« 番外編 : メジロが笑い、寒桜が泣く | トップページ | 2月25日(金) エンジュ »

2月24日(木) ヒオウギ

110224hiougi写真のタテヨコを間違えた…のではなく、茎が寝そべってしまった射干玉(ぬばたま)です。横には直立のままの株もまだありましたが、いずれは倒れるのでしょう。
緑色に膨らんだ莢が割れてからすでに5カ月は経っています。途中の様子は今までに何度かここに載せていますが、どの時期を見比べても、射干玉の数はどうもだれかに食べられたようには減っていません。
種は鳥や獣に運んでもらうものとばかり思っていると、こうやって自分の背丈の範囲に尺取り虫方式で広がっていく(カタクリもやや近い方式)種類もあるようです。こんな、他人に頼らない自立心の強いタイプのなかには、自分で種を飛ばす仕掛けを持つものもあるのに、ヒオウギにはそういう飛び道具もありません。最後に倒れることが自立の証とは、なんだか禅問答のようで、つい漆黒の実に見入ってしまいます。

2010年のきょうウラジロモミ> 2009年のきょうヒマラヤスギ> 2008年のきょうカンザクラ> 2007年のきょうオステオスペルマム> 2006年のきょうセツブンソウ> 2005年のきょうカワヅザクラ

|

« 番外編 : メジロが笑い、寒桜が泣く | トップページ | 2月25日(金) エンジュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : メジロが笑い、寒桜が泣く | トップページ | 2月25日(金) エンジュ »