« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

4月30日(土) ヤマナシ

110430yamanasi_2春の雪かと見紛うほどに、見上げた木の上が真っ白でした。うーむ、いささか過剰表現の出だしでしょうか。でも、本人の感動はそのくらいあったのです。
バラ科のこの手の木は、花がどれもこれも似ていて区別しにくいのですが、この木の下では前に実を試食したことがあったので、すぐに正体を思い出しました。あのとき、「次の春に花を撮りたい」と書いたので、1シーズン遅れの公約達成です。

<補注> 梨畑のナシの花はこちらです。

2010年のきょうフゲンゾウ(普賢象)> 2009年のきょうイヌスギナ> 2008年のきょうツリガネズイセン> 2007年のきょうゴウダソウ> 2006年のきょうウンゼンツツジ> 2005年のきょうナガミヒナゲシ> 2004年のきょうトチ

| | コメント (0)

4月29日(金) ヒノキ

110429hinokiこの春、ラクウショウの雌花と同じくらいしつこく、このヒノキの雌花も追いかけました。というより、うまく雌花をつけた木に会えなかったらしく、この写真はものすごく近場のお寺の境内であっけなく撮影できました。今までの山歩きはいったい…(涙)。
さらに、雌花捜索をしているうちに花粉症の原因がスギからヒノキに移ってしまい、こんな時期にヒノキ探しとは、我ながらアホも極まると悲しくなりました。
それでも撮ってしまえば我が天下です。なんと可憐な雌花でしょう。枝元側でショボくれている雄花とは愛嬌が違います。念のため、葉裏の写真も組み込みました。

2010年のきょうメグスリノキ(雄花)> 2009年のきょうマムシグサ> 2008年のきょうエンレイソウ> 2007年のきょうサルトリイバラ(サンキライ)> 2006年のきょうムサシアブミ> 2005年のきょうモチツツジ> 2004年のきょうシダレザクラ

| | コメント (2)

4月28日(木) チョウセンレンギョウ

110428tyousen_rengyou1きのうに続いてレンギョウの勉強です。シナの特徴が直立性の強さだったのに比べると、チョウセンはこのように弓なりに枝垂れます(左が枝先方向)。
110428tyousen_rengyou2花はシナとの区別がつけにくく、どちらも合弁部の裂け方が深く、裂片は細めです。したがって、きのう紹介したような枝の解剖(!)ができないときは、枝ぶりの感じのほかには葉の様子が見分けの頼りになります。
その葉も少し微妙ではあっても、鋸歯がシナよりも葉の基部にまで及んでいます。また、葉の基部寄りで葉幅が最大というのも覚えておきたいところです。

2010年のきょうリンゴ> 2009年のきょうヒョウタンボク(キンギンボク)> 2008年のきょうベニバスモモ(ベニスモモ)> 2007年のきょうカントウタンポポ> 2006年のきょうリュウキンカ> 2005年のきょうモミジバフウ> 2004年のきょうコデマリ&オオデマリ

| | コメント (0)

4月27日(水) シナレンギョウ

110427sina_rengyou1花がもう終息気味ですが、葉とツーショットにしたくてこの時期に掲載です。レンギョウの仲間うちでは、ふつうのレンギョウとこのシナレンギョウ、そしてその変種であるチョウセンレンギョウの3種が代表的な存在です。
そのうち、よく枝垂れるふつうのレンギョウはすでに載せているので、今回はシナとチョウセン(あす掲載)の特徴を確認します。シナの特徴は、別名をキダチレンギョウというくらいに枝の直立性が強いことです。また、うつむき加減に咲く花は裂け目が深く、ここが浅くて裂片が丸みを帯びる「ふつう」とはやや感じが異なります。さらに葉が他の二つよりもスマートで、鋸歯は葉先半分だけにつきます。
110427sina_rengyou2とは言うものの、花と枝振りで区別しやすい「ふつう」と比べ、シナとチョウセンはかなり曖昧なところもあります。もし枯れ枝を数㎝失敬できるなら、それを割ってみると違いがややはっきりします。
上の写真でシャープペンが示している位置が両者の枝の節部なのですが、ここになんの障害もないのがシナ(左)で、ここが詰まり気味なのがチョウセンです。

2010年のきょうチドリノキ(雌花と雄花)> 2009年のきょうユズリハ> 2008年のきょうワサビ> 2007年のきょうシロバナアケビ> 2006年のきょうカブ> 2005年のきょうゲンゲ(レンゲソウ)> 2004年のきょうスオウ

| | コメント (0)

4月26日(火) ヤマシャクヤク

110426yamasyakuyaku初めてこの花を載せたときは、ほぼ興奮状態でなにも見えていなかったな…、と苦笑いです。今、あらためてそのときの写真を見ると、雌シベは5本、花びらは9枚で、シーズン最後の大バーゲン状態の仕様でした。
そこにいくと、今回は時期的に旬でもあり、ほぼ標準(雌シベ:2~4、花弁5~7)と言える仕様(雌シベ:2、花弁6)でした。3年前の写真では枯れ気味だった雌シベの先もしっかりしていて、フック状に曲がった臙脂色の花柱が印象的です。
日陰を好むと言われる山芍薬にこれだけ陽が降り注いでいたのもラッキーでした。前回の写真は木漏れ陽のお陰で背景が暗く沈んでくれたのですが、今の時期だとクヌギやコナラの林のなかははまだ明るく、理科のお勉強向きの一枚になりました。

2010年のきょうサラサモクレン> 2009年のきょうトウグミ> 2008年のきょうカラスムギ> 2007年のきょうルイヨウボタン> 2006年のきょうイヌザクラ> 2005年のきょうホタルカズラ> 2004年のきょうムクロジ

| | コメント (4)

4月25日(月) ハルリンドウ

110425harurindou陽のよくあたる東向き斜面で、一輪だけ咲いていました。「フデリンドウは前にも載せたし…」と、撮影はあっさり切り上げたのですが、大後悔です。
帰宅後に調べたら、葉が丸めのフデリンドウに対し、葉が小さくて尖るこちらはハルリンドウのようで、決定的な違いは根生葉の有無(ハルにあって、フデになし)でした。それと知らずに撮ったもので、根もとを覆うクヌギの落ち葉が、今となっては憎たらしいこと、この上もありません。
とりあえず、もうひとつの見分けポイントである1茎1花(フデは1茎多花)という条件も充足しているし、今回はこれでひとまずハルリンドウということにしておきます。

2010年のきょうギョイコウ> 2009年のきょうオオカナメモチ> 2008年のきょうキンギョソウ> 2007年のきょうオオバベニガシワ(雌花)> 2006年のきょうオオバベニガシワ> 2005年のきょうベニドウダン> 2004年のきょうキングプロティア

| | コメント (0)

番外編 : ツマキチョウ

Tumakityou_m否が応でも、翅の先の黄色が目に入ります。チョウチョとも思えないスピードで飛び回ってばかりなので撮影をあきらめとたん、「ほら、撮らせてあげるよ」という声が聞こえるほどに、セリバヒエンソウの花に止まって蜜を吸い出しました。
こんなジラシ加減や気の惹き方はてっきり雌かと思ったら、それは考え過ぎで、このきれいな黄色模様は雄の徴(しるし)でした。
Tumakityou_f後翅裏の迷彩模様は雄も雌も共通です。雄も単身で飛んでいましたが、こちらの雌もお相手は見当たりませんでした。ムラサキケマンの種を写そうとしているところに乱入してきたものにあわててピントを当て直したせいで、雄に比べてお粗末写真です。

| | コメント (4)

4月24日(日) ヤマブキソウ

110424yamabukisou今年は開花が遅かった山吹がようやく咲き出して、街が明るくなりました。その山吹と同じタイミングで咲き出すのがこのヤマブキソウです。
ただし、山吹がお庭や街の植え込みで目立つ都会派なのに対し、こちらは雑木林のなかのようなややワイルドな環境がお好みです。また、灌木である山吹に対し、脛丈ほどの草本なのでサイズもずっと小ぶりです。さらに花びらも、山吹5枚に比べてこちらは4枚と、名前を拝借している負い目なのか、すべてが控えめです。
なお、同じ時期に咲き出す黄色い花の野の草としてクサノオウがあります。

2010年のきょうフサザクラ> 2009年のきょうゴマギ> 2008年のきょうマルバアオダモ> 2007年のきょうヒメウズ> 2006年のきょうシラユキゲシ> 2005年のきょうモッコウバラ> 2004年のきょうタケノコ

| | コメント (2)

追加編 : かき菜

110423kakinaあの(!)かき菜です。名前が大々的に報道されたときは、検索のためのアクセスがこのブログにさえ集中して驚かされました。
マスコミ登場の理由はどうであれ、これでかき菜もメジャー野菜になって、めでたし・めでたし…ならいいのですが、せっかく秋蒔きの種から育ったものが、こうして放置されていました。近所の小さな畑にひと畝だけ植えていて、たぶん自家用だと思います。
たしかに、これがもし自分でも、いくら志木の畑でも、ちょっとオヒタシだけでも、やっぱりパスでしょうねえ。おかげで、アブラナそのものの花を確認できました。

| | コメント (0)

4月23日(土) ナガバモミジイチゴ

110423nagabamomijiふつうのモミジイチゴよりも葉の先が長くのびています。ただ、同じ株でも枝によっては葉の中央裂片がそれほど飛び出していないものがあります。あるいは株全体の葉が、長いと言っていいかふつうと見るべきか悩ましいのもある始末です。
生育状態で葉の形は変わりやすいこともあり、あえて「ふつう」と長葉を区別する必要はないという説もあるようです。ただ、せっかく「ちょっと長め」を見つけたことだし、逆光もきれいだったし、かなり不純な動機によって、これを長葉としておきます。

2010年のきょうチドリノキ(雄花)> 2009年のきょうヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)> 2008年のきょうコモンセージ> 2007年のきょうウラシマソウ> 2006年のきょうヒメコウゾ(雌花)> 2005年のきょうライラック> 2004年のきょうムラサキツユクサ

| | コメント (4)

4月22日(金) トキワマンサク

111422tokiwamansaku1トキワマンサクの巨木が満開でした。見上げた空一面が花・花・花…。周り一体、柑橘系とバニラを混ぜたような陶然とする香りに包まれています。
111422tokiwamansaku2グンと寄ってみれば、たしかにこのピラピラ花弁はマンサクのそれとそっくりです。そんなふつうのマンサク(シナマンサクも含む)や、あるいはこのトキワマンサクの変種であるベニバナトキワマンサクは街や公園にあふれるようになりましたが、その二つに比べると、この淡いクリーム色を見かける機会はそう多くありません。
ただ、先日出かけた先で、ベニバナトキワとこの白のトキワを紅白交互に植えた生け垣のお宅を見つけました。写真を撮る余裕がなかったのが悔やまれます。

<4月24日追記>
Nisyoku_kakine上で触れた「二色マンサクの生け垣」を撮影してきました。庭のぐるりを囲んでいるので、一望できないのが残念です。

2010年のきょうウコン(鬱金桜)> 2009年のきょうゲッケイジュ> 2008年のきょうムベ> 2007年のきょうオキナグサ> 2006年のきょうブルーベリー> 2005年のきょうサクラソウ> 2004年のきょうナシ

| | コメント (2)

番外編 : ヘンムシ2匹(シャコグモとビロードツリアブ)

Henmusi1俗に「視線を感じる」と言います。しかし、太陽光線ではあるまいし、いかに目力の強い人でも視線にエネルギーなどなかろうし、なんらかの物理的な質量があるとは思わないで今まで生きてきました。
ところが、この虫(蜘蛛? 写真中央にいます)のおかげで、まったく触れることなく、視線をあてただけで自分の存在が察知されるという事実が判明しました。ひと休みしていた足下に動くものを感じ、この虫に焦点があったその途端、虫はピタッと動きを止めたのです。まさかと思って目をそらすと、虫はコソコソと動きます。驚いて視線を戻すと、また死んだように動かなくなりました。
面白いので動かない彼を棒きれでつついてみました。葉っぱにも載せてみました。まるで無抵抗というかフリーズしたままです。さらに笑ったのは、蟻がお尻をつつくとポンと動いたことです。危険なものとそうでないものを完全に識別しています。
Henmusi2この蜘蛛をからかうのに飽きたころ、ワタシの視線などまったく気にしない蜂(正解はビロードツリアブでした。きおねこさん、ありがとうございます)が現れました。マクロレンズで撮ったのですが、どれだけ凝視して接近しようとも動じる節がありません。
それにしても恐ろしい嘴です。毛深さもインパクト十分です。これで大きかったら撮影しようなどとは思わなかったでしょうが、嘴の先まで入れて1.5㎝くらいのサイズだし、先の蜘蛛と違ってこちらのことは完全に無視してくれるのでバシャバシャ写しました。
ちっともジッとしていないので翅が写っていないのが、少し残念です。この虫に限らず、動物みんながあの蜘蛛のように固まってくれたらうれしいんですがねー。

| | コメント (8)

4月21日(木) アブラチャン

110421aburatyan1きのうのヤマコウバシは「雄株はない」と言われているからあきらめがつきますが、このアブラチャンには「ちゃん」と雄株が存在するのに会えません。今年もあっと言う間に花の時期は終わりを迎え、残念ながらまたも雌花の写真です。
しかし、収穫はあるものです。まずはスケールを写し込みました。前の写真も今回も、どうにも細部がはっきりしないのはこのサイズのせいなのだという言い訳ができます。
110421aburatyan2もう一つの収穫は葉柄の透き通った赤の美しさです。花はすでに終焉期で、もうこんなに実がつき出していますが、そんな時期だからこそ、この色合いを楽しめました。

<補注> 雄花は4年後にとらえました。その他、これまでに掲載したアブラチャンの様子は次のとおりです。 花の蕾(2月) 青い実(7月) 割れた実(11月)

2010年のきょうチューリップ(突然変異)> 2009年のきょうハラン> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうオーニソガラム> 2006年のきょうヤマグワ> 2005年のきょうニワトコ> 2004年のきょうムクロジ

| | コメント (0)

追加編 : ラクウショウの雌花

110420rakuusyou1追いかけていたラクウショウの雌花です。前から「これかな」と目をつけていて、葉芽が開きだして(枝の元側)区別がわかり、ようやく自信を持って掲載です。
110420rakuusyou2ただ、雌花の正体判明を待ちきれず、雄花はすでに役目を終えて地面に散らばっていました。そこで、3週間ほど前の両者の姿をここに載せておくことにします。
0327raku_fこちらが雌花で、まだ緑みがなく、今から思えば、このくらいがかえって花に見えると言えば言えそうです。たぶんこのあたりが受精時期なのでしょう。
0327raku_m
そしてこちらが「男盛り」の雄花です。よくよく見れば、雄花の穂の上には一つだけ雌花らしきものがあり、運が良ければツーショットも可能なのだとわかりました。

| | コメント (0)

4月20日(水) ヤマコウバシ

110420yamakoubasiヤマコウバシの冬芽が開いて、花がこぼれ出ていました。なのに、まだ枝を離れない葉もあります。自分的には「ヤッタネー!」のうれしい一枚です。
これでどうやら全落葉することがわかって一件落着ですが、次の問題はこの花です。ヤマコウバシは雌雄異株のくせに雄株がないという女護が島みたいな木で、雄花がなくても結実するのです。
その花をもっと接写したいのに、低木に分類されるわりにはマクロレンズを使える高さに花がありませんでした。楽しみがまた先延ばしになりました。

2010年のきょうサネカズラ> 2009年のきょうサトザクラ> 2008年のきょうヤマフジ・昭和紅> 2007年のきょうヒメフウロ> 2006年のきょうタチイヌノフグリ> 2005年のきょうカロライナジャスミン> 2004年のきょうナノハナ

| | コメント (0)

4月19日(火) エイザンスミレ

110419eizan_s1花がお尻を向けている変な写真ですが、花よりも葉の形がわかるように意識した結果です。スミレの葉と言えばスペード型とか楕円形とかが主流なのに、これは深く3裂した葉のそれぞれがさらに細かく裂けていて、ミニ観葉植物みたいな雰囲気です。
これが5裂しているとヒゴスミレ(花は白)だそうで、3裂でこれだけ風変わりなのだから、ぜひそっちにも会ってみたいものです。これらは比叡山とか肥後とかの地名がつくものの、生息地域はそれほどシビアに限定されているわけではないそうです。
110419eizan_s2おっと、後ろ姿だけでは申し訳ないので正面アップです。ほんのりさした赤紫に控えめな華やぎがあって、葉の目立ち具合とうまく釣り合った美しさです。

2010年のきょうクスノキ> 2009年のきょうフサザクラ> 2008年のきょうトウモクレン> 2007年のきょうマツバウンラン> 2006年のきょうオニタビラコ> 2005年のきょうハナミズキ(アメリカヤマボウシ)> 2004年のきょうハウチワカエデ

| | コメント (2)

4月18日(月) シラカシ

110418sirakasiきのうのミツガシワで「樫の葉」に話が及んだので、滅多にレンズを向けない樫の木を写してみました。以前、一度だけアラカシを載せているので、今回はシラカシです。
さて、ミツガシワの若葉を見て、「肉厚で、革質の照りのある表面」「葉先と元側であまり差のない細り方」「はっきりした鋸歯」などを根拠として、きのうはたしかに樫の葉に「似ている」と思ったのでした。しかし、こうして「ご本人」の方を見ると、「んん?」です。「誰それ似」などという場合、ほとんどがこんなものかもしれません。
ということで、似たもの論議はヤメにして本題です。シラカシの葉はアラカシよりもスマートなところが見分けポイントです。関西に多いアラカシに比べてシラカシは関東でよく見られ、大きなお屋敷を囲う垣根(屋敷林)などに使われています。

2010年のきょうコクサギ> 2009年のきょうハボタン> 2008年のきょうシモクレン> 2007年のきょうホオノキ> 2006年のきょうイロハモミジ> 2005年のきょうツルニチニチソウ> 2004年のきょうモクレンとコブシ

| | コメント (2)

4月17日(日) ミツガシワ

110417mitugasiwa「水温む」という季語が口に出ても、そのあとが「早くも咲けりミツガシワ(自作)」では、芸がなさすぎて自分で吹き出してしまいます。
ただ、寒い間はまったく素っ気なかった池にチラホラと葉が浮き出したと思ったら、あっと言う間に開花です。水に指を入れてみると、ホントに「ヌクッ」として驚きました。
前は花にだけ気をとられた写真を載せているので、今回は右側にきちんと若葉を配しておきました。そして、当時の記事では3出小葉のこの形を三柏紋に重ねた理解をしていたのに、あれはどうも間違いでした。正しくは、この葉の形が樫の葉に似るからで、漢字ならば「三槲」とし、意味的には「三樫葉」と考えるべきようです。

<補注> 水中の根茎の様子をとらえました。(2015年10月31日)

2010年のきょうアズキナシ> 2009年のきょうバッコヤナギ> 2008年のきょうイスノキ> 2007年のきょうネギ> 2006年のきょうエノキ> 2005年のきょうアカメガシワ> 2004年のきょうハタザクラ

| | コメント (0)

4月16日(土) キクモモ

110416kikumomoなんとも派手な木です。小学校の敷地の奥深い場所にあって、今ほど立ち入りが制限されなかったときは近所の「名木」として鑑賞自由だったのに、ここ数年はごく遠目にこの強いピンク色をぼんやり眺めるしかできないでいました。
そこで、警備員さんのいない早朝時間帯に裏口から「侵入」し、久しぶりにその賑々しい姿を写し撮りました。早出の先生には見つかってしまいましたが、心優しく見逃していただきました。あらためてここで御礼申し上げる次第です。
簡にして明の名前が素敵です。まさに、菊の花が桃の木に貼りついたよう…。このボリウムある花びらは雄シベが変化したものだといいますから、ハタザクラとはお仲間同士です。同じ時期にごく近くで咲いているのはご縁というものなのでしょう。

2010年のきょうウラシマソウ> 2009年のきょうザゼンソウ> 2008年のきょうアオキ> 2007年のきょうカーネーション> 2006年のきょうツルニチニチソウ> 2005年のきょうハタザクラ> 2004年のきょうハタザクラ

| | コメント (2)

4月15日(金) ハタザクラ

110415hatazakura1このブログを始めたきっかけであるハタザクラが、今年はようやく見頃です。年によって開花時期は前後し、自分の記録(1999年以降)のなかでは今年の開花(4月10日)は一番遅いものでした。これが早い年だと3月24日(2002年)に開花していますから、なんと半月以上のズレがあることになります。なお、通常は開花から1週間前後で満開となり、そのあと1週間ほどで散り果てるというリズムです。
ところで、このブログのスタートは、もう散ってしまったハタザクラを紹介するという間抜けぶりでしたが、きょうで満7年を迎える今年は、蕾情報から開花のお知らせまで抜かりない体制でこの日を迎えました。最初の年はどれが旗やらわかりにくかった写真も、これこのとおり、「雄シベが変化したものである」ことがくっきりわかります。
110415hatazakura2…などと自画自賛していても落とし穴は必ずあって、「染井吉野が散るころにハタザクラは見頃を迎える」などと紹介したこともあるその染井吉野(写真左側後方)が今年はしぶとく咲き残っています。「おかげでハタザクラの花の白さが引き立つわい」などと負け惜しみで締めくくっておきましょう。

2010年のきょうハシバミ> 2009年のきょうハリエニシダ> 2008年のきょうミドリウスバサイシン> 2007年のきょうラショウモンカズラ> 2006年のきょうヤブタビラコ> 2005年のきょうシロバナハナズオウ

| | コメント (10)

4月14日(木) スギ

110414sugi1尖った杉の樹冠がリズミカルに並んでいる風景を見ることがあります。美しい日本の景色だなと思う反面、密集して植林され、隣の木と争うように天を目指している姿に一抹の哀れを感じてしまいます。
110414sugi2こちらは雑木林のなかに一本だけある、たぶん実生と思われる杉です。1枚目写真の杉の先端とは違い、樹冠は丸く穏やかです。土地土地の鎮守の森とおぼしきところの杉も、幾本か隣り合ってはいても植林杉のように尖ることはないようです。

これまで漠然と眺めていて、植林された杉=尖る、自然状態の杉=先が丸い、と考えていたのですが、いざ調べてみると、杉にはオモテスギとアシウスギ(ウラスギ)の区別があることがわかりました。この両者の特性で言えば、ウラスギの樹冠が尖鋭で、オモテスギが鈍角になりやすいようです。
ただ、植林されたものすべてがウラスギかどうかはわからないところで、これからは両者の見分けを覚えながら、植林の実態にも少し目を向けていきたいと考えています。

2010年のきょうサルトリイバラ(サンキライ・雌花)> 2009年のきょうオオイワウチワ> 2008年のきょうハナノキ> 2007年のきょうムレスズメ> 2006年のきょうコオニタビラコ> 2005年のきょうアケビ

| | コメント (2)

4月13日(水) ツバキ(王昭君)

110413ousyoukun西王母という椿がやや地味な佇まいであるのに比べ、同じ中国女性の名前であっても、さすが彼の国・四大美人の一人にあやかった花は華麗です。
本物の王昭君さんがどれだけ美人だったか、証拠写真があればと惜しまれます。国策として異境に嫁いだ美人のこと、一国の安寧を保障する美しさとはいかばかりのものか、乏しい想像力では眉すら思い浮かばないのが我が身の悲しいところです。

2010年のきょうニッコウネコノメソウ> 2009年のきょうオオリキュウバイ> 2008年のきょうタピアン> 2007年のきょうムラサキケマン> 2006年のきょうスズメノテッポウ> 2005年のきょうシロバナタンポポ

| | コメント (0)

4月12日(火) アマナ

110412amana以前載せたときには慎んだアマナの味見を、今回は半端ながらも実現してみました。というのは、場所が完全な野良道の脇だったからです。
しかし、本来食べるべき鱗茎を掘ることは遠慮しました。いかに天下の往来とは言え、掘り返すという荒事は自然観賞する者として慎むべきと思ったからです。
というよりも、じつは葉を食べただけで「甘菜」の名前を納得できたことが本当の理由かもしれません。この灰緑色の葉は、細さのわりには厚みがあり、豊かな噛みごたえがあるのです。そうして噛むうち、口中にほんわかと甘さが漂い、これなら非常食などではなく、日常菜として立派に食卓の一品となるものであることが確認できました。

2010年のきょうエンレイソウ> 2009年のきょうホソバアカメギ> 2008年のきょうクレマチス・白万重(しろまんえ)> 2007年のきょうプリムラ・マラコイデス> 2006年のきょうアンスリウム> 2005年のきょうハナカイドウ

| | コメント (2)

4月11日(月) アオキ

110411aoki桜(染井吉野)のころに咲く花の一つに、このアオキがあります。人が桜に浮かれている脇で、いかにも渋そうにアオキにカメラを向けて「ええかっこしぃ」してみました。
雌花・雄花の解説はすでに済ませているので、今年は雌花の開く過程を写し込んでみました。開いたばかりの蕾は、内側の臙脂色が鮮烈です。
しかし、それにも増して目を奪われるのは、まるで飴細工のような若葉です。もともと厚みのあるアオキの葉ですが、この時期はまだ瑞々しい透明感にあふれていて、生長すれば固く尖る鋸歯も、まるで子犬の甘噛みを思わせる柔らかさでした。

2010年のきょうヒメウズ> 2009年のきょうタンチョウソウ(イワヤツデ)> 2008年のきょう八重咲き水仙・エルリッチャー> 2007年のきょうイカリソウ> 2006年のきょうゲンゲ> 2005年のきょうハタザクラ

| | コメント (0)

番外編 : 重い春(ソメイヨシノ)

110410somei垂れたソメイヨシノの枝越しに、不気味にそそり立つ尖塔…。おっと、これは教会の建物で、不気味などと言っては怒られてしまいます。
さすがに桜の時期ともなると空気が妙に重くなり、冬のように抜けた青空を写し込むことはむずかしくなりました。そんな湿った空気を利用して、ちょっと心情的な風景としてみましたが、桜を見てもどうにも心が弾まない春を象徴する一枚になりました。

| | コメント (0)

4月10日(日) スギナ(ツクシ)

110410tukusiいつもは横幅が1,000pxになる拡大写真を、きょうは1,200pxにしました。お庭というか畑というか、広いスペースがツクシで占領されている風景です。
丘の上の古い農家さんなのですが、スギナ(ツクシ)が作物になるわけもなく、ちょっとこのスペースの意味は不明です。もしかしたらこのツクシ、ご主人の晩酌のアテ用か…と考えても、それにしては収穫時期を逸してしまっています。
などという詮索は脇に置き、なんともほのぼのするスペースです。このブログをはじめたころにはツクシを血眼で探し回ったことがあるなんて、悪い嘘に思えました。

<ハタザクラ情報> 高い枝の先でチラホラ開き始めました。脇の若木は二分咲き程度です。親木の見頃まではあと3~4日かかりそうです。

2010年のきょうカタクリ> 2009年のきょうベニコブシ> 2008年のきょう原種チューリップ> 2007年のきょうジロボウエンゴサク> 2006年のきょうカラスノエンドウ> 2005年のきょうアオキ

| | コメント (4)

4月9日(土) ヒノキ

110409hinoki平穏な春であればスギ花粉の報道がさぞかし激しかったことでしょうが、「フンともス」とも聞かない毎日です。それでは罹患者の症状もおとなしいのかと言えばそんなことはなくて、先日も「夜、眠れない」とフラフラの人に会いました。
そんな嫌われ盛りのスギに比べると、ヒノキの蕾はまだ固く、雌花の存在がよくわかりませんでした。興味のない人には同じように見える針葉樹でも、それぞれの生殖時期にはかなり大きな差があって驚きます。
左から差し出した葉裏には、ヒノキの特徴であるY字型の白い気孔帯が見えます。先日載せたサワラに比べると、ヒノキの気孔帯は総じてきれいな形をしています。

2010年のきょうイヌコリヤナギ> 2009年のきょうベニバナトキワマンサク> 2008年のきょうムラサキウンラン(ヒメキンギョソウ、リナリア)> 2007年のきょうアジュガ・レプタンス(セイヨウジュウニヒトエ、セイヨウキランソウ)> 2006年のきょうレンギョウ> 2005年のきょうドウダンツツジ

| | コメント (2)

4月8日(金) ワビスケ(数寄屋)

110408sukiyaピンクの侘助には「太郎冠者」という有名品種があるのですが、それに勝るとも劣らずに庭木として愛好されているのがこの「数寄屋」です。
猪口型の花冠の縁が丸い太郎冠者に対し、数寄屋の縁はスッと尖っていて、いかにもスマートです。建築でいう数寄屋造りの屋根でもイメージしたのかと考えかけたものの、それよりは数寄屋の原義である茶室にかけた(茶花に好適)名前ととらえるのが妥当のようです。

2010年のきょうジロボウエンゴサク> 2009年のきょうシロバナアケビ> 2008年のきょうヤマザクラ> 2007年のきょうバイモ> 2006年のきょうムシクサ> 2005年のきょうヒサカキ

| | コメント (0)

4月7日(木) ガマズミ

110407gamazumiある秋の日、端山の裾を巡る古街道をうろついていて赤く輝く実を見つけ、その酸っぱくも甘い味わいに魅せられたのがガマズミとの最初の出会いでした。こんなにきれいでおいしい実を結ぶための花はいったいどんなものなのだろうという思いで春を待ち、精細かつ清楚な花に出会い、ますますこの木が好きになりました。
そしてこの春は芽吹きはじめた葉の姿まで楽しんでいます。バレリーナの鍛えた肉体を連想させる逞しくもしなやかな葉脈は、こんな若葉のときからしっかりと存在を誇っていました。その葉が展開する前にこうしてお互いを包み合った形はまるでアコヤ貝のようで、なるほど、真珠の固まりのようなあの白い花の核がこのなかに秘められているのかと思うと、巧まざる自然の造形の妙に感動してしまいます。

2010年のきょうアズマネザサ> 2009年のきょうトキワイカリソウ(白花)> 2008年のきょうヒメシデコブシ> 2007年のきょうノウルシ> 2006年のきょうスモモ> 2005年のきょうスギナ

| | コメント (0)

4月6日(水) ラッパ水仙

110406rappa水仙というのはじつに多彩で、暦の冬も待たずに、11月のうちから咲くものもあれば、こうして春の訪れを待ってノンビリと咲き出す一群もあります。
フレアの入った大きな副花冠が目立つこれはラッパ水仙と呼ばれ、この副花冠の長さが花びらと同じかそれ以上あるもの(1本の茎に花が一つ)を言います。かしこくも英国王立園芸協会が13に分けている水仙の種類のなかで第1区分という栄誉に浴すのがこの系統です。(この区分に植物分類的な意味はないそうです)
ちなみに、過去ここに載せた水仙をこの区分で紹介すると、日本水仙などの房咲きは第8、キクラミネウスは第6、八重咲きは第4となります。

2010年のきょうイチリンソウ> 2009年のきょうカランコエ(八重)> 2008年のきょうノボロギク> 2007年のきょうトウダイグサ> 2006年のきょうセンボンヤリ> 2005年のきょうボタン

| | コメント (0)

4月5日(火) ニワトコ

110405niwatokoいつもの年ならあと2週間ほどで、「遠目にはソフトクリーム、接写ではお菓子」という面白い花を咲かすニワトコも、今年はまだまだ蕾は固い状態です。
そんな、やや落胆の気持ちでレンズを向けたら、若葉の色が渋い美しさであることを見つけてしまいました。花や実の姿とか、あるいはその名前とか、どうもひょうきん系かと思っていたニワトコにこんな一面があったとはお見それしました。
傍若無人な態度で困ったものだと思っていた若者と話してみたら、じつはなかなかにいい奴だったという最近の体験を、ニワトコでおさらいしてしまいました。

2010年のきょうノウルシ> 2009年のきょうシナミズキ> 2008年のきょうヤマモモ> 2007年のきょうキランソウ> 2006年のきょうミケリア> 2005年のきょうレンギョウ

| | コメント (2)

4月4日(月) キクザキイチゲ

110404kikuzakiitigeいつもの年なら、このようなスプリングエフェメラルたちも先月の中旬には咲き出していたなあ…と過去掲載のキクザキイチゲを確認したら、花色は面白いけれど肝心の花びらの枚数が足りない写真にクドクドと言い訳をしていました。そこで、名誉挽回とばかりに、今年は正統派の白(花びらも17~18枚)を載せておきます。
そして、今年あらたに注目したのはイチゲの株元で、刈られたネザサの茎や葉が目立ちます。つまり、こうやって冬のうちに誰かが手を入れてくれるからこそ、はかない春の花が可憐な姿を見せてくれるわけです。いわゆる里山効果ですが、電力危機の今こそ、爺さんはみんな山に柴刈りに行くようにするという案はどうでしょう。

<補注> 文中、便宜的に「花びら」としていますが、正確にはこれは萼です。

2010年のきょうハナニラ> 2009年のきょうチョウジザクラ> 2008年のきょうノジスミレ> 2007年のきょうアザレア> 2006年のきょうヤブレガサ> 2005年のきょうカタクリ

| | コメント (0)

4月3日(日) ミヤマウグイスカグラ

110403miyama_ugかつてはここに載せる写真も小さく(現在の横幅466px:当時330px)、しかも拡大できる機能をつけていませんでした。萼や葉に毛があるかどうか(毛がなければただのウグイスカグラ)、しかもその毛の先に腺があるかどうか(腺がなければヤマウグイスカグラ)、などということを見極めたいことが多くなって今のクリック可能スタイルに行き着きましたが、ずいぶん回り道をしたことを反省です。
このミヤマウグイスカグラについても、拡大すれば、萼や花柄や葉にある棍棒のように先が丸い腺毛の存在を確かめることができます。
そこでリンクさせようとしたのが夏の実の写真でしたが、これが旧スタイル時代のものでした。そんな写真で「ミヤマです」としていた自分の横暴さに赤面しつつ、掲載サイズを変え、拡大もできるように変更しておきました。

<ハタザクラ情報> 付近のソメイヨシノがようやく開き始めたところで、ハタザクラはまだまだ固い蕾です。これからの気温によりますが、今のペースだと次の日曜(10日)にも開花は危ぶまれます。

2010年のきょうムスカリ> 2009年のきょうシダレザクラ(イトザクラ)> 2008年のきょうシダレザクラ(イトザクラ)> 2007年のきょうスノーフレーク> 2006年のきょうムクゲアカシア> 2005年のきょうムスカリ

| | コメント (0)

4月2日(土) ヤマコウバシ

110402yamakoubasiおととい、エゾムラサキツツジの半常緑という性質を述べるにあたって、葉が落ちない落葉樹=ヤマコウバシを引き合いに出しました。
あの写真が先月初旬でしたから、およそひと月が過ぎて、いかになんでも葉はもうないだろうと思ったら、なんとまあ、まだまだご健在でした。先月と同じ写真を引っ張り出したのではない証拠に、枝先の芽が白く膨らみかけているのが見えます。
ただ、エゾムラサキツツジの葉と比べるとこちらの葉には一切の青みがなく、たしかにこれは半常緑ではなく落葉樹なのだとわかります。だがしかし、落ちません。お願いだからヤマコウバシさん、ワタシの腑に「落ちる」ように、そろそろ落ちましょうよ。

2010年のきょうゴンズイ> 2009年のきょうテンダイウヤク> 2008年のきょうイチハツ> 2007年のきょうヤマエンゴサク> 2006年のきょうニリンソウ> 2005年のきょうシデコブシ

| | コメント (2)

4月1日(金) ヒイラギバツバキ

110401hiiragiba金魚椿を撮れただけでうれしがっていたら、今年はまたまた変わり種の椿を見つけました。名前も単純明快で、本当の柊は多少ツムジを曲げそうですが、椿の葉よりはたしかに柊っぽく見えます。
さて、ふつうの椿の鋸歯はどんなだっただろうということで、ヤブツバキの姿も下に載せておきます。かなり硬い鋸歯はあるものの、ギザギザ具合はぐっと控えめです。
110401yabuところで、ヒイラギバツバキのことを調べていたら、鋸歯の刻みがこれよりは一段小さめのノコギリバツバキ(鋸葉椿)というのがあることを知りました。さて、いざ出会ってもその刻み具合の差がわかるかどうか不安ですが、先の楽しみはまた生まれました。

2010年のきょうクヌギ(雄花)> 2009年のきょうイカリソウ> 2008年のきょうアカシデ> 2007年のきょうカテンソウ> 2006年のきょうアブラチャン> 2005年のきょうユスラウメ

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »