« 2月27日(日) キョウチクトウ | トップページ | 3月1日(火) ヒガンバナ »

2月28日(月) オニシバリ

110228onisibari萼筒が長くて葯の黄色が目立つ花もあれば、やや寸詰まりの体型で葯が白っぽい花も同じ枝についています。「はっきりしない雌雄異株」だそうですが、夏になってこの木に赤い実がつけば雌株、つかなければ雄株だと思うことにします。
仲間のナニワズよりは、花の色と付き方がやや地味です。6年前には恐れ気もなく「オニシバリの花は葉腋の下側につき、ナニワズは上に向く」などと偉そうに書いていますが、シミジミと草木の怖さを感じる今ならば、「オニシバリの花は横向きや下に向くものが多い」としたいところです。
ところでこのオニシバリ、別名が夏坊主です。秋に葉が出てきて、実がつく次の夏には葉が落ちるという意味ですが、落葉イコール冬枯れではない好例です。

2010年のきょうナギ> 2009年のきょうセリバオウレン> 2008年のきょうシシガシラ(寒椿)> 2007年のきょうブロッコリー> 2006年のきょうヤブラン> 2005年のきょうシモバシラ

2008年の2月29日フヨウ

|

« 2月27日(日) キョウチクトウ | トップページ | 3月1日(火) ヒガンバナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月27日(日) キョウチクトウ | トップページ | 3月1日(火) ヒガンバナ »