« 3月21日(水) カジイチゴ | トップページ | 3月23日(金) ウメ(西王母) »

3月22日(木) ヤマアイ(雄花)

120322yamaai_mほかの草木は無視してヤマアイだけを追いかけたとしても、その生態を理解するにはたぶん何年もかかりそうです。たまたま見つけたときだけ、「あれれ?」と首を傾げている程度では、この小さな草の不思議はいつまでも解明できそうにありません。
悩んでいるのは花の雌雄のことで、今回見つけた大きな群落に咲いていたのは、すべてこの雄花だったのです。つい、「すべて」などと大げさな言葉を使いましたが、正確には「自分でキョロキョロした範囲で、自分の眼力で」ということです。
07年には雄花だけ、09年には雌花だけ、そして今年はまた雄花だけの群落に遭遇してしまいました。今どき、高校だってみんな共学になっているのに、ヤマアイの男女はどうしてこうも厳格に分離されてしまうのでしょう。
考えられるのは、雌雄開花のタイミングがズレるのではないかということですが、一つの株に雌雄が混在している写真も見かけます。さて、いつそんなラッキーなシーンが見られるか…などと欲を出すよりも、まずは同じ場所のヤマアイが雌雄の咲き分けをするものかどうか、ヤマアイに山ほどの愛を注ぐことが求められていそうです。

<補注> 同じ群落のなかに雌雄の株が混在すること、そして雌株に雄花がつく現象は2015年に確認することができました。(2015年2月21日)

2011年のきょうアカシデ> 2010年のきょうパンノキ> 2009年のきょうヤドリギ> 2008年のきょうミニアイリス> 2007年のきょうタアツァイ> 2006年のきょうコノテガシワ> 2005年のきょうダンコウバイ

|

« 3月21日(水) カジイチゴ | トップページ | 3月23日(金) ウメ(西王母) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月21日(水) カジイチゴ | トップページ | 3月23日(金) ウメ(西王母) »