« 2月4日(土) クチナシ | トップページ | 2月6日(月) ハルサザンカ(銀竜) »

2月5日(日) エビネ

120205ebine春に咲いた花が終わってから今まで、いったいエビネの葉がどうしていたのか、不覚にも観察していませんでした。夏から秋まで、ほかの草や低木の葉が茂った陰になり、エビネの葉のことを見失っていたのです。
それらの邪魔者が枯れ果て、頭上を覆っていた雑木も太陽を素通しするようになったら、なんとまあ、この葉は8カ月以上も青さを保っていて、しぶとく「我が世の春」を満喫しているのでした。どうやらエビネの葉は春までこんな様子であり、開花に先だって次世代の葉が芽吹くまで、きっちり1年間「勤務」するようです。
こういう働き者のパートナーの努力に応えようとするからこそ、エビネの花はあんなに美しく咲くのでしょう。

2011年のきょうチューリップ> 2010年のきょうウラジロモミ> 2009年のきょうヒメアスナロ> 2008年のきょうスイカズラ> 2007年のきょうマンゲツロウバイ> 2006年のきょうアリドオシ> 2005年のきょうギンモクセイ

|

« 2月4日(土) クチナシ | トップページ | 2月6日(月) ハルサザンカ(銀竜) »

コメント

我が家のエビネの葉は、12月末?に切ってしまっていて根本がちょこっと残っていました。冬の庭です。

投稿: zenpeichan | 2012/02/05 13:16

zenpeichanさんへ:
えっ、そんな邪険な扱いをしてもよく咲いてくれるとは、
さすがにお手入れが違いますね。
自然のものだと、新芽が出るまで、この葉が光合成の
ラストスパートをしているんでしょうね。
歯をくいしばって次の走者に襷を渡そうとする
駅伝のランナーを思い浮かべてしまいます。

投稿: はた衛門 | 2012/02/06 06:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月4日(土) クチナシ | トップページ | 2月6日(月) ハルサザンカ(銀竜) »