« 1月26日(木) イワガネソウ | トップページ | 1月28日(土) ブロッコリー(ミドリハナヤサイ) »

1月27日(金) カジイチゴ

120127kajiitigo先日は首都圏が氷に覆われてドタバタ劇でしたが、そんな情けない人間どもをあざ笑うかのように、草木は着々と次の季節の準備をしています。
雪を被ろうが霜にあたろうが、こんなに青々とした若葉を出し始めているのはカジイチゴです。モミジイチゴと似てはいるのですが、葉脈が強くて葉の形も鋭角的なモミジイチゴに比べると、カジイチゴの方は葉の筋張りも少なく、裂け方も穏やかで、どことなく鷹揚なお坊ちゃま風です。
…などとカジイチゴの夏の姿(の記事)にリンクさせようとしたら、あらら、まだ写真を撮ったことがありませんでした。毎日いろいろ載せているのに情けないことではありますが、「もう写すモノがない」なんて嘆きよりは百倍も幸せだと思うことにします。

2011年のきょうメリケンカルカヤ> 2010年のきょうコウヤボウキ> 2009年のきょうレモン> 2008年のきょうアオキ> 2007年のきょうパンジー> 2006年のきょうヒノキ> 2005年のきょうオキザリス・バーシカラー

|

« 1月26日(木) イワガネソウ | トップページ | 1月28日(土) ブロッコリー(ミドリハナヤサイ) »

コメント

なんとプラス思考の師匠でしょうか。
そして、幸せ者の師匠です。素晴らしい!

投稿: zenpeichan | 2012/01/27 07:54

橙色がかった深い黄色の実はなかなかに美味とのこと、是が非でも試してみたいものです
何でも口に入れる師匠がモミジ苺を食してないとはwobbly
私の地域には天然にたくさん植生してました
子供の頃父が農作業の帰り牛車の荷台に乗ってるひろに枝が黄色いほどのを切り採ってくれたものです
牛車に揺られながらちぎり食べたものでした
今頃食べてもやはり同じ味、美味しいですわsmile
昔ほどではないが、今も珍しくないモミジ苺です
キイチゴと言ってたが同じ物だと思います

投稿: ひろぼ | 2012/01/27 10:00

zenpeichanさんへ:
いえいえ、zenpeichanさんのガーデニングと同じで、
「したいことがある」のはありがたいことですよ。
ときどき、「せねばならぬ」になって苦しみますけれど(笑)。

投稿: はた衛門 | 2012/01/29 05:41

ひろぼさんへ:
あ、これは失礼しました。
古い記事にリンクさせたもので、その後、しっかりと
味見できたことが抜けてしまいましたね。
http://hatazakura.air-nifty.com/blog/2011/06/625-c3e2.html
もっとも、ひろぼさんのように「枝が黄色」に見えるほどの
豊かな稔りには出会えず、そっとひと粒いただくばかりです。

投稿: はた衛門 | 2012/01/29 05:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月26日(木) イワガネソウ | トップページ | 1月28日(土) ブロッコリー(ミドリハナヤサイ) »