« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2月28日(月) オニシバリ

110228onisibari萼筒が長くて葯の黄色が目立つ花もあれば、やや寸詰まりの体型で葯が白っぽい花も同じ枝についています。「はっきりしない雌雄異株」だそうですが、夏になってこの木に赤い実がつけば雌株、つかなければ雄株だと思うことにします。
仲間のナニワズよりは、花の色と付き方がやや地味です。6年前には恐れ気もなく「オニシバリの花は葉腋の下側につき、ナニワズは上に向く」などと偉そうに書いていますが、シミジミと草木の怖さを感じる今ならば、「オニシバリの花は横向きや下に向くものが多い」としたいところです。
ところでこのオニシバリ、別名が夏坊主です。秋に葉が出てきて、実がつく次の夏には葉が落ちるという意味ですが、落葉イコール冬枯れではない好例です。

2010年のきょうナギ> 2009年のきょうセリバオウレン> 2008年のきょうシシガシラ(寒椿)> 2007年のきょうブロッコリー> 2006年のきょうヤブラン> 2005年のきょうシモバシラ

2008年の2月29日フヨウ

| | コメント (0)

2月27日(日) キョウチクトウ

110227kyotikutouキョウチクトウの苗が勝手に芽吹いているのを見たことがないので、種の繁殖力は弱いようです。緑色だった莢が割れて、綿毛が見えています。手が届かないところにしか実がなかったので、発芽実験は残念ながらあきらめました。
しかし、キョウチクトウの種が綿毛で飛行するタイプとは想像がつきませんでした。これじゃあガガイモフウセントウワタとお友達だ…と思って調べたら、分類体系によってはガガイモ科はキョウチクトウ科に含めるのだそうです。なんと、キョウチクトウの方が綿毛飛行方式の本家筋ということになります。
ついでにキョウチクトウ科の仲間(本来のキョウチクトウ科)を調べたら、「ああそうか」の連続でした。なんと、なかにはホントにアアソウカイという植物がありましたが、これはマダガスカルの産で、ちょっと珍品らしく、未遭遇です。(なんと運良く、この記事の9カ月後にアアソウカイの実物を見ることができました)
今まで自分で撮影したキョウチクトウの仲間を、順不同で名前だけ載せておきます。きょうの話の流れでは、これらの草木の種がすべて夾竹桃タイプであることを調べなくてはならないのですが、さて、だんだんと果てしないことになってきました。

チョウジソウ テイカカズラ ハツユキカズラ ニチニチソウ ツルニチニチソウ ヒメツルニチニチソウ アリアケカズラ ヒメアリアケカズラ キバナキョウチクトウ プルメリア マンデビラ

2010年のきょうコナラ> 2009年のきょうクリスマスローズ(コルシカス)> 2008年のきょうナツトウダイ> 2007年のきょうエリカ・クリスマスパレード> 2006年のきょうマンゲツロウバイ> 2005年のきょうジンチョウゲ

| | コメント (0)

2月26日(土) ラクウショウ

110226rakuusyou1去年の春はメタセコイアを追いかけ、雄花だけであきらめずに雌花もどうにか写すことができました。そこで今年はラクウショウも雌花をとらえたいと狙っています。
しかし、メタセコイアもラクウショウも巨大なので困ります。はるか上空で揺れている緑のスジコは未開花の雄花です。メタセコイアのそれと、わりと似た感じです。
で、問題の雌花ですが、「かな~?」と思う部分に白丸をくれました。位置的に雌花の蕾らしくも思えるし、ただの葉芽でがっかりするのかもしれません。メタセコイアよりは花の時期が少しだけ早いはずなので、今からしばらくは目が離せません。
110226rakuusyou2おっと、スジコとシャボン玉の絵だけでは寂しいので、中国は桂林の観光写真…に見えないかなァ~と加工してみたのですが、ラクウショウの気根です。

<補注> このあとの雌花・雄花の様子は4月20日に「追加編」として載せました。

2010年のきょうムクノキ> 2009年のきょうカンザクラ> 2008年のきょうオウバイ(梅)> 2007年のきょうカワヅザクラ> 2006年のきょうクリスマスローズ> 2005年のきょうコハコベ

| | コメント (0)

2月25日(金) エンジュ

110225enjuおやまあ、枝にドライフルーツが…とは思いませんでしたが、あのかわいいプクプク豆がこんな季節まで枝に残っているのが今年は目につきます。
この実は人間には有害だというので、いくら姿がかわいくても自分の口には入れませんが、悪食のヒヨドリあたりはけっこう真剣に啄んでいたはずです。ところが、写真の木以外にも、もっと賑やかに乾燥豆をぶら下げている木がありました。
タチバナ(19日)・クコ(22日)に続いて、どうも今シーズンは鳥さんの贅沢生活批判が続きます。人間さまが不景気にあえいでいるのに、まったく許せない奴らです。

2010年のきょうヤタイヤシ> 2009年のきょうアカバナアセビ> 2008年のきょうアオキ> 2007年のきょうオカメザサ> 2006年のきょうフクジュソウ> 2005年のきょうアブラナ

| | コメント (2)

2月24日(木) ヒオウギ

110224hiougi写真のタテヨコを間違えた…のではなく、茎が寝そべってしまった射干玉(ぬばたま)です。横には直立のままの株もまだありましたが、いずれは倒れるのでしょう。
緑色に膨らんだ莢が割れてからすでに5カ月は経っています。途中の様子は今までに何度かここに載せていますが、どの時期を見比べても、射干玉の数はどうもだれかに食べられたようには減っていません。
種は鳥や獣に運んでもらうものとばかり思っていると、こうやって自分の背丈の範囲に尺取り虫方式で広がっていく(カタクリもやや近い方式)種類もあるようです。こんな、他人に頼らない自立心の強いタイプのなかには、自分で種を飛ばす仕掛けを持つものもあるのに、ヒオウギにはそういう飛び道具もありません。最後に倒れることが自立の証とは、なんだか禅問答のようで、つい漆黒の実に見入ってしまいます。

2010年のきょうウラジロモミ> 2009年のきょうヒマラヤスギ> 2008年のきょうカンザクラ> 2007年のきょうオステオスペルマム> 2006年のきょうセツブンソウ> 2005年のきょうカワヅザクラ

| | コメント (0)

番外編 : メジロが笑い、寒桜が泣く

110223mejiroふつうの人よりは草木にカメラを向けている時間が長いわけで、たまにはこういう幸運が訪れます。要はこんなシーンに出会う確率の問題です。
110223bakanaそんなラッキーの余韻にひたりながら乗った電車で、トンデモナイ吊り広告に出会いました(車内での撮影は憚られたので、上の写真はHPから転載)。18本を3.3倍すれば、およそ60本です。「10口以上」には100枚とか1,000枚の購入も含まれるわけですから、これって購入枚数による当選確率にはほとんど有意差がないのでは?
ほかにも当たりやすい「曜日=土曜」とか「年齢=30代」(写真右端)とかあって、それって母数を伏せたままではまったく意味のない(そもそも土曜に買う人が多いとか、30代が購入層のトップとか)データです。
こんなお馬鹿な宣伝が堂々と流れるなんて、これも政治のせいではあるまいか。ついにメジロに笑われ、寒桜には泣かれる…そんな低脳日本になってしまったようです。

| | コメント (0)

2月23日(水) ハイネズ

110223hainezu1ふつうは大きな木であるネズミサシが匍匐性に変わってしまったもので、膝丈ほどに低くまとまります。葉先が有刺鉄線にも負けない痛さなので、公園などで不心得者の進入を防止したい場所によく植えられています。
そんな身近な木なのに、きおねこさんに写真を見せてもらうまで、実がつくことに気づかないでいました。「どれどれ」と出かけてみたら、ホントに鈴なりでした。もっとも、雌雄異株ですから、一本だけの場所だと空振りの危険はあります。
110223hainezu2花は4月に咲くそうだし、この実は黒紫色まで変化するというし、今までやや無視しがちだったハイネズにも、これからはもう少し熱い視線を注ぐことにします。

2010年のきょうプリムラ・シネンシス> 2009年のきょうギンヨウヒマラヤスギ> 2008年のきょうサザンカ、カンツバキ> 2007年のきょうスズランエリカ> 2006年のきょうカラタチ> 2005年のきょうクマザサ

| | コメント (0)

2月22日(火) クコ

110222kuko今どきの鳥さんたちの贅沢さについては、先日、タチバナのところでも嘆いたばかりです。薬膳素材の定番として人間さまが大事にしているクコも、鳥さんにかかればこのとおり、干からびて種が飛び出すまで完璧に無視されるのでした。
そういえば、かつてこれを収穫して、自分で天日干ししてみたことがありました。そもそも市販品とは品種が違うのか、自家製は粒が小さめでしたが、味はけっこうしっかりしていたものです。鳥さんのために…なんて残してあげないで、これからは道端にクコの実を見つけたら、すべて口かポケットか、どちらかに入れることにいたします!

2010年のきょうピレア・モリス> 2009年のきょうギンヨウアカシア> 2008年のきょうフィカス・アルテッシマ> 2007年のきょうクモマグサ> 2006年のきょうナガバジャノヒゲ> 2005年のきょうミヤマウグイスカグラ

| | コメント (0)

2月21日(月) キツネノカミソリ

110221kitunenokamisoriきのうの姫さまのように綱渡りで冬をやり過ごす葉もあれば、大地を温(ぬる)ます春の息吹をとらえてから、「さあ出番!」と芽吹くこんな葉もあります。
さてもこの葉が狐さん用の剃刀に見えるのはこの時期だけで、すぐに先端は尖り、葉質は薄くなって、あまり特徴のない姿に変わってしまいます。さらに、花が咲く盛夏となればこの葉は消え失せてしまい、花と葉を一緒に見ることは叶わぬ夢なのです。
仲間の彼岸花も似たようなしくみで、「葉知らず花知らず」などという悲しくも風流な別名を持っています。ところが、こちらキツネノカミソリの場合はせいぜいドクバナと蔑まれるくらいで、ヒネリのきいた別名はどうも見当たりません。
あの炎暑のなかで蚊の羽音に怯えながら花を愛で、いまだ寒さ去らぬなかでこうして若葉を慈しむ…なかなかに数寄者好みの野草だとは思うのですが、名前がいかにも直球なのです。あ、そうか、剃刀をあてるときにヒネったりしたら危ないですもんね。

2010年のきょうフラサバソウ> 2009年のきょうキヅタ> 2008年のきょうユキワリイチゲ> 2007年のきょうヒメイタビ> 2006年のきょうナギイカダ> 2005年のきょうクロッカス

| | コメント (0)

2月20日(日) ヒメムカシヨモギ

110220himemukasiyomogiどうやら冬を乗り越えて、「さあこれから背のびだぞぉ」と言っているヒメムカシヨモギの根生葉です。発芽するなら春を待てばいいものを、わざわざ秋に芽生えてしまうものだから、こうして地べたに貼りついて寒さを凌がなければなりません。
根生葉のタイプには、暖かくなってもずっとそのままの一生這い蹲り型(タンポポオオバコ)と、この姫さまのような越冬堪え忍び型があります。この二つのうち、一生型の方は踏みつけや刈り取りに耐えて自分の生命と生活の場を確保しようという姿勢で、その健気さにそっと涙をぬぐってしまうのです。
それに比べ、越冬型の根性にはちょっとムカつきます。他人が寝ているうちに準備万端整えておき、あとの競争でみんなを出し抜く作戦ですから…。いやいや、この利口さは見習わなくてはいけません。先んずれば人を制す=黄金原則です。

2010年のきょうユーカリノキ> 2009年のきょうショカツサイ(ムラサキハナナ)> 2008年のきょうウグイスカグラ> 2007年のきょうエリカ・ファイヤーヒース> 2006年のきょうナニワズ> 2005年のきょうイチゴノキ

| | コメント (0)

2月19日(土) タチバナ

110219tatibana空の色とのコントラストに見惚れて撮ったのはいいけれど、他人の目で見直してみたら実の寸法(葉も)がさっぱりわかりません。ここでちゃんと反省すればいいのに、以前の記事(寸法説明あり)にリンクさせてごまかすからかわいくありません(笑)。
ただ、かわいくないのはこの辺の鳥さんも一緒で、食べ頃の実をこんなに放置するとはけしからん限りです。生意気にも、この枝の下には食べかけの実を残していて、いかにも「こんな酸っぱいもの、いらんわ」という様子です。鳥も食べてくれないなんて、タチバナの立場ないじゃないか…実の酸っぱさでギャグも痺れてしまいました。

<補注> 花の姿はこちらです。

2010年のきょうタコノキ> 2009年のきょうキバナセツブンソウ> 2008年のきょうバイモ> 2007年のきょうカキナ> 2006年のきょうマサキ> 2005年のきょうオウレン

| | コメント (2)

2月18日(金) ニワウルシ(シンジュ)

110219sinju1先日の大雪(笑)で、枯れ木も雪化粧…ではなくて、ニワウルシの種がまだ吹き飛ばされずにこんなに残っていました。暮れには、もう枝がずいぶん寂しくなった木(きょうのものとは別の場所)を載せていて、種の飛び散り方も木によりけりのようです。
110219sinju2こちらの写真はさらに別の場所の木で、飛び散り方(枝の寂しさ)は中くらいといったところです。土地の水気、日照度合い、木の大きさ(樹齢)など、3本とも大差がないように見えるのに、散り方にはずいぶん差があるものです。
この木の枝は少し低いところにまであって、種を大写しできました。子供のころに遊んだ鉄砲に詰める紙火薬にそっくりです。今でもあんなオモチャ、あるのでしょうか。

2010年のきょうゴレンシ> 2009年のきょうアスクレピアス(トウワタ)> 2008年のきょうハンノキ> 2007年のきょうカンヒザクラ> 2006年のきょうタネツケバナ> 2005年のきょうウメ

| | コメント (0)

2月17日(木) ネコヤナギ

110217nekoyanagi赤い皮のコートを脱ぎ捨て始めた猫柳です。過去2回(3/52/13)の掲載ではこの赤いコートをとらえていないので、今回が一番「走り」の姿ということになります。
そんな写真記録を比較し、ついでにきのうの河津桜の様子も併せ考えると、やはり今年は春が少しばかり遅めのようです。あの異様な夏のせいで冬も温暖化してしまうのかと心配したら、かえって厳しい冬だったのでひと安心です。
だが・しかし、春が遅いのを喜ぶなんて、変な時代になってしまったものです。

2010年のきょうスイセイラン(彗星蘭)> 2009年のきょうバニラ> 2008年のきょうフクジュソウ> 2007年のきょうイノモトソウ> 2006年のきょうウメ(白梅)> 2005年のきょうナズナ

| | コメント (0)

2月16日(水) カワヅザクラ

110216kawaduzakuraせっかく開花しても誉められることの少ないハンノキ(きのう掲載)に比べると、みんなに首を長くして待ってもらえる桜とは得な存在です。そんな桜のなかでもこの河津桜は早咲き性が愛されて、伊豆ではなくてもあちこちで見られるようになりました。
年によっては2月に入ると開き始めた(埼玉県南部)こともあり、下旬には葉が展開している様子を載せたこともありますが、そんな年に比べると、今年は開花がやや遅いようです。ここまで蕾が膨らんだらあと4~5日でしょうか。金曜夜の大雪(笑)もあっという間に消えて、桜に酔う季節ももうすぐです。

2010年のきょうパフィオペディルム・サンデリアヌム> 2009年のきょうカカオ> 2008年のきょうベンジャミン> 2007年のきょうサルココッカ> 2006年のきょうワルナスビ> 2005年のきょうヒメオドリコソウ

| | コメント (2)

2月15日(火) ハンノキ

110215hannokiこれを見て「花が咲いたよ~」と叫んでも、嘘つき爺さんと罵られるのが関の山だろうとは思います。しかし、カーマイン色の小さな(マッチ棒の頭くらい)雌花がじつに幼気(いたいけ)で愛らしいのです。きな粉餅のような雄花だって、健気で心震えます。
前にも今の季節のハンノキの様子は載せましたが、今年の方が雌花も雄花も色合いがきれいに撮れました。さらに、去年の実も右端に入れ込むことができました。
あとは株元が湿った場所であることが表現できればいいのですが、写真1枚ではそれは無理と言うもので、絵的に足りないところは言葉で補っておくことにします。

2010年のきょうモミ> 2009年のきょうイトススキ> 2008年のきょうホルトノキ> 2007年のきょうオニヤブソテツ> 2006年のきょうオオイヌノフグリ> 2005年のきょうマンサク

| | コメント (4)

2月14日(月) ノカンゾウ

110214nokanzou二日続いた降雪(大げさですが)のあと、きのうはすっきりと晴れました。これ幸いと久しぶりにそこらをうろついてみたら、もうノカンゾウが食べ頃でした。
わざわざ寒さ募る2月に芽出しをしなくとも…と思い、あらためてこの辺の今ごろの気温変化を見てみました。今まで漠然と「2月が一番寒い」と思っていたのに、本当は2月に入ると春への助走が確実に始まっているのでした。
110214saitama_kionさて、問題は山菜としての「カンゾウ」がノカンゾウなのかヤブカンゾウなのかということです。前に八百屋で求めたときは単に「カンゾウ」と札がついていて、二つの違いも気にせず、お店のものだからと安心して食べました。しかし、自分で採取となると、どっちかに毒成分!なんてことがあってはなぁ、と不安になります。
大丈夫でした。どちらもこの芽出しの段階では大差がないらしく、ノカンゾウもヤブカンゾウも山菜としては「カンゾウ」と呼ぶようです。それほどに区別しない「カンゾウ」を、きょうの写真でどうしてノカンゾウと特定したのかというと、ヒミツの見分け点…など自分にはなくて、ここに去年咲いていたのはノカンゾウだったと思い出しただけのことです。

2010年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)> 2009年のきょうリョウメンシダ> 2008年のきょうコバノカモメヅル> 2007年のきょうナギイカダ> 2006年のきょうアテツマンサク> 2005年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)

| | コメント (2)

2月13日(日) オウギバショウ(タビビトノキ)

110213ougibasyou今朝は志木も道路が白く凍っていて、そろそろ外の様子を載せたくても、近場南国を出ることができません。大きな(6~7m)オウギバショウを仰ぎ見ながら、春よ来い来い、と夢見ておくことにしておきます。
しかしこの葉柄の付け根の広さ・平らさはみごとです。夏の午後、これをお昼寝のマットにしたらいい夢が見られそうです。扇芭蕉というよりマット芭蕉…。
勝手な名付けはさておき、別名の「旅人の木」は扇芭蕉より有名かもしれません。葉柄に溜まった水を飲めるとか、木が方向を示すとかの由来説は眉唾だと言いますが、これだけ大きければ旅の目印になったろうし、案外にマット説だってありではなかろうか、などと楽しい「頭の旅」をしてしまいました。

2010年のきょうドンベヤ・ワリッキー> 2009年のきょうマツザカシダ> 2008年のきょうカマツカ> 2007年のきょうアブラナ> 2006年のきょうネコヤナギ> 2005年のきょうユキヤナギ

| | コメント (0)

2月12日(土) モンステラ(ホウライショウ)

110212monstera一般家庭でモンステラの花を咲かすのはむずかしいそうですが、さすが冬でも汗ばむほどの近場南国ではこんな異様な物体が葉陰から姿を見せていました。
しかし、間が悪いことに花は終わり、ミズバショウのように白くあるべき仏炎苞はすでに海老茶色でした。かといって、熟せばおいしいという実はまだ緑で、なんともどっちつかずの宙ぶらりん状態です。
いや、ものは考えようで、これなら花の様子も実の形も、どちらも「だいたい」わかるわけです。人生前向きに、明るく考えていこうとモンステラに教わりました。

2010年のきょうレッド・ジンジャー> 2009年のきょうアブラチャン> 2008年のきょうオーブリエチア> 2007年のきょうアリドオシ> 2006年のきょうミドリハコベ> 2005年のきょうミツマタ

| | コメント (0)

2月11日(金) オンシジューム

110211oncidium蘭のなかではわりとポピュラーで、そのうち載せようと思いながらここまで先延ばししてしまいました。で、つくづく見ると、これはまた不思議な形の花でした。
唇弁(舌弁)がやたら大きいのです。ですから、上部の小さな花弁を頭と両腕に見立てると、ベルバラ調の貴婦人に見えなくもありません。そのスカートの腰のあたりにゴツゴツした突起があって、これが名前のもと(ギリシャ語の「こぶ」=onkosに縮小辞がついてonkidion)だと言いますから、腰はやっぱり要です。
さてその名のカタカナ表記を「ジウム」とするか「ジューム」とするか=これは「いつか来た道」の悩みです。メランポジウムのときは多数派に与(くみ)するという安易な道を選びましたが、そのわりにシンビジウムではほぼ無意識に「ジウム」とし、一方でカラジュームなどと堂々とブレた表記(綴りはすべて~dium)を使っています。さしたる根拠もないままに、ここはブレついでに「ジューム」としておきました。

2010年のきょうコチョウラン> 2009年のきょうマリアアザミ> 2008年のきょうタチヤナギ> 2007年のきょうオキザリス・華恋(かれん)> 2006年のきょうシナマンサク> 2005年のきょうヤブツバキ

| | コメント (0)

2月10日(木) ナガバノモウセンゴケ

110209mousengoke長さ2~3㎝、幅4~5㎜の小さな葉です。縁に並ぶ腺毛の先で光るのは粘液で、ここについた小さな虫を動けなくします。まさに植物界の吸血鬼です。
山の沢などに生えるもののようですが、まずは温々した場所の栽培品でその生態を勉強させてもらいました。夏には小さな白い花をつけるらしいので、どこか涼しい山でそんなシーンを写せたらと夢見ておくことにします。
葉があり、花を咲かすことからわかるように、名前に反してこれは苔ではなくふつうの草本です。本人になりかわり、「コケにするな」と強く抗議しておきます。

<訂正> この記事の掲載当初は、「腺毛」であるべきところを誤って「繊毛」としていました。訂正します。(2011年4月2日)
<訂正その2> この記事のタイトルを、当初は単に「モウセンゴケ」としていましたが、それにしては葉が長すぎました。腺毛の色合いからも判断して、ナガバノモウセンゴケに訂正します。(2013年6月27日)

2010年のきょうカトレア> 2009年のきょうムサシアブミ> 2008年のきょうハマボッス> 2007年のきょうナワシログミ> 2006年のきょうウメ(紅梅)> 2005年のきょうジャノメエリカ

| | コメント (6)

2月9日(水) グズマニア

110209guzmania愚図が大好きグズマニア…、どうしてこんな酷い名前?と思ったら、グズマンというお人の名前が学名になっていて、ウ、愚図マン…、寒波が戻ります(笑)。
ここ1週間ほど、ずいぶん暖かではありますが、屋外の色味はさすがに乏しすぎて、また近場南国に戻りました。まずは真っ赤な花弁(じつは苞)が鮮やかな愚図、いえ、グズマニアです。本当の花(蕾)は頂部に見える黄色い部分のようです。
根からの吸水よりも葉からが中心という変な性質なので、ふつうの水遣りでは枯らします。なかなかいいお値段なので、涙で灌水とならないようにご注意です。

2010年のきょうセントポーリア> 2009年のきょうタチツボスミレ> 2008年のきょうカリン> 2007年のきょうハラン> 2006年のきょうロウヤガキ> 2005年のきょうコエビソウ

| | コメント (2)

2月8日(火) トチノキ

110208totinoki去年は雌雄混株であることに初めて気づき、花と実の関係をしつこく追いかけたトチノキです。その賑やかだった花も実もいつの間にか落ち、美しい黄葉があっという間に終わると、しばらくの間は装飾を剥がれた梢が寒風に揺れるばかりです。
ところがこんな時期にも「美」は存在するのです。槍の穂先のように尖鋭な形だけでも見ごとなのに、トチノキの芽はピカピカと濡れたように光るのです。この光る部分は芽を覆う鱗で、とてもネバネバしています。春先、樹下に散らかったこれを踏むと、靴から取れなくて困るほどに粘着性があります。
110208benibanatotinokiところが、仲間のベニバナトチノキ(↑)の芽はこのネバネバピカピカがなく、形もふっくらして、あまり見るべきところがありません。依怙贔屓だと言われようと、春先に迷惑をしようと、やはり冬の陽光には鋭く光るトチノキの芽が似合います。

※ 1枚目の写真、重なった枝の形が「YY」に見えます。ココログの偉大な先達であるwaiwaiさんへのオマージュのつもりで撮りました。

2010年のきょうサンタンカ> 2009年のきょうモミジバフウ> 2008年のきょうシシガシラ> 2007年のきょうキャラボク> 2006年のきょうナツミカン> 2005年のきょうオオイヌノフグリ

| | コメント (4)

2月7日(月) コセンダングサ

110207kosendangusaジュズダマの枯れ姿(きのう)に続いて、近所の野原の冬景色です。このなかを走り回ったら、さぞやヒッツキ虫だらけになることでしょう。
花も葉も失われている今の時期にこれをコセンダングサと推定できるのは、そのヒッツキ虫のおかげです。この棘に包まれた痩果(黒く見える部分)は断面が四角で、アメリカセンダングサが扁平なのとは感じが違います。
元気なワンちゃんでもここに飛び込んできてくれないかと待っていたら、脇をイタチがすり抜けました。ちょっとビックリしたものの、ほのぼのとうれしくなりました。

2010年のきょうロドデンドロン・クリスティアナエ> 2009年のきょうネモフィラ・スノーストーム> 2008年のきょうビワ> 2007年のきょうヤブソテツ> 2006年のきょうボケ> 2005年のきょうフクジュソウ

| | コメント (2)

2月6日(日) ジュズダマ

110206juzudama用水の土手で、ジュズダマが完全に枯れ上がっていました。晩秋には黒く輝いていた実の色が真っ白に変わっていて、まるで「あしたのジョー」です。
秋のうちにこの実を摘んでネックレスなどにするといつまでも黒いままなのに、自然のなかでの寒晒しには黒白を反転させるほどの力があるようです。
…などと思いながら過去ログを調べてみたら、春の花は載せているのに、緑から黒にまで実の色が変わっていく「見せ場」は無視していたことがわかりました。他人の嫌なところばかり突く意地悪爺にならないよう、今年の秋には必ず撮影するつもりです。

<補注> 決意よりは2年も遅れたものの、どうやら「見せ場」を撮ることができました。(2013年10月1日)

2010年のきょうアイグロマツ> 2009年のきょうヒメシノ(コクマザサ)> 2008年のきょうシュロ(ワジュロ)> 2007年のきょうヤバイ> 2006年のきょうアリドオシ(実つき)> 2005年のきょうサンシュユ

| | コメント (2)

2月5日(土) チューリップ

110205tulipオランダに行ってきましたぁ~、なんて嘘をつきたくなるくらい、いかにもチューリップらしいチューリップが公園の花壇を華やかに飾っていました。
しかし、いくら週なかばからポカポカ陽気続きとは言え、露地植えのチューリップはまだまだですから、これは鉢植えにしていたものをハウスから持ち出したようです。
寒が戻ったらかわいそうとは思いつつ、こういう景色を見ると単純にうれしくなって元気が出ます。これだけ豪華に咲かすには球根がいくつ必要かはわかりませんが、お為ごかしの「子ども手当」(注)なんかよりは、ずっと有効なお金の使い方に思えます。

<補注> 「子ども手当」の表記は該当法の原文に従いました。

2010年のきょうウラジロモミ> 2009年のきょうヒメアスナロ> 2008年のきょうスイカズラ> 2007年のきょうマンゲツロウバイ> 2006年のきょうアリドオシ> 2005年のきょうギンモクセイ

| | コメント (0)

2月4日(金) マンサク

110204mansakuそろそろだろうかと定点観測場所に行ったら、案の定、マンサクの花がほころび始めていました。かつて(2007年)は1月23日に開花レポートしたことがあり、このときは「地球もいよいよ?」と心配したものでした。
それに比べると、2月初旬の開花は、まあまあ順調だと思います。お気楽に「さあ、いよいよ春が来るぞ」と喜ぶことにしましょう。
おっと、今年は咲き出した蕾にググッと寄ってみたのが新機軸です。右の蕾のなかに、展開する前の花びらが消防ホースのように丸くたたまれているのが見えます。左の蕾ではそれがすべて広がって、雄シベが顔を出しています。5㎜ほどの小さな蕾に仕込まれた精巧なメカニズムに、しばし見とれてしまいました。

2010年のきょうチュウテンカク(沖天閣:ユーフォルビア・インゲンス)> 2009年のきょうヒメノキシノブ> 2008年のきょうニシキマンサク> 2007年のきょうハカタシダ> 2006年のきょうコウヤボウキ> 2005年のきょうオウバイ

| | コメント (4)

2月3日(木) ゴンズイ

110203gonzui節分なので、殻に残った二つの真っ黒な種を鬼の目玉に見立てましょうか。秋には真紅の殻とこの種との対比が美しかったゴンズイの実が、目玉が二つとも飛び出てしまったり、一つだけ残ったり、寒風に晒されて、殻もすっかり色褪せました。
そう言えば、ゴンズイの実を味見していませんでした。秋口だと、真っ赤な殻はまだ肉厚で、レッドピーマンみたいに見えなくもありません。
ただ、鳥さんもこんな時期まで手を出さずにいたということは…、まあ、眺めて笑っているのが無難ということなのでしょう。

2010年のきょうサボテン> 2009年のきょうノキシノブ> 2008年のきょうフェイジョア> 2007年のきょうモンステラ> 2006年のきょうソヨゴ> 2005年のきょうウメ

| | コメント (0)

2月2日(水) ヒョウタンウツボカズラ

110202nepenthesウツボカズラの仲間は、属名そのままにネペンテス(Nepenthes)と呼ばれ、愛好家が多いようです。これはそのなかでもウツボがやや大振り(長さ10cmほど)です。
ただ、瓢箪なら蔓が上から下がるのに、この瓢箪は下からの蔓に上向きにつきます。また、ウツボの先端には蓋があり、まるで洋式トイレです。
なんと、ウツボカズラのなかにはシビン(溲瓶)ウツボカズラというのもあって、これはもうほとんどトイレそのままの形(だそう)です。そんなこんな物体がブラブラしている部屋でのコーヒーは絶妙味…、と少しだけファンの気持ちになってみました。

2010年のきょうリンボク> 2009年のきょうタチシノブ> 2008年のきょうニホンスイセン> 2007年のきょうイトラン> 2006年のきょうムラサキシキブ> 2005年のきょうデイジー

| | コメント (2)

2月1日(火) オオバギボウシ

110201oobagibousiきのうのように梅の花を見上げている分には、「春はそこまで」などと思ったりするのですが、いったん視線を下げれば野原にはまだまだ緑みが乏しくて、「さて今少しこの寒風のなかを生き延びねばならぬわい」と思いを新たにするわけです。
そんな厳しい季節にも、次の世代への橋渡しは堅実に行われています。夏にどんどん茎がのびて、高い場所に次々に花を咲かせていたのは、こうやって種を少しでも遠くに飛ばすための準備なのでした。
この種はとても発芽率が良く、翌年すぐに大きな株になります。花より団子のクチは、多めにプランターに播いておけば、春の山菜=ウルイを楽しむことができます。

2010年のきょうカモジゴケ> 2009年のきょうシノブ> 2008年のきょうガビサンハンショウヅル> 2007年のきょうキンポウラン> 2006年のきょうホウレンソウ> 2005年のきょうアセビ

| | コメント (2)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »