« 追加編 : イチビの収穫 | トップページ | 9月12日(月) クルクマ »

9月11日(日) カジカエデ(オニモミジ)

110911kajikaede1
春の花どきもなかなか派手な景色でした。さて、あれだけ多くの雌花がそろってめでたく翼果となったいま、カジカエデは春に勝るとも劣らない賑々しい姿です。
110911kajikaede2
7月初旬には、翼果はすでにいまの色と形になっていました。しかし、さらに2カ月熟成を重ねたせいで、翼は薄くなり、光を透かしたそれはまるで蝉の翅のようです。本物の蝉の声を聞きながら、こうしてかたまった翼果を見ていると、まるで蝉が押しくらまんじゅうしているみたいに思えてきます。
そう言えば、カジカエデとは関係ない話で、今年は山でも町でも、蝉の死骸がやたら目につきます。なにかの異変の前兆でないことを祈るばかりです。

<補注> 葉の美しさに開眼しました。(2019年10月9日

2010年のきょうカラムシ> 2009年のきょうシオン> 2008年のきょうドイツトウヒ> 2007年のきょうムシカリ> 2006年のきょうイボクサ> 2005年のきょうダールベルグデージー> 2004年のきょうニラ

|

« 追加編 : イチビの収穫 | トップページ | 9月12日(月) クルクマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加編 : イチビの収穫 | トップページ | 9月12日(月) クルクマ »