« 2月26日(土) ラクウショウ | トップページ | 2月28日(月) オニシバリ »

2月27日(日) キョウチクトウ

110227kyotikutouキョウチクトウの苗が勝手に芽吹いているのを見たことがないので、種の繁殖力は弱いようです。緑色だった莢が割れて、綿毛が見えています。手が届かないところにしか実がなかったので、発芽実験は残念ながらあきらめました。
しかし、キョウチクトウの種が綿毛で飛行するタイプとは想像がつきませんでした。これじゃあガガイモフウセントウワタとお友達だ…と思って調べたら、分類体系によってはガガイモ科はキョウチクトウ科に含めるのだそうです。なんと、キョウチクトウの方が綿毛飛行方式の本家筋ということになります。
ついでにキョウチクトウ科の仲間(本来のキョウチクトウ科)を調べたら、「ああそうか」の連続でした。なんと、なかにはホントにアアソウカイという植物がありましたが、これはマダガスカルの産で、ちょっと珍品らしく、未遭遇です。(なんと運良く、この記事の9カ月後にアアソウカイの実物を見ることができました)
今まで自分で撮影したキョウチクトウの仲間を、順不同で名前だけ載せておきます。きょうの話の流れでは、これらの草木の種がすべて夾竹桃タイプであることを調べなくてはならないのですが、さて、だんだんと果てしないことになってきました。

チョウジソウ テイカカズラ ハツユキカズラ ニチニチソウ ツルニチニチソウ ヒメツルニチニチソウ アリアケカズラ ヒメアリアケカズラ キバナキョウチクトウ プルメリア マンデビラ

2010年のきょうコナラ> 2009年のきょうクリスマスローズ(コルシカス)> 2008年のきょうナツトウダイ> 2007年のきょうエリカ・クリスマスパレード> 2006年のきょうマンゲツロウバイ> 2005年のきょうジンチョウゲ

|

« 2月26日(土) ラクウショウ | トップページ | 2月28日(月) オニシバリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月26日(土) ラクウショウ | トップページ | 2月28日(月) オニシバリ »