« 12月19日(月) ススキ | トップページ | 12月21日(水) ナタマメ »

12月20日(火) トキワサンザシ(ピラカンサ)

111220tokiwasanzasi1自然な樹形だと、この実は垂れ下がるようにつくというのに、ここでは生け垣仕立てにされていました。濃い緑のうねりのなかに真紅の輝きが埋め込まれていて、矯(た)められた木には迷惑な話でしょうが、立木とは違うおもしろみがあります。
111220tokiwasanzasi2実がかなり熟しているのに鳥さんが見過ごしているのはなぜなのか、試してみました。恐れていた「ゲゲッ」はなく、意外に食べられます。林檎のような食感を残すものもあれば、写真のように完熟状態のものもあります。ワタシが鳥ならこの木にへばりついているはずなのに、彼らの舌はワタシなどよりずっと奢っているのでしょう。

<補注> 春の花はこちらです。

2010年のきょうアマクリナム> 2009年のきょうセンリョウ> 2008年のきょうタンキリマメ> 2007年のきょうクネンボ> 2006年のきょうヒイラギ> 2005年のきょうキリ> 2004年のきょうイヌホオズキ


|

« 12月19日(月) ススキ | トップページ | 12月21日(水) ナタマメ »

コメント

生きていらっしゃいますかぁ。
完熟するまでは、かなりの毒があると聞いていますが・・。
うちのヒヨドリの大好物ですが、まだ、食べ始めてないですねえ。どうして、毒があるなんて分かるのか、不思議ですが、ある日から、突然、実が減ります。
それから、1週間ほどでなくなってしまいます。
もっとも、この木も、鳥が落とした種で発芽したのだと思うのですが・・・。

投稿: yoko | 2011/12/20 21:03

yokoさんへ:
うぉっと、危ないヤツでしたか、これ!?
ふーん、完熟すると毒が抜ける??
鳥も賢いけど、ピラカンくんもやるもんですねえ。

投稿: はた衛門 | 2011/12/21 07:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月19日(月) ススキ | トップページ | 12月21日(水) ナタマメ »