« 1月29日(日) ヒマラヤトキワサンザシ | トップページ | 1月31日(火) モクセンナ »

1月30日(月) シモバシラ

120130simobasira花や葉の特徴などは無視して、シモバシラが「シモバシラ」と命名された理由を、今回はしみじみ感じました。と言うのは、これまでに見た結氷状態の茎は、枯れ果ててはいたものの先の方までしっかり残っていたのに対し、この茎はもうこれしか残っていないからです。こんな残骸でも、氷の薄膜はきれいにできているのでした。
「枯れて、地上部がわずかに残る茎」などという草本はいろいろありそうなのに、こうして氷の芸術を見せてくれるのはシモバシラの茎だけ(たぶん)です。どの草の茎も、構造には大きな違いがなさそうなのに、シモバシラのそれだけが微妙に結氷を誘うわけで、寂しい冬にも人間を楽しませてくれる造形の神さまに感謝です。
120130simobasira2さて、こちらは本物の霜柱です。長いもので4cmほどあって、踏み応え十分です。山道で誰にも遭わないのをいいことに、しばしザクザク歩きを楽しみました。

2011年のきょうテイカカズラ> 2010年のきょうシンビジウム(愛子さま)> 2009年のきょうオオイタビ> 2008年のきょうシロミマンリョウ> 2007年のきょうノシラン> 2006年のきょうマンサク> 2005年のきょうホトケノザ

|

« 1月29日(日) ヒマラヤトキワサンザシ | トップページ | 1月31日(火) モクセンナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月29日(日) ヒマラヤトキワサンザシ | トップページ | 1月31日(火) モクセンナ »