« 2月13日(日) オウギバショウ(タビビトノキ) | トップページ | 2月15日(火) ハンノキ »

2月14日(月) ノカンゾウ

110214nokanzou二日続いた降雪(大げさですが)のあと、きのうはすっきりと晴れました。これ幸いと久しぶりにそこらをうろついてみたら、もうノカンゾウが食べ頃でした。
わざわざ寒さ募る2月に芽出しをしなくとも…と思い、あらためてこの辺の今ごろの気温変化を見てみました。今まで漠然と「2月が一番寒い」と思っていたのに、本当は2月に入ると春への助走が確実に始まっているのでした。
110214saitama_kionさて、問題は山菜としての「カンゾウ」がノカンゾウなのかヤブカンゾウなのかということです。前に八百屋で求めたときは単に「カンゾウ」と札がついていて、二つの違いも気にせず、お店のものだからと安心して食べました。しかし、自分で採取となると、どっちかに毒成分!なんてことがあってはなぁ、と不安になります。
大丈夫でした。どちらもこの芽出しの段階では大差がないらしく、ノカンゾウもヤブカンゾウも山菜としては「カンゾウ」と呼ぶようです。それほどに区別しない「カンゾウ」を、きょうの写真でどうしてノカンゾウと特定したのかというと、ヒミツの見分け点…など自分にはなくて、ここに去年咲いていたのはノカンゾウだったと思い出しただけのことです。

2010年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)> 2009年のきょうリョウメンシダ> 2008年のきょうコバノカモメヅル> 2007年のきょうナギイカダ> 2006年のきょうアテツマンサク> 2005年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)

|

« 2月13日(日) オウギバショウ(タビビトノキ) | トップページ | 2月15日(火) ハンノキ »

コメント

まさに光の春の一枚ですね!
カンゾウの酢味噌和え美味しいですよね!
オオイヌノフグリやホトケノザが、土手に道ばたにこぼれるように咲いています。かわいいですね!寒くても光は春なんですね。
山菜好きのつれには、今日は、チョコではなくて山ウドのきんぴらと天ぷらです。しぶ~い

投稿: たんぽぽちょろ | 2011/02/14 17:36

たんぽぽちょろさんへ:
いつもありがとうございます。
なんだか今ごろになって冬が極まったように感じるのですが、
草木を見ると確実に季節は移っていて、少し安心します。
季節のものをおいしくいただいて、元気で過ごしたいですね。

投稿: はた衛門 | 2011/02/15 05:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月13日(日) オウギバショウ(タビビトノキ) | トップページ | 2月15日(火) ハンノキ »