« 4月13日(水) ツバキ(王昭君) | トップページ | 4月15日(金) ハタザクラ »

4月14日(木) スギ

110414sugi1尖った杉の樹冠がリズミカルに並んでいる風景を見ることがあります。美しい日本の景色だなと思う反面、密集して植林され、隣の木と争うように天を目指している姿に一抹の哀れを感じてしまいます。
110414sugi2こちらは雑木林のなかに一本だけある、たぶん実生と思われる杉です。1枚目写真の杉の先端とは違い、樹冠は丸く穏やかです。土地土地の鎮守の森とおぼしきところの杉も、幾本か隣り合ってはいても植林杉のように尖ることはないようです。

これまで漠然と眺めていて、植林された杉=尖る、自然状態の杉=先が丸い、と考えていたのですが、いざ調べてみると、杉にはオモテスギとアシウスギ(ウラスギ)の区別があることがわかりました。この両者の特性で言えば、ウラスギの樹冠が尖鋭で、オモテスギが鈍角になりやすいようです。
ただ、植林されたものすべてがウラスギかどうかはわからないところで、これからは両者の見分けを覚えながら、植林の実態にも少し目を向けていきたいと考えています。

2010年のきょうサルトリイバラ(サンキライ・雌花)> 2009年のきょうオオイワウチワ> 2008年のきょうハナノキ> 2007年のきょうムレスズメ> 2006年のきょうコオニタビラコ> 2005年のきょうアケビ

|

« 4月13日(水) ツバキ(王昭君) | トップページ | 4月15日(金) ハタザクラ »

コメント

スギの先端で思いを馳せる師匠・・・うーん、凄い!

投稿: zenpeichan | 2011/04/14 10:44

zenpeichanさんへ:
植林杉って、なんだか受験競争の子どもたちみたいで切ないんですよ。
自然児が幸せで、受験戦士が不幸せという単純区分もどうかとは思いますけどね。

投稿: はた衛門 | 2011/04/15 06:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月13日(水) ツバキ(王昭君) | トップページ | 4月15日(金) ハタザクラ »