« 9月24日(土) オカボ(イネ) | トップページ | 9月26日(月) キャットミント »

9月25日(日) スダジイ

110925sudajiiたわわに稔ったスダジイのドングリです。初夏、1本の雌花の穂には10個ほどのドングリ候補生がついていたので、ここまでの生存率は40~50%のようです。
さてこのドングリ、男の赤ちゃんのあそこそっくりで、つい頬が緩みます。しかし、ここで微笑んでいるわけにはいかない問題がありまして、スダジイのドングリは、クヌギマテバシイと同じく、2年かけて成熟するタイプなのです。
ところが、この木ではこの段階のドングリしか見つけられませんでした。かつて別の木を撮ったときには、もっと成熟した実だけを写しています。

要は1本の木を継続観察しておらず、今回の「赤ちゃんのあそこ」状態が1年目のドングリなのか、あるいはこれが2年目で、今から急速に「大人のあそこ」になるのか、ぜんぜん判断がつきません。じつは赤ちゃん状態なのは自分の観察眼で、いつまでもハイハイのままお外をうろついているので、なかなか前に進めません。

<補注> かなり恥ずかしいことを書いていて笑えます。この写真のドングリは、明らかに2年目で、もうすぐ割れて食べることができます。(2012年10月27日

2010年のきょうオニバス> 2009年のきょうヒオウギ> 2008年のきょうクサネム> 2007年のきょうオオモクゲンジ> 2006年のきょうハナセンナ> 2005年のきょうシロシキブ> 2004年のきょうフウセントウワタ

|

« 9月24日(土) オカボ(イネ) | トップページ | 9月26日(月) キャットミント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月24日(土) オカボ(イネ) | トップページ | 9月26日(月) キャットミント »