« 1月29日(土) クリスマスローズ(ニゲル) | トップページ | 1月31日(月) ウメ »

1月30日(日) テイカカズラ

110130teikakazura常緑低木(蔓性)とされる定家葛の幼木が冬色になっていました。真っ赤に色づいた葉もチラリチラリと混じって、冬の雑木林を彩ってくれます。
常緑という言葉からすれば、紅葉してしまってはおかしいのですが、ほかにも冬には色づくこと(もの)のある「常緑」の木としてナンテンサネカズラを過去にここに載せています。あらためて調べてみると、「常緑」とは「葉が1年以上枯れずに、全落葉しない」もののことで、決して「紅葉しない」ものではないのでした。
だったら「非落葉植物」とでもすれば正確な表現なのに、英語でもevergreen plantですから肩透かしです。学問とは厳密なものだと畏れていると、こんな風にアバウトなところもポツポツあって、人間の体温を感じて温まってしまいます。

2010年のきょうシンビジウム(愛子さま)> 2009年のきょうオオイタビ> 2008年のきょうシロミマンリョウ> 2007年のきょうノシラン> 2006年のきょうマンサク> 2005年のきょうホトケノザ

|

« 1月29日(土) クリスマスローズ(ニゲル) | トップページ | 1月31日(月) ウメ »

コメント

はた衛門さん、こんにちは。
先日、わたしもきれいに色づいたテイカカズラを撮りました。
ほんとにいい色で、くるりと巻いたツルがかわいくて、
気に入っておりましたのに、
帰って見たら、いつもどおりボケていました。
以前から、テイカカズラやほかの緑の葉も
常緑なのにきれいに色づいている??と疑問に思うことがありました。
そうだったのですか。
常緑というのは、全落葉しないということなんですか。
また1つ賢くなりました。
こんなふうにカメラの腕も少しは上達してほしい・・・(ノ_-。)

投稿: ブリ | 2011/01/30 18:22

ブリさんへ:
そうなんですよ。ウチの常緑山法師なんて、
今はまったくの茶色山法師になっていて、それでも
ふつうの山法師と違って落葉はしていませんもんねえ。
常緑って、なんだか誤解(かな、混乱かな)を招く
言い方ですよねぇ。
非落葉っていう言葉、流行るといいなあ。開くよぉ~!(寒ぅ)

投稿: はた衛門 | 2011/01/31 05:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月29日(土) クリスマスローズ(ニゲル) | トップページ | 1月31日(月) ウメ »