« 5月9日(月) スイバ | トップページ | 5月11日(水) カマヤマショウブ »

5月10日(火) マメヅタ

110510mameduta石垣の隙間からウサギの耳が…。いえいえ、こんなところにウサギさんはいなくて、これはマメヅタの胞子葉です。その周りで丸くて「豆」に見える方が名前の元になった栄養葉で、この二つがセットでめでたくマメヅタというわけです。
この胞子葉・栄養葉の関係は、同じシダ植物のツクシ(胞子茎)とスギナ(栄養茎)を連想させます。もっとも、植物名的には「スギナ」のくせに、わざわざ「ツクシ」と呼び分けるのと違い、マメヅタの胞子葉は残念ながら「ウサミミ」などとは呼ばれません。
ツクシの場合、時期的に「ツクシだらけ」になって、あの状態をスギナとは呼びにくいのに比べ、ウサミミの場合、圧倒的多数の「豆」に囲まれやすいことが身に備わった不運でした。しかし、名前などなくてもこの存在感は、しっかり豆を食っています。

<補注> 胞子葉がたくさんのび出した様子はこちらです。(2011年10月28日)

2010年のきょうモッコウバラ(白八重)> 2009年のきょうチャイブ(セイヨウアサツキ)> 2008年のきょうシャリンバイ> 2007年のきょうウスバサイシン> 2006年のきょうセッコク> 2005年のきょうコデマリ(八重)> 2004年のきょうオオムラサキ

|

« 5月9日(月) スイバ | トップページ | 5月11日(水) カマヤマショウブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月9日(月) スイバ | トップページ | 5月11日(水) カマヤマショウブ »