« 4月17日(火) ソラマメ | トップページ | 4月19日(木) プリムラ・ブルガリス »

4月18日(水) シダレヤナギ

120418sidareyanagi1
ふつう、ただ「柳」と言えばこのシダレヤナギを指すようで、銀座の並木もこれだし、王維が「客舎青青 柳色新たなり」と詠んだのもこれだといいます。ジャズで名曲になっている「Willow Weep for Me」のWillowも、それがもし猫柳雲龍柳だったら、あの叙情性にはつながらないことでしょう。
しかし、若葉が芽吹いてひと月ほど、こうして花(雄花)が咲き出すと枝振りは妙に賑やかになり、「柳よ、泣いておくれ」とすがっても、ケラケラ笑われているみたいです。
120418sidareyanagi2
したがって、春の柳にはあまり近づかず、こうして遠目に眺めるのがロマンチックでいられるコツでしょうか。ただ、全体が見えれば見えたで、この枝振りは「ヒュー、ドロドロドロ」というBGMを想起させてくれて、やれやれ難儀な柳です。

<補注> 写真の木がそうであるように、ふつう見かけるシダレヤナギはほぼ100%が雄株です。そんなわけでとても貴重な雌株をようやくみつけました。(2018年3月30日

過去のきょう 2011 シラカシ 2010 コクサギ 2009 ハボタン 2008 シモクレン 2007 ホオノキ 2006 イロハモミジ 2005 ツルニチニチソウ 2004 モクレンとコブシ

|

« 4月17日(火) ソラマメ | トップページ | 4月19日(木) プリムラ・ブルガリス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月17日(火) ソラマメ | トップページ | 4月19日(木) プリムラ・ブルガリス »