにフニャッとした写真しか撮れませんでした。先日の一葉もフニャついていたので、そのリベンジのつもりだったのに、これでは返り討ちです。「そんなに細部を暴き立てるなよ!」という桜の無言の抗議…だということにしておきます。

2011年のきょうヤマナシ> 2010年のきょうフゲンゾウ(普賢象)> 2009年のきょうイヌスギナ> 2008年のきょうツリガネズイセン> 2007年のきょうゴウダソウ> 2006年のきょうウンゼンツツジ> 2005年のきょうナガミヒナゲシ> 2004年のきょうトチ

| | コメント (2)

4月29日(日) ヒメオドリコソウ

120429himeodoriko群落というか群生というか、とにかくヒメオドリコウがイーッパイ!でした。道端に数十本単位というふつうの見かけパターンからすれば、これは壮観です。
ものがいっぱいあるとうれしい…という短絡反応は、低俗な我が人間性が丸出しになっていて恥ずかしい限りですが、「お札の群生ならもっとうれしい」とは思わなかった(ホント?)のだから、まあ自分を責めることはなしにしておきます。
しかし、この姫様、ちゃんとムラサキケマンの侵入も許しています。決してこの場所を独り占めしようなどという姑息な了見ではないことに心が和みました。

2011年のきょうヒノキ> 2010年のきょうメグスリノキ(雄花)> 2009年のきょうマムシグサ> 2008年のきょうエンレイソウ> 2007年のきょうサルトリイバラ(サンキライ)> 2006年のきょうムサシアブミ> 2005年のきょうモチツツジ> 2004年のきょうシダレザクラ

| | コメント (2)

4月28日(土) イチヨウ(一葉)

120428itiyou_1何年も追いかけて、初めて撮れました。毎年、毎年、「どれが葉っぱに見えるのさ?」とつぶやきながら花の芯をチェックしていたのに、あろうことか、今年は同行した助手2号が、「これじゃな~いぃ?」と見つけてしまいました。
おお、たしかに、先端は雌シベ(柱頭形状)なのに、花柱は「葉」と呼んでも差し支えない平たい緑色物体です。なんと、鋸歯さえ備わっています。
120428itiyou_2まったく、この「葉」の出現率の低さときたら、志木のハタザクラの旗など足下にも寄れません。ボテッとした花がごく淡いピンクであることから「一葉」とは察しがついても、ほとんどの木ではこの「葉」を持つ花が一輪も見つからないのです。
もちろん、助手に出し抜かれた程度の我が眼力に問題が多かったことは隠しようもない事実です。ア、そうだ! 我が国には古来、「心眼」という便利な道具がありました。エ、心が曇っている人には無理…ふん、失礼しましたぁ!

2011年のきょうチョウセンレンギョウ> 2010年のきょうリンゴ> 2009年のきょうヒョウタンボク(キンギンボク)> 2008年のきょうベニバスモモ(ベニスモモ)> 2007年のきょうカントウタンポポ> 2006年のきょうリュウキンカ> 2005年のきょうモミジバフウ> 2004年のきょうコデマリ&オオデマリ

| | コメント (4)

4月27日(金) ガザニア(クンショウギク)

120427gazania特に「春の花」というわけではなく、これから秋まで、長く咲きます。ただ、とても強いオレンジや黄の花色が花壇を飾り出すさまには、野道でスミレなどを愛でながら感じる春とは別の楽しみがあります。
個人的には、ガザニアという音からはガザミ(ワタリガニ)を思い出してしまい、そんな目で見ると、この花びらがガザミの薄い足先に見えてきて、変な気分です。
ならば和名で呼ぼうとすると、それはそれで「勲章菊」ですから困ります。たしかにそう見えないことはない花の形ですが、もっぱらビール瓶の蓋が勲章(昔の子供遊び)だった人間にとっては、一気に遠い存在になってしまう名前です。

2011年のきょうシナレンギョウ> 2010年のきょうチドリノキ(雌花と雄花)> 2009年のきょうユズリハ> 2008年のきょうワサビ> 2007年のきょうシロバナアケビ> 2006年のきょうカブ> 2005年のきょうゲンゲ(レンゲソウ)> 2004年のきょうスオウ

| | コメント (0)

4月26日(木) クヌギ

120426kunugiおととい、コナラの若葉を褒めあげたとき、ちょっと心やましいものがありました。このクヌギのことをいっさい無視したからです。
コナラとクヌギ、この二つを冬枯れ状態のときに判別することが自分にはまだむずかしくて、コナラの樹皮を「よろけ縞のよう」と生意気に書いたこともあるのに、実際に葉がない状態で二つを見分けるのはドキドキものです。そこで、きょうのこの萌え出した葉をクヌギとするのに、去年の葉の助けを借りることにしました。
こうして「証明付き」の状況で眺め直すと、さすがにクヌギの若葉(写真中央)はこの時期から先が尖っていて、やや下ぶくれのコナラとは違って見えます。
実際に近辺の山をふらつくと、コナラが5だとすればクヌギは3という比率で生育しているように思えます。したがって、「白緑に霞む主成分はコナラ」というおとといの表現は間違いではないはずですが、副次成分として、クヌギもあの光景に大きく貢献していることを、ここでしっかりと補足しておきます。

2011年のきょうヤマシャクヤク> 2010年のきょうサラサモクレン> 2009年のきょうトウグミ> 2008年のきょうカラスムギ> 2007年のきょうルイヨウボタン> 2006年のきょうイヌザクラ> 2005年のきょうホタルカズラ> 2004年のきょうムクロジ

| | コメント (0)

番外編 : どれでもお好きなものを…

120425bootmng「8」の発売もそろそろかという今ごろになって、メインPCにようやく「Windows7」を入れました。入れたときは「意外にいいやん」と思っていたVistaが、さすがに4年間でお腹周りに脂肪がつきすぎ、起動やシャットダウンが極遅になったからです。
そのVistaも残しておく(もちろん初期化して)ところがケチというかハムスター症候群というか、XP・Vista・7の歴代OSをどれでも起動できるようにしてみました。
気にくわないのは、マルチブートの選択画面の並び順がXP・7・Vistaになっていることです。これを直し、さらに「以前のバージョン」とあるのを「XP」と表示させることもできる(らしい)のですが、そのコマンド変更に手こずっています。
こんな、まるで本質的ではないことにこだわってどうする?と批判的な自分の横を、それがおもしろいんだもぉーん!というバカな自分が駆け回っています。

| | コメント (0)

4月25日(水) タチツボスミレ

120425tatitubosumireもっと引いた画面で「群生」状態を強調する手もありました。ただ、それだとスミレの細部が見えず、このブログの意味が薄れます。かと言って、せっかく見つけた「一面の薄紫」は忘れたくないので、「きれいだったぁ」と口で補っておくことにします。
そのきれいさに加え、花がうつむきタイプのタチツボなのに、この場所はかなり急斜面なので、こうして下からあおってカワイイお顔をたくさん写すことができました。逆に、葉は見づらいアングルではあります。しかし、「基部が深く切れ込んだハート型&あまり艶のない表面」という特徴はかろうじて見えています。
ここは隣町の大きなお寺の裏山です。まさしく仏さまのお導き…、薄い信心が少しだけ篤くなりました。

2011年のきょうハルリンドウ> 2010年のきょうギョイコウ> 2009年のきょうオオカナメモチ> 2008年のきょうキンギョソウ> 2007年のきょうオオバベニガシワ(雌花)> 2006年のきょうオオバベニガシワ> 2005年のきょうベニドウダン> 2004年のきょうキングプロティア

| | コメント (0)

4月24日(火) コナラ

120424konara4月から5月にかけて、里山を遠望すると、白緑と薄紅が美しくパステル調に霞んでこの上なく美しく感じます。そのホンワリとした色合いの主成分のうち、薄紅が山桜の花であることは一目瞭然として、景色を白緑に霞ませているのがこのコナラの若葉であることに気づく人がどれだけいるやら、少し同情してしまいます。
いわゆる雑木の代表ですが、武蔵野の原風景には欠かせない木です。若葉の一枚一枚はまだ大匙にも及ばないサイズなのに、同時に出てきた雄花の賑やかさの助けを借りて、春を迎えた喜びを高らかに歌いあげているように思えます。

2011年のきょうヤマブキソウ> 2010年のきょうフサザクラ> 2009年のきょうゴマギ> 2008年のきょうマルバアオダモ> 2007年のきょうヒメウズ> 2006年のきょうシラユキゲシ> 2005年のきょうモッコウバラ> 2004年のきょうタケノコ

| | コメント (2)

4月23日(月) ヤマエンゴサク

120423yamajiroもしかして「ふつう」のことなのかもしれませんが、自分としての大発見です。手前に写っている青紫の花がヤマエンゴサク、そして後方で赤紫色をしているのがジロボウエンゴサクです。
踏み込みにくい土手の藪で見つけたので、誰かが植えたものである可能性は低いと思います。両方一緒に生息している場面を見るのはこれが初めてでした。今までは、やや湿り気が好きなヤマエンゴサクに対し、ふつうの平地を好むのがジロボウ…というイメージでしたが、そんな半端知識が吹き飛ぶシーンです。
120423yamaこちら(↑)が「ヤマ」です。花色は変化が大きいのであてにせず、苞葉が櫛形に切れ込んでいるのに着目します。自分はこれが山の連なりに見えるので「ヤマ」…とこじつけています。また、葉がすっきりした形で、ここが複雑なジロボウと区別できます。
120423jiroこちら(↑)が「ジロボウ」で、苞葉がシンプルなくせに葉はちょっとしたレース模様を思わせるように切れ込みが多くてきれいです。

2011年のきょうナガバモミジイチゴ> 2010年のきょうチドリノキ(雄花)> 2009年のきょうヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)> 2008年のきょうコモンセージ> 2007年のきょうウラシマソウ> 2006年のきょうヒメコウゾ(雌花)> 2005年のきょうライラック> 2004年のきょうムラサキツユクサ

| | コメント (0)

4月22日(日) オウゴンカシワ(ナラガシワ)

120422ougonkasiwaあふれるように開き出してきた若葉と花穂が金ピカです。これが人間だったら「趣味の悪いヤツ」と吐き捨てるところですが、木だと「ワーッ!」と感動です。
去年の葉が1枚残っていたのがラッキーでした。若葉とそれが成長したあとの寸法比較になるし、秋の黄葉を思い出す縁(よすが)にもなります。
これで、春秋それぞれの黄金状態を一応は捉えました。さて、問題はこのあとで、葉がいったん緑になったところまで記録すべきかどうかです。いや、それよりも、金ピカではないこの木には目もくれずに通り過ぎそうな自分が一番の問題でした。

2011年のきょうトキワマンサク> 2010年のきょうウコン(鬱金桜)> 2009年のきょうゲッケイジュ> 2008年のきょうムベ> 2007年のきょうオキナグサ> 2006年のきょうブルーベリー> 2005年のきょうサクラソウ> 2004年のきょうナシ

| | コメント (0)

4月21日(土) クッカバラ(フィロデンドロン・クッカバラ)

120421philodendron_kookaburraこれだけの大きさのクッカバラ、お店で買うと3万円は下らないはずです。もちろん拙宅になどあるわけもなく、訪問先の会社で「激写」させていただきました。
深い切れ込みを持った厚手の葉がチャームポイントですが、木質化して鱗模様のついた茎も隠れた見どころです。そう、パッと見で木に見える部分は茎、つまりほかの多くのフィロデンドロン属と同じで、これは草本(常緑多年草)なのです。
寒さに強く、室内光でOKというので、お値段さえ問題なければひと鉢欲しいところです。おっと、買えたとして、狭い我が家のどこに置く!という別の問題もありました。

2011年のきょうアブラチャン> 2010年のきょうチューリップ(突然変異)> 2009年のきょうハラン> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうオーニソガラム> 2006年のきょうヤマグワ> 2005年のきょうニワトコ> 2004年のきょうムクロジ

| | コメント (0)

4月20日(金) ワビスケ(紺侘助)

120420konwabisuke清楚なプリムラに続いては、ドスのきいたお姉さまの登場です。白いものを黒と通してしまうのはその筋のお方の得意技でしょうが、この色を「紺」と言ってしまうのもいかがなもの…いや、なんとなく…紺色に見えて…いえ、紺です!
大きさや豪華さで迫力を感じさせる花は多くても、一重でごくふつうの侘助サイズなのにここまでの存在感を示すこの色に畏敬の念を覚えます。そこにいるだけで周りのジャリンコが黙ってしまう、そんなお姉さまみたいな紺侘助です。

2011年のきょうヤマコウバシ> 2010年のきょうサネカズラ> 2009年のきょうサトザクラ> 2008年のきょうヤマフジ・昭和紅> 2007年のきょうヒメフウロ> 2006年のきょうタチイヌノフグリ> 2005年のきょうカロライナジャスミン> 2004年のきょうナノハナ

| | コメント (0)

4月19日(木) プリムラ・ブルガリス

120419primula_vulgaris清楚という言葉がふさわしいプリムラです。このシンプルさは原種系の証明で、ヨーロッパで古くから愛好されてきたものです。
先日ここに載せたプリムラ・ジュリアンは、このブルガリスの孫にあたります。つまり、ブルガリスなどの原種系をかけ合わせて作ったのがプリムラ・ポリアンサで、ジュリアンはそれを改良したものという流れです。
自分の記憶のために、勝手に擬人化しましたが、このブルガリスをお祖母ちゃん呼ばわりするのは、まったくもって妥当性を欠く行為です。いつまでも無垢で高潔で、常に凛とした姿勢を崩さない、この花はまるで永遠の美人です。

2011年のきょうエイザンスミレ> 2010年のきょうクスノキ> 2009年のきょうフサザクラ> 2008年のきょうトウモクレン> 2007年のきょうマツバウンラン> 2006年のきょうオニタビラコ> 2005年のきょうハナミズキ(アメリカヤマボウシ)> 2004年のきょうハウチワカエデ

| | コメント (0)

4月18日(水) シダレヤナギ

120418sidareyanagi1ふつう、ただ「柳」と言えばこのシダレヤナギを指すようで、銀座の並木もこれだし、王維が「客舎青青 柳色新たなり」と詠んだのもこれだといいます。ジャズで名曲になっている「Willow Weep for Me」のWillowも、それがもし猫柳雲龍柳だったら、あの叙情性にはつながらないことでしょう。
しかし、若葉が芽吹いてすぐ、こうして花(雄花)が咲き出すと枝振りは妙に賑やかになり、「柳よ、泣いておくれ」とすがっても、ケラケラ笑われているみたいです。
120418sidareyanagi2したがって、春の柳にはあまり近づかず、こうして遠目に眺めるのがロマンチックでいられるコツでしょうか。ただ、全体が見えれば見えたで、この枝振りは「ヒュー、ドロドロドロ」というBGMを想起させてくれて、やれやれ難儀な柳です。

2011年のきょうシラカシ> 2010年のきょうコクサギ> 2009年のきょうハボタン> 2008年のきょうシモクレン> 2007年のきょうホオノキ> 2006年のきょうイロハモミジ> 2005年のきょうツルニチニチソウ> 2004年のきょうモクレンとコブシ

| | コメント (0)

4月17日(火) ソラマメ

120417soramame飲み屋さんでもあるまいし、「とりあえず」と冴えない写真を載せてしまったソラマメの花のリターンマッチです。しかし、その過去ログの日付けにビックリで、今年よりひと月以上も早めでした。今年は寒波のせいでいろいろな野菜の作付けが遅れ、値段の高騰が心配されています。ビールの友だけは勘弁してほしい…。
家人の報告では、もう店先に空豆が並んでいるそうですが、露地ではこのようにまだまだ莢の赤ちゃんも見えない状態です。ハウスものを食べるのはスローライフ精神に反するとは言え、今年そのポリシーを貫き通すのはむずかしそうです。

<補注> 満開状態(摘花なし)の様子はこちらです。(2016年3月23日)

2011年のきょうミツガシワ> 2010年のきょうアズキナシ> 2009年のきょうバッコヤナギ> 2008年のきょうイスノキ> 2007年のきょうネギ> 2006年のきょうエノキ> 2005年のきょうアカメガシワ> 2004年のきょうハタザクラ

| | コメント (0)

番外編 : 助演者つきハタザクラ

120416hatazakura地元(埼玉県志木市)自慢のハタザクラ紹介をしようと始めたこのブログ、なんだかんだとついに8周年です。その最初の年は、肝心のハタザクラはもう散ったあとだったのに、今年は親木がまだ八分咲きという遅さです。
ただ、旗を観察しやすい親木のヒコバエとか付近の二世たちはもう散り始めていて、どうも年々この差が開いているような気がします。親木の姿を楽しんでもらうか、旗だけ見られればよしとするか、開花案内をするのもむずかしくなりました。
しかも、自分ではさすがにもうハタザクラの撮りようがなくて(笑)、今年はミツバチさんに助演をお願いしました。花にかろうじて旗があったのがラッキーでした。

| | コメント (2)

4月16日(月) コブクザクラ

120416kobuku_1一つの花に実が二つついています。この特徴によって、この桜はコブク(子福)ザクラという縁起のいい名前で呼ばれることになりました。
120416kobuku_2この双子ちゃんは二卵性(?)で、花にはこのように雌シベが二本あります。どの花もこうなのではなく、その出現率はざっと見回して1~2割くらいに思えます。
この桜の面白さはこれにとどまらず、花期がじつに長いのです。自分の紅葉とのツーショットもできれば、春もいち早く咲き出し、あとから咲いた染井吉野が散ってもまだ咲いています。さらに、1本の木の花(八重)が白からピンクまで咲き分けのようになるという芸当も持っていて、いろいろとお得感のある桜です。

2011年のきょうキクモモ> 2010年のきょうウラシマソウ> 2009年のきょうザゼンソウ> 2008年のきょうアオキ> 2007年のきょうカーネーション> 2006年のきょうツルニチニチソウ> 2005年のきょうハタザクラ> 2004年のきょうハタザクラ

| | コメント (0)

4月15日(日) アネモネ

120415anemoneアネモネは前に載せていたはず…と思って探したら、4年前の春のことでした。記憶のなかでは、スタンダードな赤の一重を撮ったつもりなのに、そのとき選んでいた写真は八重の紫、今回心惹かれて撮ったのは一重の紫でした。
ヘ、ワタシって紫が好きなのですか(笑)。幼児が描いた絵のなかに紫色を使った箇所があると、画面のその部位に相当するその子の体になにかトラブルがあるのだという話を、昔聴いたことがあります。
この説が本当なら、全体が紫にあふれた写真を撮ったワタシなんて「お前はもう死んでいる!」状態ではありませんか。たしかに、こんなにきれいな花に囲まれてなら、このままずっとここに横たわっていてもいいかと思わせる春の一日でした。

2011年のきょうハタザクラ> 2010年のきょうハシバミ> 2009年のきょうハリエニシダ> 2008年のきょうミドリウスバサイシン> 2007年のきょうラショウモンカズラ> 2006年のきょうヤブタビラコ> 2005年のきょうシロバナハナズオウ

| | コメント (0)

4月14日(土) レンギョウ

120414rengyou1画面で見えている緑みは周囲のユキヤナギの葉です。ちょっと芸術チックをねらって前ボケ構成を試したら、肝心の見分けポイント(ふつうのレンギョウは葉が花に遅れる)がボケた写真になりました。
ただ、もう一つのレンギョウの特徴=湾曲してのびる枝振りがユキヤナギと同じくらい盛大だということはよくわかるので、この写真、5点取られたけど勝ち投手というダルビッシュのメジャー公式戦デビューとそっくり…あ、ダルさま、すみません!
120414rengyou2対してこちらはほぼ完封勝利的写真です(自画自賛)。レンギョウの見分けポイントその3=虚ろな枝のなかに梯子状の幕がない(シナレンギョウとチョウセンレンギョウにはあり)ことがはっきりわかります。

2011年のきょうスギ> 2010年のきょうサルトリイバラ(サンキライ・雌花)> 2009年のきょうオオイワウチワ> 2008年のきょうハナノキ> 2007年のきょうムレスズメ> 2006年のきょうコオニタビラコ> 2005年のきょうアケビ

| | コメント (0)

4月13日(金) プリムラ・ジュリアン

120413primula_juliae寒さに強くて、まだ北風厳しかったときから花壇を賑やかにしていました。このジュリアンと似たものにポリアンサがあって、自分では花の芯に色が入る・入らないの違いかなァとか、勝手に思っていたのですが、ぜんぜんお門違いでした。
ジュリアンは、ポリアンサを園芸改良したもので、ふつう「改良」と言えば花は大きくするだろうに、ジュリアンはわざわざ花を小振りに、かわいくしたのだそうです。ところがせっかくジュリアンなのに「大輪」を売りにするものも作られたりして、二つの境界はとても微妙になっているようです。
さて写真のものはどちらかいな?と悩みますが、たしかに「これ見よがし」の大きさではないので、エイヤッと(笑)ジュリアンにしておきます。

<掲載済みのほかのプリムラ> ● プリムラ・マラコイデス ● プリムラ・シネンシス ● サクラソウ

<ハタザクラ情報> きのう朝の段階で、旗桜の親木が咲き初めています。ただし、目の高さにあるヒコバエが5分咲きくらいなのに対し、本来の高いところの花はようやく開き始めたところです。
今度の土日は、旗の様子を観察するには支障はないけれど、全体の姿を楽しむにはやや物足りない…という微妙な状況になりそうです。

2011年のきょうツバキ(王昭君)> 2010年のきょうニッコウネコノメソウ> 2009年のきょうオオリキュウバイ> 2008年のきょうタピアン> 2007年のきょうムラサキケマン> 2006年のきょうスズメノテッポウ> 2005年のきょうシロバナタンポポ

| | コメント (4)

4月12日(木) ユキヤナギ(ピンク)

120412yukiyanagi1r白い花を赤くしたくなる…その気持ちはわからないではないのですが、そっと白いままでおけばいいのに、と思うワタシは進歩のない人間なのでしょう。
前に載せた染め分けのバラよりはまだマシとは思うものの、やけに目立ってうるさくて、清楚なユキヤナギの風情は欠片もありません。心なしか、花のサイズも大きめで、「俺が俺が!」が鼻につくお笑い芸人を見る思いです。
120412yukiyanagi2世も末かと嘆いた数日後、「おや、TVの三流タレントとはちょっと違う?」という色合いのものに会いました。花びらの内側に回り込んでいる赤みが弱いのか、蕾のピンク自体が淡いのか、少しだけ心が安らぎました。
120412yukiyanagi3しかし、やっぱり口直しは必要です。本来の白を見つけ、あー、ホッとする…かと思いきや、ン、なんか物足りない? 慣れとは恐ろしいもので、こういうときのナレは「馴れ」と書くべきなのでしょうか。それともいっそ「狎れ」の方が適切なのか、悩みます。

2011年のきょうアマナ> 2010年のきょうエンレイソウ> 2009年のきょうホソバアカメギ> 2008年のきょうクレマチス・白万重(しろまんえ)> 2007年のきょうプリムラ・マラコイデス> 2006年のきょうアンスリウム> 2005年のきょうハナカイドウ

| | コメント (0)

4月11日(水) ヤブレガサ

120411yaburegasa先週、春の嵐が吹き荒れた翌朝(4日)には、破れた傘がどれほど散らかっているだろうか、なかば期待(?)して街を歩いたものでした。ところがあの日、目にした破れ傘はたったの1本でした。風に傘をやられている画像がTVにたくさん流れていたのに、みなさん意外にマナーがよろしかったようです。
ところでこちら、野のヤブレガサはホントに風にあおられているようで笑いを誘います。実際には快晴微風のうららかな日でした。かつては娘たちが小さかったころの「お化けだぞぉ~」遊びを彷彿とさせてくれたりして、この草、なかなかに芸達者です。

2011年のきょうアオキ> 2010年のきょうヒメウズ> 2009年のきょうタンチョウソウ(イワヤツデ)> 2008年のきょう八重咲き水仙・エルリッチャー> 2007年のきょうイカリソウ> 2006年のきょうゲンゲ> 2005年のきょうハタザクラ

| | コメント (0)

4月10日(火) ヒカゲツツジ

120410hikagetutuji日陰という名前のくせに、燦々とした陽射しを浴びてご機嫌そうです。陽のあたらない場所にもこのツツジはありましたが、そちらは花つきも少なく、開花具合もこの写真のものよりずっと遅れていました。
特に陰性植物ではないのに、ずいぶんと誤解を招くような名前をつけられたものです。そのワケを素人的に考えてみたら、この淡い黄色は日向では飛んでしまい、むしろ日陰で美しく見えるのではと思い至りました。もちろん、本当は谷間の日陰「でも」よく育つという意味ではあろうと思います。
自然のものとしては少数派である黄色い花(ヤマツツジよりはひと周り小振り)が一番の特徴で、加えて細長く尖った葉も目印になります。

2011年のきょうスギナ(ツクシ)> 2010年のきょうカタクリ> 2009年のきょうベニコブシ> 2008年のきょう原種チューリップ> 2007年のきょうジロボウエンゴサク> 2006年のきょうカラスノエンドウ> 2005年のきょうアオキ

| | コメント (0)

4月9日(月) スズメノヤリ

120409suzumenoyari雀さんが帷子(かたびら)を着て、右手に鉄砲、左手に槍を携えている図を想像すると、これは完全に漫画の世界です。小さい草にはすぐその名前が冠されるほど、雀は我々に身近な存在だったのでしょう。
その雀、このごろは数が減っているのではないかという噂があって、そのせいではなくても、このスズメノヤリも周囲から消えかけている気がします。「鉄砲」を載せたあとに続けて載せようと思って忘れたまま、はや6年の月日が流れていたのでした。

<ハタザクラ情報> 柳瀬川土手のソメイヨシノは七分咲きで、天気に恵まれたきのうは絶好のお花見日和でした。一方、ハタザクラ(親木)は蕾が膨らみ、その先端が色づいてきた段階で、今度の土日にいい具合に開くかどうか微妙というところです。

2011年のきょうヒノキ> 2010年のきょうイヌコリヤナギ> 2009年のきょうベニバナトキワマンサク> 2008年のきょうムラサキウンラン(ヒメキンギョソウ、リナリア)> 2007年のきょうアジュガ・レプタンス(セイヨウジュウニヒトエ、セイヨウキランソウ)> 2006年のきょうレンギョウ> 2005年のきょうドウダンツツジ

| | コメント (2)

4月8日(日) カツラ(雌株)

120408katuraきのうの雌シベ(アオイスミレ)も風変わりでしたが、カツラの雌シベも珍種競争では負けていません。おととい載せたシダレカツラには、残念ながら雌株がないことがわかったので、悔し紛れに近所の「ふつうの」カツラの雌花を押さえてきました。
この雌花(雌シベ)、先端がすでに萎れ気味ですが、写真のミソは去年の実の殻を一緒に写し込めたことです。
ブログを始めたころ、このカツラの花の様子は知らないし開花時期もわからず、3年も追いかけたものでした。そうしてようやく雌雄両方の花を撮ることができたのに、なにを出し惜しみしたのか、ブログには雄花しか載せていませんでした。したがって、まさに「雌」伏6年、カツラの雌シベさんのようやくの晴れ姿です。

2011年のきょうワビスケ(数寄屋) > 2010年のきょうジロボウエンゴサク> 2009年のきょうシロバナアケビ> 2008年のきょうヤマザクラ> 2007年のきょうバイモ> 2006年のきょうムシクサ> 2005年のきょうヒサカキ

| | コメント (0)

4月7日(土) アオイスミレ

120407aoisumireスミレ類のなかでも花の早いものが、道端を賑わせはじめています。これも、這うように広がった濃い緑の葉のなかから、かわいい花が顔を覗かせていました。
アオイスミレというくらいで、葉があの「葵の御紋」にそっくりです。花の後ろのデコチン(距)が大きくてデコボコしているのもこのスミレの特徴です。
120407aoisumire_mesibeしかし、なんと言っても極めつけは雌シベの先で、こんな風にフック状になる雌シベはちょっと珍しいはずです。小さなスミレの、小さな花の、またその奥に隠れている不思議な特徴……最初にこれを見つけた人は、さぞかしうれしかったことでしょう。

2011年のきょうガマズミ> 2010年のきょうアズマネザサ> 2009年のきょうトキワイカリソウ(白花)> 2008年のきょうヒメシデコブシ> 2007年のきょうノウルシ> 2006年のきょうスモモ> 2005年のきょうスギナ

| | コメント (0)

4月6日(金) シダレカツラ

120406sidarekatura1古刹の境内にある大きなシダレカツラです。空から降りてきたように下にのびる枝に、若葉が芽吹きはじめていました。
120406sidarekatura2その若葉の付け根になにやらゴミが…、ではなくて雄花です。前に、枝垂れではないふつうのカツラの花を追いかけたときはもう少しきれいな状態を撮っている(葉は展開前)ので、この写真は雄花にとってはやや不本意な姿でしょう。ただ、かわいらしい色と形の若葉がそれを補って余りあるので、偶然ですがとてもいいタイミングでこの木の下に立てたと思います。
心残りは、ここには雌株がなかったことです。時期的に、雌花は雄花にやや遅れて咲くはずですが、植栽場所が限られるシダレカツラの、それも雌花(雌株)に、今シーズン中に出会うのはちょっと厳しそうです。
おっと、このシダレカツラはそもそも早池峰の山中で発見されたカツラの変異種だそうで、盛岡市の「市の木」なのでした。うーむ、本場のシダレカツラの開花はたぶんまだこれからでしょうから、盛岡に行く用事ができればいいんですけどねえ。

<補注> シダレカツラの雌花(雌株)をとらえる!というのは無理な願いであることがわかりました。そもそも、上述の経緯で見つかった変異種が雄株であり、現在あちこちに植えられているシダレカツラはこの雄株の株分け、または接ぎ木で増やしたものだそうです。(2012年4月8日)

2011年のきょうラッパ水仙> 2010年のきょうイチリンソウ> 2009年のきょうカランコエ(八重)> 2008年のきょうノボロギク> 2007年のきょうトウダイグサ> 2006年のきょうセンボンヤリ> 2005年のきょうボタン

| | コメント (0)

4月5日(木) ウバユリ

120405ubayuriちょっと湿り気のある窪地のなかに、異様に照り輝く長さ10㎝ほどの葉の群れがありました。とりあえずシャッターを押しはしたものの、さていったいこれはなんじゃらほい…。とつおいつ、いくら考えても思いつかず、あきらめそうになったところで出会ったのがこの(↓)シーンでした。
120405ubayurri2このスックとのびた枯れ茎とその先に残る実の殻は、これは紛れもなくウバユリの花のあとです。そうか、そう言えばウバユリの葉ってこんな感じだったかも…。今までは花にだけ目を奪われて、葉を写していない(2007年2010年)ことを反省です。
もっとも、花のころには葉が枯れていることが多いし、もし葉が残っていても、茎先の花と根元の葉とはやたらに遠いウバユリですから、花と葉を入れ込んだ写真を撮るのはかなりの高難度になるはずです。したがって、できるかどうかわからない先に期待するよりは、いまこの若葉の輝きを目に刻んでおくことにします。

2011年のきょうニワトコ> 2010年のきょうノウルシ> 2009年のきょうシナミズキ> 2008年のきょうヤマモモ> 2007年のきょうキランソウ> 2006年のきょうミケリア> 2005年のきょうレンギョウ

| | コメント (0)

4月4日(水) オオカンザクラ

120404ookanzakura先日のクヌギに続き、またもやヒヨドリのお食事シーンです。ただし、せっかくの桜だから遠慮しているのか、花を食べるのではなく、蜜を吸っていました。じつに精力的に、長い嘴を花筒に差し込み差し込み、枝を渡り歩いていました。
おっと、主役はヒヨドリではなく桜です。オオカンザクラ(大寒桜)という名札がついていて助かりました。植木で有名な埼玉・安行の産で、寒緋桜が一方の親というのは確定らしいのですが、もう一方は寒桜とも大島桜とも言われているようです。
120404kanhizakuraそこで、一方の親としては定説となっている寒緋桜の姿も一枚…と思ったら、勤勉なヒヨドリくんはこちらでもチュッチュクやっていました。真剣な瞳がステキです。

<補注> 文中、「安行の産」という箇所の意味があいまいですが、交配種ではあっても片親がはっきりしない(田中某氏邸にあったものを安行で育成)というのが正しい理解のようです。(2015年3月4日

2011年のきょうキクザキイチゲ> 2010年のきょうハナニラ> 2009年のきょうチョウジザクラ> 2008年のきょうノジスミレ> 2007年のきょうアザレア> 2006年のきょうヤブレガサ> 2005年のきょうカタクリ

| | コメント (0)

4月3日(火) ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)

120403yahazuこの冬から春の寒気のせいで、梅や桜の開花が大幅遅れになっているのに対し、先日載せたシュンランもそうだったように、ヤハズエンドウの開花も平年から大きな狂いはありませんでした。木本の開花は温度(気温や地温)に反応しやすく、草本は日照時間の変化が開花の決め手ではないかと素人考えしています。
去年の暮れから、「冬をやり過ごす」ヤハズエンドウに気づき、12月1月にその姿を記録しておきました。そんな冬のさなかには尖っていた葉先がようやく名前らしく「矢筈」型(写真右手)になり、若葉の塊(写真上部)もたくさん生まれてきて、遅い桜を尻目に、さあこれから草むらの春が始まります。

2011年のきょうミヤマウグイスカグラ> 2010年のきょうムスカリ> 2009年のきょうシダレザクラ(イトザクラ)> 2008年のきょうシダレザクラ(イトザクラ)> 2007年のきょうスノーフレーク> 2006年のきょうムクゲアカシア> 2005年のきょうムスカリ

| | コメント (0)

4月2日(月) サルココッカ・コンフサ

120402sarcococca_m初めてこれを知った5年前には珍しかったサルココッカも、植えている場所が少しは増えてきました。革質の葉に光沢があり、あまり背が高くならず、日陰に強いという特質が、日本の、とくに都会では重宝されているようです。
おかげで、5年越しに情報を修正することができました。その一つは名前で、サルココッカは属名なので種名のコンフサを付け足します。
もう一つは花の雌雄のことで、先の掲載では花の構造が「同じツゲ科のフッキソウとそっくり」などと書きましたが、フッキソウは1本の株に雌雄の花両方がつくのに対し、雄花の姿は似ていても、サルココッカは雌雄異株なのでした
120402sarcococca_f1枚目の写真でスケールをあてているのが雄花(雄株)です。そして上の2枚目が雌花(雌株)です。雄花みたいな派手さがないので、雌雄異株ということを知らなかった5年前には見逃してしまっていました。
これがあの黒紫色の実に変わっていくプロセスも楽しみなので、ときどきはこの雌株のチェックを忘れないようにしようと思います。

<補足> コメントでご指摘をいただき気づいたのですが、2007年に載せたサルココッカは雌雄同株異花だったのに対し、今回撮影(5年前とは別の場所)したものは、並んでいた数株がすべて完全な雌雄異株でした。二つのサルココッカはじつは品種が違うのか、それとも同じコンフサでも雌雄の花の付き方がランダムになるものなのか、もう少し観察と調べが必要です。(2014年3月19日)

<継続調査の結果> 上の<補足>に書いた問題をあらためて確認したところ、2012年の撮影をした同じ場所の数本のすべてが雌雄同株の雌雄異花であることを確認できました。サルココッカが雌雄異株ではないかとした見解は取り下げです。(2015年3月26日

2011年のきょうヤマコウバシ> 2010年のきょうゴンズイ> 2009年のきょうテンダイウヤク> 2008年のきょうイチハツ> 2007年のきょうヤマエンゴサク> 2006年のきょうニリンソウ> 2005年のきょうシデコブシ

| | コメント (2)

追加編 : シャガの葉の不思議

120401syaga_ha_1きょうの本編では詳しいことに触れませんでしたが、シャガの葉はちょっと変わった特徴をもっています。あえて言えばネギと同じ…。
120401nokanzouつまり、葉には表がなくて、ふつうに見えるところはすべて裏だということです。この意味を理解するには、似た作りのノカンゾウ(↑)と比べればよさそうです。縦に二つ折りになった葉が次々に重なって、自分より内側の若い葉を左右から順々に挟んでいます。このとき、ノカンゾウの葉も外に向いているのはすべて裏面です。
ただし、ノカンゾウの場合には外側の葉から開いて平らになるので、こうなって空を向いた面(元・内側)が表側、元は外を向いていた面は裏側となります。
120401syaga_ha_2これに比べると、シャガは折りたたんだ葉を開かず、全体は扇のようにずっと平らなままです。ただし、その扇の面が、片側だけ陽当たりがいいと反対側は日陰サイドということになります。この場合、前者側が蝋質の照りを持ち、後者はややウラなり的な色合い(↑)になる傾向があり、この差があたかも葉の裏表に見えなくもありません。
120401syaga_ha_3しかし、構造的にはシャガの葉はどう見てもすべて裏側であり、こうやって無理に閉じ口を開くと現れる面(↑)が本当の表側なのです。
120401kakitubataこんな仕掛けの葉を「単面葉」と呼ぶそうで、シャガのほかにアヤメやカキツバタ(↑)も同じ作りです。もちろん、冒頭にあげたネギもそうで、もしかしたら人生(?)に拗ねて裏しか見せなくなったのか、と彼らに同情したくなります。

| | コメント (2)

4月1日(日) シャガ

120401syagaこのブログがヨチヨチ歩きの7年前、「あとは葉が美しければ文句がない」などと無知丸出しのことを言ったまま、シャガには失礼をしていました。冬の間も、この艶のあるスマートな葉をずっと茂らせていてくれて、シャガの葉、サイコー!です。
オバカなことを書いた背景として、常緑性のこの葉が冬を耐え切り、少しくたびれたころに花が咲くという巡り合わせの悪さがあったのかもしれません。早春の陽光を透かした葉は、じつに生命力にあふれる美しさでした。
などと生意気を言っているわりには、夏のこの葉は未撮影です。いま、あまり褒めちぎってしまうと、夏用の言葉がなくなるので、きょうはここまでにしておきます。

<補注> シャガの葉の変わった仕組みについては「追加編」を設けました。

2011年のきょうヒイラギバツバキ> 2010年のきょうクヌギ(雄花)> 2009年のきょうイカリソウ> 2008年のきょうアカシデ> 2007年のきょうカテンソウ> 2006年のきょうアブラチャン> 2005年のきょうユスラウメ

| | コメント (2)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »