« 7月5日(火) ノハナショウブ | トップページ | 7月7日(木) ヤマユリ »

7月6日(水) カジカエデ(オニモミジ)

110706onimomiji雌シベの痕跡を小さなツノのように残したまま、カジカエデの雌花が立派な翼果に育っていました。雄花が花盛りのときに一緒に写した雌花を見ると、あれから2カ月で、この翼は3倍ほどの長さにのびたようです。
そして、オニモミジの別名のもとになった剛毛です。丸い種一つが1cm近くはあって、それをビッシリ覆う毛ですから、なるほど「鬼」っぽく見えます。個人的には、昔の甲冑の頬当にこんな意匠のものがあったことを思い浮かべました。

<補注> 2カ月後の枝振りや実の様子はこちらです。(2011年9月11日)

2010年のきょうイワガラミ> 2009年のきょうノカンゾウ> 2008年のきょうボッグセージ> 2007年のきょうギンロバイ> 2006年のきょうヤマモモ> 2005年のきょうリョウブ> 2004年のきょうモミジアオイ

|

« 7月5日(火) ノハナショウブ | トップページ | 7月7日(木) ヤマユリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月5日(火) ノハナショウブ | トップページ | 7月7日(木) ヤマユリ »