« 7月4日(月) ニワフジ | トップページ | 7月6日(水) カジカエデ(オニモミジ) »

7月5日(火) ノハナショウブ

110705nohanasyoubu花菖蒲だと、まるで田んぼのように水を張った場所で大事に育てられますが、その原種であるノハナショウブは、湿地であろうが乾燥地であろうがおかまいなしです。前に初めて見つけたのは用水の辺(ほとり)でしたが、今回は丘の上でした。
また、花菖蒲だとふつうは一本の茎に花を二つ(二回)咲かせますが、ノハナショウブだと三つは咲くし、花茎が分岐することもあり、その分、花期が長めです。

生息場所や花期という条件が欲張りなのに、さらにこんな美しさまで備えているのだから大したものです。それなのに、この美しさには満足せず、これを花菖蒲にまで変化させた人々もいたわけで、野の美しさに満足している自分とは違う人種の存在に、今さらながら嘆息してしまいます。

2010年のきょうバーベナ> 2009年のきょうオオバギボウシ> 2008年のきょうブルーサルビア> 2007年のきょうリシマキア・プンクタータ> 2006年のきょうアフリカハマユウ(インドハマユウ)> 2005年のきょうノブドウ> 2004年のきょうアサガオ

|

« 7月4日(月) ニワフジ | トップページ | 7月6日(水) カジカエデ(オニモミジ) »

コメント

いい色ですねえ。
ノハナショウブから作った花菖蒲。
今、植え替え期で四苦八苦しています。
この色にまさる花色をまだ、見つけられないでいます。
癒されます。ありがとうです。

投稿: yoko | 2011/07/05 19:44

yokoさんへ:
へぇー、こんな暑い時期に花菖蒲は植え替え(株分け)をするのですねー。
ちょっと意外でした(見るだけなので、育て方を知りません・涙)。
熱中症に気をつけてくださいねー!

投稿: はた衛門 | 2011/07/06 07:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月4日(月) ニワフジ | トップページ | 7月6日(水) カジカエデ(オニモミジ) »