« 3月13日(日) ススキ | トップページ | 3月15日(火) カンノンチク »

3月14日(月) カイヅカイブキ

110314kaidukaibuki
イブキを園芸用に改良したのがこのカイヅカイブキだといいます。ふつうのイブキよりも枝が幹を巻くようにのびます。
この樹形全体が巻き上がる性質を剪定でうまく強調して、まるでソフトクリームみたいに育てているお宅をときどき見かけます。写真のものは、カイヅカイブキとしてはかなり大きな木(樹高10mほど)で、そんな強剪定はせずにわりと放置されているように見えます。それでも木全体を眺めると、グルン・グルンと巻いています。

<補注> このイブキのことを「カイヅカ」ではなく「カイズカ」と表記するケースが割合に多く、大阪府貝塚(かいづか)市で作出されたという謂われからすれば「ヅ」であろうに、おバカなことだと一人で憤慨していました。
ところがあらためて学名を調べてみたら、そこにはJuniperus chinensis L. 'Kaizuka'とありました。zuはたしかにズなので、カタカナ表記に学名を反映させるなら「カイズカ」は正解になってしまいます。
ただし、YListも「カイヅカ」を採用していて、学名のzuは無視しています。「ヅ」をローマ字表記するとき、duではなくzuにするのは「慣習法」のようになっているので、ここは学名登録ミスではなく、Kaizukaをカタカナに戻すときはカイヅカにすべきだということを再確認しておきます。(2019年3月14日)

2010年のきょうハルニレ> 2009年のきょうオオイヌノフグリ> 2008年のきょうマツバギク> 2007年のきょうウチワノキ> 2006年のきょうアセビ> 2005年のきょうユキツバキ

|

« 3月13日(日) ススキ | トップページ | 3月15日(火) カンノンチク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月13日(日) ススキ | トップページ | 3月15日(火) カンノンチク »