« 8月16日(火) マキエハギ | トップページ | 番外編 : クヌギ食堂 »

8月17日(水) ニクイロシュクシャ

110817nikuirosyukusya人の背丈ほどに大きな草です。真っ直ぐにのびた花茎の先で、次から次と「肉色」の花が開いています。
葉や茎の姿は、仲間(ショウガ科シュクシャ属)の代表であるシュクシャ(縮砂)によく似ています。ただ、離れたところからでも芳香に気づいたシュクシャと違い、肉色縮砂にはほとんど香りがないようです。(日中だったハンディがあるかもしれません)
シュクシャそのものにも、花が純白ではなく淡いオレンジの園芸種がありますが、そちらは花びらが広く大きいのに対し、ニクイロシュクシャは小さめの花から飛び出した長い雌シベが目につくので、違いははっきりしています。
気になる「肉色」という過激な表現ですが、Hedychium carneumという学名をそのまま訳したものだそうです。carneumという種小名は蘭などほかの植物にも若干使われていて、こんなオレンジっぽいサーモン色からピンク色あたりまでを形容しています。

2010年のきょうチドメグサ> 2009年のきょうバリバリノキ> 2008年のきょうオオダイコンソウ> 2007年のきょうフシグロセンノウ> 2006年のきょうサボテン(緋牡丹)> 2005年のきょうルドベキア> 2004年のきょうツルムラサキ

|

« 8月16日(火) マキエハギ | トップページ | 番外編 : クヌギ食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月16日(火) マキエハギ | トップページ | 番外編 : クヌギ食堂 »