« 3月26日(土) ハッカクレン | トップページ | 3月28日(月) アケボノアセビ »

3月27日(日) ユキゲユリ(チオノドクサ・ルシリエ)

110327yukigeyuriこの花、以前登場したときは「チオノドクサ」でした。あれから5年、知恵が少しだけついて、今回は和名を前面に押し立てます。さらに、カタカナで呼ぶときも学名そのままが正式で、チオノドクサとだけするのは流通的な通称らしいこともわかりました。
もともとは小アジアの高地の花で、日本ではブルージャイアント(この写真)やピンクジャイアント(前回登場のもの)という園芸種が早春の花壇を飾るようになりました。
百合というには寸法(背丈10~15㎝)がずいぶん不足ですが、分類的にしっかりとユリ科なので文句は言えません。ユキゲは雪解で、雪割草あたりと比べるとやや生硬な語感がするのは後発の花の苦しいところに思えます。

2010年のきょうメタセコイア(雄花)> 2009年のきょうヤブサンザシ> 2008年のきょうキブシ> 2007年のきょうミツマタ> 2006年のきょうザゼンソウ> 2005年のきょうヒュウガミズキ

|

« 3月26日(土) ハッカクレン | トップページ | 3月28日(月) アケボノアセビ »

コメント

雪解けすぐに青い花が咲いてます。此花だと思います。割と日陰に、なぜここに咲いているのかは、調べてみます。

投稿: kawahata yosiaki | 2012/04/30 19:07

株わけしてもらいます。

投稿: kawahata yosiaki | 2012/04/30 19:09

kawahata yosiakiさま:
レスが遅れて申し訳ありませんでした。
チオノドクサは自然にどんどん増えていくものではないようですが、
適地に一度植えられると、毎年元気に芽を出してくれます。
もともと高地のものですから、寒い土地には向いている
のかもしれませんね。

投稿: はた衛門 | 2012/05/04 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月26日(土) ハッカクレン | トップページ | 3月28日(月) アケボノアセビ »