« 4月29日(日) ヒメオドリコソウ | トップページ | 5月1日(火) ヨウラクユリ(フリチラリア・インペリアリス) »

4月30日(月) フゲンゾウ(普賢象)

120430hugenzou_r
定説からすれば、葉が変化して花びらやシベになったはずです。それなのに、また葉に戻りたいというワガママな雌シベもあるから、世のなか広いものです。
こうしてグッと拡大してシミジミ眺めても、「なんてバカな…」という思いしか湧いてきません。おっと、2枚の「葉」の間から出ているのは、もしかして旗弁でしょうか。普賢象が旗桜の仲間だったとはうれしいことです。
普賢象はおととしのきょうも載せたので、今回は思い切り「葉」にだけ迫りました。それなのに、どうにもフニャッとした写真しか撮れませんでした。先日の一葉もフニャついていたので、そのリベンジのつもりだったのに、これでは返り討ちです。「そんなに細部を暴き立てるなよ!」という桜の無言の抗議…だということにしておきます。

過去のきょう 2011 ヤマナシ 2010 フゲンゾウ 2009 イヌスギナ 2008 ツリガネズイセン 2007 ゴウダソウ 2006 ウンゼンツツジ 2005 ナガミヒナゲシ 2004 トチ

|

« 4月29日(日) ヒメオドリコソウ | トップページ | 5月1日(火) ヨウラクユリ(フリチラリア・インペリアリス) »

コメント

この写真はすばらしい! 象の牙、昔の人はよく思いついて花の名前にしたものだと感心します。 ブログに引用させてもらいました。

http://reny.posterous.com/127778276

投稿: Reny | 2012/05/01 11:22

Renyさんへ:
おおっと、Renyさんにお褒めをいただくとは驚きました。
さらにこの記事の紹介までしていただき、ありがとうございます。
Renyさんのブログを初めて拝見いたしました。
勉強させていただきます!

投稿: はた衛門 | 2012/05/02 06:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月29日(日) ヒメオドリコソウ | トップページ | 5月1日(火) ヨウラクユリ(フリチラリア・インペリアリス) »