« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

1月31日(火) モクセンナ

120131mokusennaあまりの寒さに、また近場の熱帯に避難です。レンズの曇りが消えるのを待つ間、天井からこぼれるように咲く黄色の花に見とれていました。
以前、これとよく似たハナセンナをここに載せていて、その花はこのモクセンナのように垂れ下がってはいませんでした。ただ、木が大きくなればハナセンナもこのように下垂するそうで、二つの見分けは葉の形に頼るのがよさそうです(モクセンナ=先が丸い VS ハナセンナ=先が尖る)。

2011年のきょうウメ> 2010年のきょうベニヒモノキ> 2009年のきょうネズミサシ> 2008年のきょうサネカズラ> 2007年のきょうヤマアイ> 2006年のきょうヤダケ> 2005年のきょうシナマンサク

| | コメント (2)

1月30日(月) シモバシラ

120130simobasira花や葉の特徴などは無視して、シモバシラが「シモバシラ」と命名された理由を、今回はしみじみ感じました。と言うのは、これまでに見た結氷状態の茎は、枯れ果ててはいたものの先の方までしっかり残っていたのに対し、この茎はもうこれしか残っていないからです。こんな残骸でも、氷の薄膜はきれいにできているのでした。
「枯れて、地上部がわずかに残る茎」などという草本はいろいろありそうなのに、こうして氷の芸術を見せてくれるのはシモバシラの茎だけ(たぶん)です。どの草の茎も、構造には大きな違いがなさそうなのに、シモバシラのそれだけが微妙に結氷を誘うわけで、寂しい冬にも人間を楽しませてくれる造形の神さまに感謝です。
120130simobasira2さて、こちらは本物の霜柱です。長いもので4cmほどあって、踏み応え十分です。山道で誰にも遭わないのをいいことに、しばしザクザク歩きを楽しみました。

2011年のきょうテイカカズラ> 2010年のきょうシンビジウム(愛子さま)> 2009年のきょうオオイタビ> 2008年のきょうシロミマンリョウ> 2007年のきょうノシラン> 2006年のきょうマンサク> 2005年のきょうホトケノザ

| | コメント (0)

1月29日(日) ヒマラヤトキワサンザシ

120129himalaya_tokiwasanzasiふつうのトキワサンザシだって、真っ赤な実が鈴なりにつくのに、この写真のものは赤がさらに鮮やかで、実のつき具合も「ふつう」版より一段と豪華でした。重さで枝がミニョーンと撓(しな)っています。
「ふつう」と「ヒマラヤ」は、葉では見分けがつけにくく、もっぱら実のつき具合が頼りのようです。「実の数○個以上がヒマラヤ」などという厳密な区別はなさそうなので、対面したときの自分の感動具合を尺度に、これを「ヒマラヤ」としておきます。

2011年のきょうクリスマスローズ(ニゲル)> 2010年のきょうヒメアリアケカズラ> 2009年のきょうイモカタバミ> 2008年のきょうイスノキ> 2007年のきょうシキミ> 2006年のきょうニシキギ> 2005年のきょうハナカンザシ

| | コメント (0)

1月28日(土) ブロッコリー(ミドリハナヤサイ)

120128broccoli見るからにパワーもりもりの葉です。ふつう、ブロッコリーと言えば花の蕾とその下の柔らかい茎を食べますが、こんなに分厚いなら、葉も食べでがありそうです。
そう言えば、前に「埼玉は日本一のブロッコリー生産県」などと威張ったとき、「花が咲いても食べられるかは未確認」と書きましたが、あのあと、食べた人に会いました。「まずい」そうです。花も葉も、食べて障りはないのでしょうが、ほかに食べるものがない場合を除いては、とりあえず「見るだけ」にしておくのがいいのでしょう。

おっと、先日の「できるだけ和名優先」宣言は、早くも問題に突き当たりました。ブロッコリーにも和名があり、宣言を実践するなら、きょうの主題は「ミドリハナヤサイ」になります。むゥ、困りました。「できるだけ」ですから、「例外あり」ということで…。

2011年のきょうワルナスビ> 2010年のきょうアレッポマツ> 2009年のきょうタガラシ> 2008年のきょうタンキリマメ> 2007年のきょうガガイモ> 2006年のきょうダイオウショウ> 2005年のきょうカンザキアヤメ

| | コメント (0)

1月27日(金) カジイチゴ

120127kajiitigo先日は首都圏が氷に覆われてドタバタ劇でしたが、そんな情けない人間どもをあざ笑うかのように、草木は着々と次の季節の準備をしています。
雪を被ろうが霜にあたろうが、こんなに青々とした若葉を出し始めているのはカジイチゴです。モミジイチゴと似てはいるのですが、葉脈が強くて葉の形も鋭角的なモミジイチゴに比べると、カジイチゴの方は葉の筋張りも少なく、裂け方も穏やかで、どことなく鷹揚なお坊ちゃま風です。
…などとカジイチゴの夏の姿(の記事)にリンクさせようとしたら、あらら、まだ写真を撮ったことがありませんでした。毎日いろいろ載せているのに情けないことではありますが、「もう写すモノがない」なんて嘆きよりは百倍も幸せだと思うことにします。

2011年のきょうメリケンカルカヤ> 2010年のきょうコウヤボウキ> 2009年のきょうレモン> 2008年のきょうアオキ> 2007年のきょうパンジー> 2006年のきょうヒノキ> 2005年のきょうオキザリス・バーシカラー

| | コメント (4)

1月26日(木) イワガネソウ

120126iwaganesouさすがに寒さのピークを迎え、葉の様子が痛々しいのですが、多少の引っ張りでは千切れない丈夫さは失っていません。イワガネは岩(ケ)根の意味のようで、そんな場所でもしぶとく生育するのでしょう。
先日のフモトシダと違って、こちらは日陰が好きなので、こんな少しの明るさのある写真を撮るのに苦労しました。イワガネソウにもいろいろ細かい種類があるほか、やや似たイワガネゼンマイもあるので、きょうのタイトルはアバウトかつ暫定です。

2011年のきょうソシンロウバイ> 2010年のきょうジャノヒゲ(リュウノヒゲ)> 2009年のきょうアカマツ> 2008年のきょうニワウルシ> 2007年のきょうビオラ> 2006年のきょうチンゲンサイ> 2005年のきょうジャノヒゲ

| | コメント (0)

1月25日(水) ドイツトウヒ

120125doitutouhi冬の季節のドウイツトウヒは、前に冬芽の皮が剥けだしたところを写しています。そのときの木は小さくて、実はつけていなかったですが、何年かあとの秋、20mは超しそうに大きな木に実がブラブラしているのを見つけました。
そのときは夏の活発な生長の名残で、実は蝋に覆われて砂糖菓子のような姿だったのに、冬にはこんなにパサパサに脂気を失っていました。どうも、自分の老化にこじつけて「草木の枯れ姿は美しい」と思い込もうとする節があるのですが、若い人から見ても美しいと思うのです。いや、抜けるような冬空が…ではなく、実のことです。

2011年のきょうセツブンソウ> 2010年のきょうカニクサ> 2009年のきょうシロマツ> 2008年のきょうイイギリ> 2007年のきょうコバノタツナミ> 2006年のきょうウツギ> 2005年のきょうフユザクラ

| | コメント (0)

1月24日(火) ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)

120124yahazuendou春になってから芽吹くのだと思い込んでいたカラスノエンドウを10月末に見つけてから、あちこち歩くたびにその姿を気にしています。
寒さが底の1月下旬に入り、さすがに少し葉ヤケしていますが、「一度枯れるのでは?」という素人予測を見事にかわし、このとおり、しっかり元気です。したがって、前に触れた「根生葉で冬越し」という生態解説は、ここら辺(埼玉南部)では当てはまらないことがわかりました。
もうひとつのお勉強はきょうのタイトルで、今までカラスノエンドウと呼んできたこれは、標準和名ではヤハズエンドウなのでした。「できるだけ標準和名」という自主規制にしたがって、ヤハズエンドウを前面に立てることにしますが、うーむむ、野原で出会えば、やはりカラスノエンドウと呼びそうです。

2011年のきょうハクモクレン> 2010年のきょうナンヨウザクラ> 2009年のきょうカボス> 2008年のきょうキンシバイ> 2007年のきょうヒマラヤユキノシタ> 2006年のきょうトキリマメ> 2005年のきょうヘクソカズラ

| | コメント (0)

1月23日(月) シロヤマブキ

120123siroyamabuki黒曜石か、はたまた丹波篠山の黒大豆か、散り残った一枚の葉に脇を固めてもらい、シロヤマブキの実が美しく煌めきます。
太田道灌の逸話(七重八重花は咲けども…)で実がつかないことが有名になったのはふつうのヤマブキ(の八重)であって、こちらシロヤマブキは春の花とそのあとの実をこうして楽しめる、とてもお得な種類です。

2011年のきょうシマオオタニワタリ> 2010年のきょうセイロンマンリョウ> 2009年のきょうケヤキ(むさしの1号)> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうマンサク> 2006年のきょうモミジバフウ> 2005年のきょうハボタン

| | コメント (2)

1月22日(日) フモトシダ

120122humotosidaシダ類というと暗いジメッとした場所に生えそうなイメージがあるのですが、こんな陽を透かしたシーンでわかるように、このシダはカラッとしたところがお好みです。人生いろいろ、シダもいろいろ、ゴーイング・マイウェイです。
葉の表裏や羽軸が毛で覆われ、その羽軸がやや茶色を帯びています。また、葉裏の胞子嚢が葉先だけに並ぶのも特徴的です。
切れ込みの浅い葉が、先端から付け根に向かって段々に長く羽状に連なります。生育場所が風変わりなくせに、その姿はとてもシンプルで素直な美しさです。

2011年のきょうオヒルギ> 2010年のきょうサンタンカ> 2009年のきょうヒメリュウキンカ> 2008年のきょうチョウセンゴミシ> 2007年のきょうシュロチク> 2006年のきょうサンシュユ> 2005年のきょうイヌビワ

| | コメント (0)

1月21日(土) フィカス・プミラ(オオイタビ)

120121ficus_pumillaこんなにかわいいプミラがまさかあのオオイタビだなんて、恥ずかしながら、今回調べるまでまったく思いもよりませんでした。幼木と成木の葉がまるで違うものとして、自分ではテイカカズラが印象深いのですが、あのときの「発見」に勝るとも劣らないビックリです。(このプミラが斑入りであることは「違い」から除外)
もっとも、幼木と成木のイメージが違う木本よりは、根生葉とふつうの葉が違う草本が格段に多いはずです。今の季節、地べたで寒さをやり過ごしている草と春のそれがきちんとシンクロしているかというと心細い限りで、プミラでビックリなんかしていないで、もっともっと勉強しないといけません。

2011年のきょうジュズサンゴ> 2010年のきょうクマシデ> 2009年のきょうワビスケ(太郎冠者)> 2008年のきょうトベラ> 2007年のきょうインドゴムノキ> 2006年のきょうガマズミ> 2005年のきょうコウヤボウキ

| | コメント (0)

1月20日(金) キダチベゴニア

120120kidati_begonia季節を問わずに花をつけ続けてくれるので、「見飽きた」などとわがままを言わなければ、一家に一鉢的なありがたい存在です。日光が好きなので、冬に部屋に取り込んでも、陽当たりのいい場所に置く必要があるようです。
ただ、陽を当てすぎると葉ヤケするので、この調整がやや微妙で、先月取り上げた球根ベゴニアほどではないにしても、ふつうのベゴニアよりは扱いが面倒です。
さらなる問題は名前です。キダチは木立ですが、これを「こだち」と読む人もあり、さらに木立「性」とする人もいるし、「木立」を漢字のまま表記する人もいます。自分でも、球根ベゴニアのときは「球根」を漢字表記したのに「木立」はカナ?という不統一が悩ましいのですが、「そういうものなのだ」と納得しておくことにします。

2011年のきょうカラテア・クロタリフェラ> 2010年のきょうチンカピン> 2009年のきょうムベ> 2008年のきょうシモバシラ> 2007年のきょうバコパコピア・ガリバーライラック> 2006年のきょうカンツバキ> 2005年のきょうチョウセンレンギョウ

| | コメント (0)

1月19日(木) シロナンテン(キナンテン)

120119sironantenナンテンはあの真っ赤な実がきれいなのに、白い実もなくてはおさまらないのが園芸家の業なのでしょう。それをうれしがって写す人の業はどうなんだ…という話はこの際ないことにしておきます。
赤い実のナンテンは、陽当たりがいいと、この時期は葉まで真っ赤になるのに対し、このシロナンテン(キナンテンとも)の葉は色づきません。白い実に赤い葉の取り合わせはさぞや美しいはずで、園芸家の皆さま、もう一踏ん張り、いかがでしょうか。

2011年のきょうレッド・ジンジャー> 2010年のきょうセイヨウヒイラギ> 2009年のきょうシホウチク> 2008年のきょうカリン> 2007年のきょうチョウセンマキ> 2006年のきょうニホンスイセン> 2005年のきょうオケラ

| | コメント (0)

1月18日(水) サンジャクバナナ

120118sanjakubanana温室で撮影するときは、人物や建物が写り込まないように気を遣うのがいつものことなのに、今回はあえて人を入れました。もちろん、サンジャクバナナの背の低さを証明するためです。この男性は特に大柄ではありませんでしたが、その胸くらいまでしか背丈がありませんから、三尺の名に偽りはありませんでした。
それにしても、このお方、ずいぶん長いレンズを下げてます。500㎜くらいですか。重くないですか。もしなんだったら、ワタシがお預かりしてもよござんすよぉ。

2011年のきょうシマナンヨウスギ> 2010年のきょうキジョラン> 2009年のきょうシロヤブツバキ> 2008年のきょうサザンカ> 2007年のきょうカクテル(つるバラ)> 2006年のきょうホトケノザ> 2005年のきょうキソケイ

| | コメント (0)

1月17日(火) ヒメユズリハ

120117himeyuzurihaふつうのユズリハの小型版であることが葉の寸法でわかります。育て方によるでしょうが、樹高もふつう版よりおさまりがいいようです。
運良く雌木に出会い、実も写し込むことができました。しかし、冬には黒紫に色づくはずがまだ青いままです。海の近くが好きだそうで、海なしの埼玉で、たぶん植栽されたものでしょうから、環境がお気に召さないのかもしれません。
ただ、葉軸の赤がふつう版より淡いのは埼玉のせいではなく、姫さま特有の傾向だそうで、我が家のささやかなお供え餅には、大きくて色の強いユズリハよりもこちらの方が向いているかな…などと鏡開きの済んだあとに思いつきました。

2011年のきょうブッソウゲ(ハイビスカス)> 2010年のきょうナンテン> 2009年のきょうトウゴマ> 2008年のきょうチゴカンチク> 2007年のきょうフクジュソウ> 2006年のきょうフユシラズ> 2005年のきょうカラタチ

| | コメント (0)

1月16日(月) キカラスウリ

120116kikarasuuriキカラスウリにはずいぶん苦労させられた思いがあって、こんな鈴なりの実にお目にかかると、うれしさと拍子抜けが背中合わせです。
しかも、自分の徘徊範囲にあるのはふつうのカラスウリばかりで、キカラスウリはもっぱら日本海側(新潟・山形・秋田)で追いかけをしていました。逆にそれらの場所ではカラスウリが少なく、生育分布的にそんな傾向があるのかと勝手に思ったりしたものでした。しかしそれは単に観察量の不足だったようです。
今回の撮影はホームグランドみたいな場所でしたから、これまでの我がまなこの節穴ぶりに苦笑しつつ、いつでも顔を見られることがわかってひと安心です。

2011年のきょうコチョウラン> 2010年のきょうニオイザクラ(ルクリア)> 2009年のきょうトボシガラ> 2008年のきょうトウカエデ> 2007年のきょうユキワリソウ> 2006年のきょうウメ> 2005年のきょうスズカケノキ

| | コメント (0)

1月15日(日) アメリカヒイラギ

120115america_hiiragi
クリスマスどきに出会っていればもっとうれしかったとは言え、時期はずれであっても自分的には十分に撮影価値があった一枚です。
この「とげとげしい葉に赤い実」の代表(見かけやすい)はシナヒイラギであって、それよりももっと葉の形がヒイラギっぽいものにセイヨウヒイラギとアメリカヒイラギがあり、この二つの見分けがとても微妙なのです。葉の表面に艶のあるのがセイヨウで、それが乏しいのがアメリカということで、前にセイヨウらしきものを写しているので、今回の画像と見比べることができます。
上の写真を撮るときは、「時期的にややくたびれているのかな」と思ったりはしたものの、二つを比較すると、やはり今回の葉が本質的にくすんでいることがわかります。これでめでたく、以前「暫定」としていた木がセイヨウヒイラギと確信できたし、念願だったアメリカヒイラギも画像コレクションに入れられたし、メデタシメデタシです。

過去のきょう 2011 アンスリウム(ラベンダー・レディー) 2010 カミガヤツリ(パピルス) 2009メキシコラクウショウ 2008 ウメ(八重寒紅) 2007 ホウキイヌツゲ 2006 ブラキカム・マウブディライト 2005 カリフラワー

| | コメント (0)

1月14日(土) ホトトギス

120114hototogisuおとといのカシワバハグマに続いて、「老後の美しさ」シリーズです。人間も体幹を鍛えることが丈夫さの要であるように、きっとこうして美しく枯れ残る草は茎の作りが頑丈にできているのでしょう。
120114taiwanただ、同じホトトギスにはもっと野性的なタイワンホトトギス(↑)があって、同じ時期にまだ緑みさえ残していました。
二つがこうして標本状態になると、本来のホトトギスの花柄は分岐せず、タイワンの方は1本からいくつも花が咲き出すという違いがくっきり見えます。

2011年のきょうカナリーヤシ(フェニックス)> 2010年のきょうコクテンギ> 2009年のきょうラクウショウ> 2008年のきょうニホンスイセン> 2007年のきょうチチコグサモドキ> 2006年のきょうツルウメモドキ> 2005年のきょうカンツバキ

| | コメント (0)

1月13日(金) ロウバイ

120113roubai1ちょっとフライング気味に開きかけたソシンロウバイの花を載せた(先月)あと、年があけ、鏡開きも終えて、臘梅たちはそろそろ本格的な咲き出しです。
120113roubai21枚目の写真はふつうのロウバイではあるものの、芯の紫色がとても淡く、やや珍しいタイプです。これに比べると、2枚目の花の芯はやや濃すぎには見えても、町ではこちらの方をよく見かます。
120113sosinついでにソシンロウバイがちゃんと開きだしたシーンも載せておきます。初めは逆光で撮りながら、全然香りがしないことを訝しく思って、そのあと順光で撮ろうと木の南側に回り込んだ途端、甘い香りにたっぷり包まれました。冬は微風でも北からという当たり前のことを、うらうらとした昼につい忘れていました。

2011年のきょうセンダン> 2010年のきょうハアザミ(アカンサス)> 2009年のきょうハアザミ(アカンサス)> 2008年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2007年のきょうツルウメモドキ> 2006年のきょうクヌギ> 2005年のきょう房咲き水仙・ペーパーホワイト

| | コメント (0)

1月12日(木) カシワバハグマ

120112kasiwabahaguma前に、その紳士然とした枯れ方を誉めあげたカシワバハグマですが、さらに枯れが進むと、意外と剽軽なところを見せることに気づきました。冠毛が吹き飛び去ったあとの萼片が、日射しを受けると、まるで白い花を咲かせたように輝くのです。
コウヤボウキとかツルウメモドキとか、この時期、花に飢えた目を糠喜びさせてくれる萼片があります。自分の老後も彼らのように「枯れても花のように」ありたいとは思うのですが、はてさて他人から見ればムサい爺になりつつあるのでしょうなあ。

2011年のきょうリュウキュウバショウ> 2010年のきょうツワブキ> 2009年のきょうハリエニシダ> 2008年のきょうロウバイ> 2007年のきょうドイツトウヒ> 2006年のきょうセンダン> 2005年のきょうロウヤガキ

| | コメント (0)

1月11日(水) ケナシサルトリイバラ(サンキライ)

120111kenasisarutoriibara温室での撮影で、写真としては「なんだかなぁ」です。加えて、自分としてはまたもや過去のいい加減な知識の更新を迫られた1枚です。(最近こればかり・涙)
今まで、ふつうのサルトリイバラのことを、語感が好きだからという勝手な理由でサンキライ(記事タイトルも、サンキライをメイン、サルトリイバラをサブ)と呼んできました。しかし、本来のサンキライはこのケナシサルトリイバラのことでした。中国に産するこのケナシの根が土伏苓(または山帰来)で、重要な漢方薬です。
つまり、日本産のふつうのサルトリイバラを山帰来とするのは本家との混同で、今では「みんなで渡れば怖くない」状態ではあるようでも、いやしくも植物ブログでサンキライをメインタイトルに据えるのはまずいことがわかりました。
ということで、過去の記事(タイトル)はすべて修正します。ただ、掲載植物名一覧ではケナシもふつうも、どちらもサブとしてサンキライをあてておくことにします。

さて、過去の懺悔ばかりで、本来のお題であるケナシサルトリイバラの説明がおろそかになりました。ケナシは棘なしのことで、ふつうのサルトリイバラと違って蔓に棘がありません。また、葉が細いので、丸型の「ふつう」とはずいぶん感じが違います。
問題は実の色でして、なんせこの撮影対象一株しか見たことがないので、こんな黒紫色が標準かどうかは定かではありません。
あれやこれや、なんとも締まらないきょうの記事です。ただ、これが「実もきれいだけど、名前もきれいだなぁ」から始まったサンキライ好きが少しは理屈もわきまえてきた「成長の証」であってほしいものです。

2011年のきょうフユアオイ> 2010年のきょうユズリハ> 2009年のきょうハリギリ> 2008年のきょうシマタケ> 2007年のきょうゼニゴケ> 2006年のきょうイブキ(ビャクシン)> 2005年のきょうカンザクラ

| | コメント (4)

対比編 : サルトリイバラの実の色

120111sarutoriibaraケナシサルトリイバラの実(きょうの記事本編)と比べる意味で、同じ時期のふつうのサルトリイバラの実を載せておきます。池の水を背景にして赤が鮮やかですが、一部の実は黒変し初めていました。
したがって、もしかしたらケナシの実も赤から黒に変化したのかもしれません。ただ、「ふつう」の方はいかにも「もう店じまいですぅ」という色なのに比べ、ケナシの方はとても威厳があって、「もともとこんな色じゃわい」と言いたそうです。
いずれ来年以降、ケナシの花を撮り、結実する過程を確認するという課題をクリアしないと、とりあえず今は「どっちもいい色だなぁ」とお茶を濁すしかありません。

| | コメント (0)

1月10日(火) バンダ(洋ラン)

120110vandaパンダではなくバンダです。バンダ(Vanda=学名)は属名で、このスカーレット色の花の品種を特定するものではありません。
むしろ、バンダの基本色は薄い紫(やピンク)からかなり濃い紫までの紫系のように見受けます。フィリピン周辺の温暖地で樹上に着生するそうで、温度・湿度管理がかなりデリケートなため、個人で育てるには難度が高そうです。
なお、ヒスイランという別名もあるようですが、この名前は紛らわしく、花弁が翡翠色(緑)のプヤ・ベルテロニアナが別に存在します。これは「幻の花」だそうで、ここに登場するのはいつになるかわかりません。そして、それまでこのことを覚えていられるかはもっと定かではありません。

2011年のきょうブータンルリマツリ> 2010年のきょうカゴノキ> 2009年のきょうナツトウダイ> 2008年のきょうツバキ(詳細不明)> 2007年のきょうゴシキトウガラシ> 2006年のきょうハナツメクサ> 2005年のきょうダイコン

| | コメント (2)

番外編 : モバイル環境のコストダウン

Mobile_system表は煩雑ですが、結論は最終行です。これまで月平均で4,800円見当払ってきた自分のモバイル環境の経費を、700円ほど節減することができました。
しかも、今まではPCに携帯をつないで使っていたネット環境が、ヒカポ(光ポータブル)に替えたことで少しだけサクサクになりました。加えて、遅ればせながらiPhone(中古の3GSですが)ユーザーになったので、わざわざPCを持ち出すこともなく、たいがいのこと(PCメールの受信やネット検索)はこれで済ますことができます。

自宅のLAN環境だけでPC使用が納まる人にはなんの関係もないことですが、たまにはLAN環境のない場所でネット接続しなくてはいけないとき、その手段(と経費)は悩ましい問題でした。ワタシの場合、docomoの携帯をPCにつないでパケット通信(ダイヤルアップ)をしていたのですが、どこのHPも年々重さを増し、ちょっとつないだだけで、docomoから途方もない請求(1万円近く)が来るようになりました。

そこで解決の糸口にしたのがヒカポです。これとiPhoneを組み合わせることで、モバイル環境の経費をこれまでよりもコストダウンできたのです。
ヒカポは昼限定(夜は8時まで)料金ですが、夜8時以降はハッピータイムのワタシにとってまったく無問題です。また、iPhoneはソフトバンクかauか、いずれかのキャリアーに加入するのがふつうですが、マシンを中古で買い、正規SIMなしで使う(若干の特殊工作は必要)ことでスマホの月額費用はゼロで済みます。(もちろん、iPhoneでの通話は不可能です。このために、docomo携帯は解約できません)

また、docomoの基本料金をバリュープランに変更するのもコストダウンの鍵でしたが、これに必要な機種変更も実質8,400円でできました。docomoのオンラインショップには特売品がいくつかあり、通常使用にはまったく差し障りのない機種(F-03B)をここで調達しました。なお、ワタシは少し贅沢な機種にしましたが、嫁さんと娘(同じく、機種変更でバリュープラン化)はなんと3,150円という格安機種(L-06A)にしました。ユーザーレビューではかなり辛口な評価が目立ったので心配しましたが、一般ユーザーが使う分にはほぼ無問題で、いい買い物だったと思います。

問題はiPhoneをなにに使うか?というオジサン的な悩みなのですが、特にアプリを入れるでもなく、PCメールを受信・送信したりネット検索したり、たま~に好きな音楽をダウンロードしたりくらいで十分に楽しめています。先日の箱根駅伝は野山を歩きながら楽しんだのですが、グーグルマップの上に各校の位置取りが表示され、柏原君が後続をどんどん引き離す様子がリアルにわかりました。ここ数カ月、コスト増に悩んでいたのがウソのように、この年末年始は快適なモバイル環境を楽しんでいます。

<補注1> このあと、通信はスマホだけですることにし、iモードを解約しています。そのため、モバイル総経費は月3,800円程度にコストダウンしました。
<補注2> 次の段階(2015年12月)では月1,600円少々にまで削減しました。

| | コメント (0)

1月9日(月) ハナカイドウ

120109hanakaidou1「あれれ、結実しないはずのハナカイドウの木に実がついてる!」と色めき立ったのは、元日に大エラーをしたばかりのはた衛門さんです。暮れに載せたミカイドウの記事には、堂々と「花はきれいでも実をつけないハナカイドウ」などと書いたくらいでしたから、この実の写真は今度こそスクープかと喜んだのです。
120109hanakaidou2しかし、あの新春大ドジからまだ1週間ですから、今度は慎重に調べました。結果、ハナカイドウには実がつきにくいけれど、「つかないわけではない」ことがわかりました。時期も時期なのでもうスカスカでしたが、サイズだけ見てもこんなに小さく、ミカイドウのように味を楽しめるものではないのがハナカイドウの実でした。

2011年のきょうマメキンカン(キンズ)> 2010年のきょうカンボタン> 2009年のきょうカンザクラ> 2008年のきょうレモン> 2007年のきょうネメシア> 2006年のきょうタマサンゴ> 2005年のきょうロウバイ

| | コメント (0)

1月8日(日) ヤマラッキョウ

120108yamarakkyou冬の野道というのは、きのうのサンシュユのような例外はあっても、基本は茶色と緑色ですから、ほんのわずかな色味でも極端に目立ちます。秋には控えめで質素に感じたヤマラッキョウの花が、今はその痕跡すらが凝視の対象です。
まとわりついた花殻のなかから、種が顔を覗かせています。以前、鱗茎と種の両方で繁殖をはかることに触れましたが、こういう枯れ方からすると、種は風や動物で運ばれるものではなさそうです。ポトリと下にこぼれたり、茎が倒れたところで土に触れたり、という狭い範囲で堅実に生をつなぐ作戦は、人生のお手本に思えます。

2011年のきょうハッサク> 2010年のきょうクログワイ> 2009年のきょうウメ(寒紅梅)> 2008年のきょうオニドコロ> 2007年のきょうマーガレット> 2006年のきょうヒメリンゴ> 2005年のきょうマサキ

| | コメント (0)

1月7日(土) サンシュユ

120107sansyuyuむちゃくちゃ見事な稔り具合です。袋詰めにして果物屋さんに卸したら、いいお小遣いになりそう…なんてさもしいことを考えてしまいました。
完熟して、もはや窄(すぼ)み加減の実は、酸味もぎゅっと濃縮されて、なんでも甘さが優先されがちな「お店の果物」とは異次元の味わいです。
それにしても、これだけの美味をなぜ鳥さんたちはお構いなしにしているのか、それが謎です。もしかして、「おいしいものは最後まで取っておく」作戦ですか?

<これまで掲載のサンシュユ> ☆干からびた実 ☆咲きかけた花 ☆満開の花 ☆開いた花 ☆前年の実と当年の実の同居 ☆色づき始めた実 ☆落葉前の実

2011年のきょうカンレンボク> 2010年のきょうイオノプシディウム(バイオレットクレス)> 2009年のきょうノリウツギ> 2008年のきょうオオイヌノフグリ> 2007年のきょうニンジン> 2006年のきょうザボン> 2005年のきょうフユシラズ

| | コメント (0)

1月6日(金) トキワイカリソウ

120106tokiwaikarisouさすがに強精・強壮の効き目ありの草です。この程度の寒気でへこたれてなんかいられないのでしょう。こうやって平然と冬を越し、春が来れば摩訶不思議な形の花を咲かせてくれます(①ふつうのピンク色の花、②やや珍しい白の花)。
それにしても、葉が赤変して春を待つならいざ知らず、真冬にこんな「若葉」まで展開してくれるとは恐れ入りました。このしたたかな強さは、もしかして「がんばろう、ニッポン」のイメージキャラクターになれるのでは…葉の形もハート型ですし!

2011年のきょうガガブタ> 2010年のきょうシュロガヤツリ> 2009年のきょうタラヨウ> 2008年のきょうコナラ> 2007年のきょうスギゴケ> 2006年のきょうノイバラ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ

| | コメント (4)

1月5日(木) ヤマコウバシ

120105yamakoubasi年が明けるとお受験もいよいよ待ったなしです。該当するお子さんをお持ちのご家庭は気を揉む毎日かと思い、せめてものプレゼントです。
葉が落ちないという験担ぎで一躍有名になったものの、この葉をお守りに売り出すところもあって、それはいかんと思うのです。つまり、木についていればこそ「落ちない」であって、摘み取ってしまったらほかの落ち葉となんの違いもなくなります。
というわけで、落ちない葉の御利益をしっかり受けるためには、この写真のように、枝についたままの状態をありがたく拝むのが正道というわけです。

2011年のきょうカルドン> 2010年のきょうキチジョウソウ> 2009年のきょうサザンカ(白八重)> 2008年のきょうミミズバイ> 2007年のきょうオキザリス・セルヌア> 2006年のきょうナンキンハゼ> 2005年のきょうノイバラ

| | コメント (0)

番外編 : 真昼の空に浮かぶもの

120104tuki役に立たぬもの 昼行灯 昼の月…かの才女に言わせれば、こうあしざまに片付けられそうですが、世の中、具体的な利益貢献がなくてもかけがえのない存在というのはあるような気がします。「ああ、きれい」と和ませてくれるなら、真昼の月にだって立派な鑑賞価値があるというものです。
120104hikoukiさて、昼日中の飛行機にも鑑賞価値があるかというと、これは好きずきでしょう。もちろんワタシは好き派でして、草木を撮るのはしばし中断です。ああ、きれい!

| | コメント (2)

1月4日(水) オンシジューム(赤)

120104oncidium前回の掲載では根張りのしたたかさを揶揄したのに、たったひと月少しで、また花だけクローズアップです。きれいな色合いに、単純に引き寄せられました。
オンシジュームの原型(典型?)はもちろんあの黄色い花なのでしょうが、黄色というのは室内だと少しキツすぎて好きになれませんでした。そんな目から見ると、この深い赤にはとても安らぎを感じます。ピンクっぽく見える唇弁との色の取り合わせも柔らかく、窓辺に一鉢置いてみたい誘惑にかられます。

2011年のきょうヒメコウジ(チェッカーベリー)> 2010年のきょうホンコンカポック(シェフレラ)> 2009年のきょうアカザ(暫定)> 2008年のきょうハマアザミ> 2007年のきょうユーカリノキ> 2006年のきょうソシンロウバイ> 2005年のきょうオタフクナンテン

| | コメント (0)

1月3日(火) メディニラ・マグニフィカ(オオバヤドリノボタン)

120103medinilla_magnificaきのうのアオサンゴと同じく、ヌクヌクの温室で見つけました。「あ、きっとあれの仲間だ!」とうれしかったのは、11月掲載のオオバシコンノボタンと葉の感じがよく似ていたからです。メディニラ・マグニフィカと学名そのままで呼ぶほかに、オオバヤドリノボタンという和名を持つノボタン科の仲間です。
残念ながら花はつけていなくて、いかにもノボタンらしい蜘蛛の足状の雄シベを持つ花の撮影が次の課題です。垂れ下がって咲くそうで、シコンノボタンやオオバシコンノボタンとは一風違う雰囲気らしく、出会えるときが楽しみです。

2011年のきょうチリマツ> 2010年のきょうブラジルマツ> 2009年のきょうカクレミノ> 2008年のきょうフウセントウワタ> 2007年のきょうギョリュウバイ> 2006年のきょうシロミナンテン> 2005年のきょうウメ

| | コメント (0)

懺悔編 : 元日から大ドジです

120102numaやってしまいました。新年一番の記事がミスです。日本では結実しないというキミガヨランに「実がついてたぁ!」なんて騒いだものの、どうも変だと調べ直したら、やっぱりあれは別物でした。(タイトルを変更し、追加説明しておきます)
うーん、元日から大ドジとは情けない。あろうことか、じつは元日にはシャンパングラスも割ってしまって、どうも今年はかなりケチがついたスタートです。
それならどこかの厄除け大師にでもあわてて駆け込むかと思いきや、「最低のスタートならあとは良くなるだけじゃわい」と開き直るから始末の悪い爺です。とは言いつつ、ちょっとだけは落ち込んだシルシに、暗~い写真を載せておきましょう。

| | コメント (0)

1月2日(月) アオサンゴ

120102aosango正月早々、ワケのわからない写真ですが、この珍妙な多肉植物が石油危機を救うかもしれないとは驚きです。
背丈は3m以上あっても、すべて茎と枝ばかり、わざと特別な部分を選んで撮影したのではなく、どこを写しても同じです。葉がありません。花もなしです。本当は葉がつくらしいのですが、出てすぐに落ちるそうで、見つかりませんでした。
この茎から出る白い樹液が炭化水素を多く含んでいて、それを加工すれば石油になるというのですが、はて「自宅使用分は自家栽培すること」などという時代がきたら、あっちのお庭、こっちのベランダ、街がさぞかし異様な風景になることでしょう。

2011年のきょうダイオウショウ> 2010年のきょうハイマツ> 2009年のきょうロドレイア> 2008年のきょうゴクラクチョウカ> 2007年のきょうキンセンカ> 2006年のきょうイイギリ> 2005年のきょうモウソウチク

| | コメント (6)

1月1日(日) センジュラン

120101senjuran_miなんとまあ、元日の記事が誤報でした。情けなくて涙が出ます。キミガヨランとしていたタイトルをセンジュランに変更し、以下の説明を追加します。なお、元の記事は自分への戒めとしてそのままにしておきます。(1月2日夕方記)

<訂正・追加記事> この茄子のような実をつけるユッカ(リュウゼツラン科ユッカ属)は、センジュランでした。
実のほかには、「平滑だからキミガヨラン」とした葉がやや平滑すぎたこと、その葉が古くなっても落ちず、高くのびた幹にモサモサと垂れ下がっていたことなどが判断のよりどころです。
このセンジュランの葉が黄色く縁取られるものがキンポウランで、恥ずかしながら4年前に取り上げていました。
なお、センジュランは千寿蘭と書くようで、元日向けのめでたい名前というコジツケはどうやらキープできたのがせめてもの救いでした。

<元の記事> 年が変わりました。天災・人災・政災・金災が入り乱れた旧年を「辰(断つ)!」、新しい年はいい風が吹いてほしいものです。
さて、新年一番の写真はキミガヨランです。名前の縁起良さがまことに元日にふさわしい…というのはこじつけで、これ、ひょっとしたら大発見!?というお騒がせが掲載のねらいです。その注目ポイントは、この茄子のような実です。
日本ではキミガヨランは結実しない(虫媒花なのに、その「専用」蛾がいない)というのが定説なのに、これ、どう見ても蕾ではないと思うのです。
120101senjuran_haキミガヨランの仲間には、葉に縦の畝が入るアツバキミガヨランもありますが、この木の葉にはそれがなくて平滑、つまり間違いなくキミガヨランです。
はてさて、これが新年一番の大ニュースなのか、あるいはこの茄子が割れて花が咲いてしまうのか、はたまた定説とは違って結実はわりとふつうに見られる現象なのか、なんともワクドキの年明けとなってしまいました。

2011年のきょうアカマツ> 2010年のきょうアカマツ> 2009年のきょうゴヨウマツ(ヒメコマツ)> 2008年のきょうダイダイ> 2007年のきょうハタザクラ> 2006年のきょうユズリハ> 2005年のきょうクロマツ

| | コメント (4)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »