« 6月4日(土) ハルザキヤマガラシ | トップページ | 6月6日(月) サイハイラン »

6月5日(日) スダジイ

110605sudajii大きなスダジイが満開になると、木全体が黄色になってみごとです。その分、ムッとする香りも満開で、あれが苦手な人は「よりもヒドイ」と近づきたがりません。
「そんなにヒドイかなあ」と鈍感なワタシは、遠目では存在がわかりにくい雌花が写るところまでウンと近寄ってみました。黄色い穂状の雄花とは別に、姿は地味でも、たくさんの子房を並べた雌花の穂が空に向かってのびています。
110605sudajii_fそう言えば、スダジイの実はおいしいだけでなく、こうして一つの穂にたくさん並んで稔るのも、ほかのドングリとは違う特徴でした。ツノのような雌シベの先が茶色くなると受粉完了のようです。
110605sudajii_mついでに雄花にも迫っておきましょう。脇に写っているのが今年の若葉です。葉裏の色が、古いものは茶(金)になるのに対し、まだ若々しくて、白(銀)く輝いています。

<補注> スダジイと同じシイノキの仲間であるツブラジイも、完熟前のドングリと花どき写真を掲載しました。(2017年9月8日)

2010年のきょうフレンチラベンダー> 2009年のきょうイヌビワ> 2008年のきょうノハラワスレナグサ> 2007年のきょうムラサキ> 2006年のきょうカラタネオガタマ> 2005年のきょうスイセンノウ> 2004年のきょうフィーバーフュー

|

« 6月4日(土) ハルザキヤマガラシ | トップページ | 6月6日(月) サイハイラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月4日(土) ハルザキヤマガラシ | トップページ | 6月6日(月) サイハイラン »