« 2月12日(日) ヤマコウバシ | トップページ | 2月14日(火) カラマツ »

2月13日(月) クリハラン

120213kuriharan主脈の両側に行儀良く並んだ胞子嚢がきれいです。今回撮ったものはたまたま片側1列ですが、生長時期や場所の違いで、これが複数列のときもあります。
地上に出るのが茎ではなく葉柄なので、葉が一枚一枚、土から出ているように見えます。そんな変わった構造の仲間(ウラボシ科同士)にヒトツバがありますが、両者の見分けに悩むことはありません。
ヒトツバの胞子嚢は葉裏全体をびっしり埋めるという違いもありますが、それを確かめるために葉を裏返すまでもなく、二つの葉の質がまるで別だからです。ほとんど光を透かさないほど分厚い革質のヒトツバに対し、このクリハランを撮るときはつい逆光を狙ってしまうほど薄くて艶やかなのです。葉身が30㎝以上もあるので、本物よりはずいぶん大柄ですが、見るたび、本当にの葉だと感心します。

2011年のきょうオウギバショウ(タビビトノキ)> 2010年のきょうドンベヤ・ワリッキー> 2009年のきょうマツザカシダ> 2008年のきょうカマツカ> 2007年のきょうアブラナ> 2006年のきょうネコヤナギ> 2005年のきょうユキヤナギ

|

« 2月12日(日) ヤマコウバシ | トップページ | 2月14日(火) カラマツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月12日(日) ヤマコウバシ | トップページ | 2月14日(火) カラマツ »