« 1月10日(火) バンダ(洋ラン) | トップページ | 1月11日(水) ケナシサルトリイバラ(サンキライ) »

対比編 : サルトリイバラの実の色

120111sarutoriibaraケナシサルトリイバラの実(きょうの記事本編)と比べる意味で、同じ時期のふつうのサルトリイバラの実を載せておきます。池の水を背景にして赤が鮮やかですが、一部の実は黒変し初めていました。
したがって、もしかしたらケナシの実も赤から黒に変化したのかもしれません。ただ、「ふつう」の方はいかにも「もう店じまいですぅ」という色なのに比べ、ケナシの方はとても威厳があって、「もともとこんな色じゃわい」と言いたそうです。
いずれ来年以降、ケナシの花を撮り、結実する過程を確認するという課題をクリアしないと、とりあえず今は「どっちもいい色だなぁ」とお茶を濁すしかありません。

|

« 1月10日(火) バンダ(洋ラン) | トップページ | 1月11日(水) ケナシサルトリイバラ(サンキライ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月10日(火) バンダ(洋ラン) | トップページ | 1月11日(水) ケナシサルトリイバラ(サンキライ) »