« 1月11日(水) ケナシサルトリイバラ(サンキライ) | トップページ | 1月13日(金) ロウバイ »

1月12日(木) カシワバハグマ

120112kasiwabahaguma前に、その紳士然とした枯れ方を誉めあげたカシワバハグマですが、さらに枯れが進むと、意外と剽軽なところを見せることに気づきました。冠毛が吹き飛び去ったあとの萼片が、日射しを受けると、まるで白い花を咲かせたように輝くのです。
コウヤボウキとかツルウメモドキとか、この時期、花に飢えた目を糠喜びさせてくれる萼片があります。自分の老後も彼らのように「枯れても花のように」ありたいとは思うのですが、はてさて他人から見ればムサい爺になりつつあるのでしょうなあ。

2011年のきょうリュウキュウバショウ> 2010年のきょうツワブキ> 2009年のきょうハリエニシダ> 2008年のきょうロウバイ> 2007年のきょうドイツトウヒ> 2006年のきょうセンダン> 2005年のきょうロウヤガキ

|

« 1月11日(水) ケナシサルトリイバラ(サンキライ) | トップページ | 1月13日(金) ロウバイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月11日(水) ケナシサルトリイバラ(サンキライ) | トップページ | 1月13日(金) ロウバイ »