« 3月14日(月) カイヅカイブキ | トップページ | 3月16日(水) バクチノキ »

3月15日(火) カンノンチク

110315kannontiku似たものにシュロチク(棕櫚竹)があって、あちらは葉も背丈もスッとスマートな感じなのに対して、こちらは全体的にズングリムックリとした見かけです。
そもそもこの二つはかなりの近縁(ともにヤシ科カンノンチク属)ですから、見分けにくいときも間々ありますが、葉幅と葉の反り具合が注目ポイントです。
カンノンチク(観音竹)は棕櫚竹に比べると葉が広く(2㎝ほど)、また葉が横方向に反っていてボートをひっくり返したように見えます。これに比べると、棕櫚竹は小葉の幅が1㎝ほどと細く、横方向の反りはほぼありません。

<補注> 翌年、観音竹と棕櫚竹をツーショットでとらえることができました。(2012年10月19日)

2010年のきょうヒマラヤゴヨウ> 2009年のきょうトサミズキ> 2008年のきょうクサノオウ> 2007年のきょうモミジイチゴ> 2006年のきょうカタクリ> 2005年のきょうヒイラギナンテン

|

« 3月14日(月) カイヅカイブキ | トップページ | 3月16日(水) バクチノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月14日(月) カイヅカイブキ | トップページ | 3月16日(水) バクチノキ »