« 1月22日(土) オヒルギ | トップページ | 1月24日(月) ハクモクレン »

1月23日(日) シマオオタニワタリ

110123simaootaniwatari
1mを超える雄大な葉の縁が波打っている様子は、ここが温室ではなく水族館だったかと勘違いするほど(ボケが進んだか・笑)です。
葉裏を飾る茶色い縞々の胞子嚢が美しく、これが名前の由来かと思ったら、それも勘違いで、シマは生息地(南西諸島)を示すものでした。
またタニワタリは、谷を埋める木々にこれが着生して、まるでシダが谷を渡っているようだという、とても風雅な表現です。この二つの名前パーツにはさまったオオはサイズのことで、タニワタリには見分けにくい仲間がいろいろある(注1・2)ようです。

<補注1> 属違いなのに「タニワタリ」を名乗る種類もありました。(2011年12月31日
<補注2> シマオオタニワタリはチャセンシダ属であり、その仲間を少しずつ取り上げています。(2021年1月3日
<補注3> 幼い葉の様子に見惚れました。(2024年2月20日

2010年のきょうセイロンマンリョウ> 2009年のきょうケヤキ・むさしの1号> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうマンサク> 2006年のきょうモミジバフウ> 2005年のきょうハボタン

|

« 1月22日(土) オヒルギ | トップページ | 1月24日(月) ハクモクレン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月22日(土) オヒルギ | トップページ | 1月24日(月) ハクモクレン »