« 11月2日(水) オオデマリ | トップページ | 番外編 : 周防大島の茶粥 »

11月3日(木) ネリネ

111103nerineブログを始めた最初の冬に、ネリネの代表色であるピンクの花に葉を添えた写真を載せました。なにせ、ヒガンバナ科には花と葉が入れ違いに出るものが多いので、ネリネをネリネらしく紹介するには、豊かに茂る葉が必須のものなのです。
そんな過去の努力(?)のおかげで、今回は心置きなく花だけに寄ってみることができました。しかも、かなり枯れ模様の濃いピンクの花を尻目に、今が盛りの赤と白のセットですから、縁起がいいったらありません。
ただ、赤(朱)の花はなんだかキツネノカミソリを思わせるし、白に至ってはヒアシンスみたいで、「きれい!」と「変…」が半分半分の気持ちです。もっとも、今どきはさらに深くて血の色のような赤とか、紫に見えるものとか、それらがボカシになったものとかいろいろ作出されていて、紅白程度に戸惑っていたら、ネリネに笑われます。

2010年のきょうウキクサ> 2009年のきょうフジバカマ> 2008年のきょうエビヅル> 2007年のきょうハイアワユキセンダングサ> 2006年のきょうタコノアシ> 2005年のきょうサワフタギ> 2004年のきょうクチナシ

|

« 11月2日(水) オオデマリ | トップページ | 番外編 : 周防大島の茶粥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月2日(水) オオデマリ | トップページ | 番外編 : 周防大島の茶粥 »