« 9月2日(金) ハナトラノオ(カクトラノオ) | トップページ | 9月4日(日) ヒャクニチソウ(矮性) »

9月3日(土) ヘラノキ

110903heranokiヘラノキのヘラがめでたくヘラらしい姿を呈してくれて、うれしくてヘラヘラしているオジサンがこの木の周りをウロウロ…。同じ総苞葉でも、オバサマ受けするハンカチノキとは違って、その存在感の渋さがたまりません。
実際、ヘラの具合は靴べらタイプです。ヘラオオバコとかヘラオモダカのヘラはお料理用とか油絵用とか、お洒落なヘラを思わせるのに対し、なんとも地味な道具の形を写したものです。さて、そうした控えめな姿の本質は、プロペラの役割で種を遠くに運ぶことにあり、なんとも機能本位であるところに惚れ惚れしてしまいます。

<補注> 開花は7月の前半でした。

2010年のきょうトレニア(ハナウリクサ)> 2009年のきょうオオマルバノホロシ> 2008年のきょうメボウキ> 2007年のきょうゲンノショウコ> 2006年のきょうサワギキョウ> 2005年のきょうガガイモ> 2004年のきょうラッカセイ

|

« 9月2日(金) ハナトラノオ(カクトラノオ) | トップページ | 9月4日(日) ヒャクニチソウ(矮性) »

コメント

ヘラの木からヘラオオバコに行って戻り
ヘラオモダカから匙とヘラの違いを知り
清少納言にお会いし、棟方志功に共感し
長葉も有って興味深いことです
あちこち辿りながら
今度池に出会ったら探索してみよう楽しみと思いつつ、以前やはり辿りながら同じことを思ったのを思い出した
何分にも忘れっぽくなってる自分に慨嘆
二度巡ったら、今度こそ脳味噌に植わったと思うのだが!ありがとう御座いマウス

投稿: ひろぼ | 2011/09/03 10:27

はた衛門さん、こんにちは。
ほんとだ、葉の形がかわってヘラっぽくなっています。
そういいましたら、この前ヘラオモダカだとおもっていましたのは、サジオモダカでした。
エッ!逆だったっけ!
すべてがゴチャゴチャで部屋も頭の中も整理不能です。
回りを気にしなくなる(整理しなくなる)のは老化のはじまりとか、
1人でそう騒いでいましたら、
家のものに、「昔から」と一言!
そうでした。すみません。

投稿: ブリ | 2011/09/03 11:02

ひろぼさんへ:
いろいろ辿っていただいてありがとうございます。
思い出したときに関連づけておくと、自分でも忘れにくく
なるかなぁ…と思うのですが、親しんでいる草木の名前が
どうしても出て来ないときがあったりすると、
本当に悲しくなります(涙)。

投稿: はた衛門 | 2011/09/04 07:06

ブリさんへ:
他人の目を気にしなくなるのは老化のはじまり…ドキッ!
昔から…ドキッ!
お仲間がいると思うと、心強いことです(笑)。

投稿: はた衛門 | 2011/09/04 07:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月2日(金) ハナトラノオ(カクトラノオ) | トップページ | 9月4日(日) ヒャクニチソウ(矮性) »