« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

12月31日(金) ソヨゴ

101231soyogo冬なお青し、冬青と書いて「そよご」と読むこの名前は、知っているだけで賢そうかなという見栄もあって、ずっとお気に入りです。もっとも、ふつうの会話に冬青が登場することはありませんから、無駄知恵と言えばこれほどの無駄もありませんが…。
そんな無駄の集まりであるこのブログも、めでたく2010年を終えることができたので、お気に入りの冬青で年を締めくくることにしました。漢名でも倭音名でも無視されっぱなしの真っ赤な実がやや不憫ですが、冷たく扱われていることを拗ねるでもなく、凍える冷気をものともせずに、美しくかわいらしく揺れているのでした。

2009年のきょうヒマラヤスギ> 2008年のきょうスエコザサ> 2007年のきょうサカキ> 2006年のきょうオキザリス・プルプレア> 2005年のきょうクリハラン> 2004年のきょうマンリョウ

| | コメント (2)

12月30日(木) ネメシア

101230nemesiaまるで春にサクラソウの群落に出会ったような景色で、頬に刺さる風のことを一瞬忘れてしまいました。寒さに気づき直して、こんな冬なのだからパンジーかビオラあたりかとマジマジ見つめたら、花も葉もまったく形が違いました。
前にも冬に紫色のネメシアを見つけて、ネメシアであることに気づくまでしばらくかかったことがありました。本来は春が花どきらしいのですが、こうして寒い時期にも健気に咲いてくれるうれしい花です。パンジーやビオラと見間違えるなどという恥ずかしいことがないように、もっとこの花には親しまなければといけないと大反省です。

2009年のきょうサワラ> 2008年のきょうヨルガオ> 2007年のきょうポインセチア> 2006年のきょうコガマ> 2005年のきょうコトネアスター> 2004年のきょうソシンロウバイ

| | コメント (0)

12月29日(水) カシワバハグマ

101229kasiwabahaguma尾根道から見下ろした斜面が白い綿毛の輝きにあふれていて、いったいなんだろうと思ったらカシワバハグマの枯れ姿でした。
同じハグマでも、性悪なキッコウハグマには今年は泣かされ通しでしたが、それに比べるとこのカシワバハグマはとても観察しやすく、枯れてからもこんなに辞儀を正して迎えてくれました。人間の世界だけでなく、植物にも優等生はいるものです。
まるで植物標本のように、花どきの姿をとどめたまま枯れていくとは律儀なことで、「お疲れさま」と肩を揉んであげたい誘惑にかられます。

2009年のきょうイタドリ> 2008年のきょうセイタカアワダチソウ> 2007年のきょうツルマサキ> 2006年のきょうサツキ> 2005年のきょうトサミズキ> 2004年のきょうキダチアロエ

| | コメント (2)

12月28日(火) サルトリイバラ(サンキライ)

101228sankirai今年は念願の雌花も撮影できたので、こうして藪のなかを伝うサンキライの枝にもひとしお親愛の情を持ってしまいます。
厚手の葉もいい具合に色づいてくれました。野山のものは葉や実が虫にやられることが多いので、実の房にやや欠けの目立つこの枝でもかなり美しい部類です。
しかも、サンキライは藪から這い出てきがちなのに、この枝は手の届かない奥の方にとどまったままでした。たまたま目が合ったという感じで見つけたもので、このツキが来年の運勢を予見しているのではないか…と都合のいい解釈をしてしまいました。

<補注> この記事のタイトルはサンキライをメインにしていましたが、本来のサンキライはケナシサルトリイバラであることがわかったので、改題(記事は当初のまま)しました。(2012年1月10日)

2009年のきょうイイギリ> 2008年のきょうヤツガシラ> 2007年のきょうヤブツバキ> 2006年のきょうサネカズラ> 2005年のきょうカンアオイ> 2004年のきょうブルーデージー

| | コメント (0)

12月27日(月) スギ

101227sugiおとといの杉は葉が広くてスギボックリが賑やかだったのに、こちら本家本元の杉の枝先に目立つのは雄花です。これが春になると大量の花粉をまき散らすわけで、つらい症状に悩む方々には見たくもない画像だと思います。
そう言っている自分だって、いつ臨界点に達して発症するかわかったものではなく、飛散する花粉が例年の数倍と予測される来年が年貢の納めどきかもしれません。
言われてみれば、杉の枝先の賑やかさがヤケに目立ちます。凄まじい暑さだけで十二分だったのに、あの夏はこんな置き土産まで残してくれたとは恨み骨髄です。

2009年のきょうナツメヤシ> 2008年のきょうハスノハカズラ> 2007年のきょうオレガノ・バーバラチンゲイ> 2006年のきょうムサシアブミ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2004年のきょうレースラベンダー

| | コメント (0)

12月26日(日) ポピ-マロー

101226poppy_mallow本来は夏の花です。ところが暑い盛りにはどうもうまく撮れなくて出し渋っているうち、花はいったん休んでしまいました。それがこんなに寒くなってから、今また返り咲きしていました。寒さと乾燥にはかなり強い性質のようです。
ポピーマローのポピーは言わずもがなですが、マローはmallowで、ゼニアオイのことのようです。アオイ科同士ですから名前を借りて悪くはないと言っても、あのゼニアオイとは違って、地を這うように広がります。もし広い花壇があれば、一面にこれを植え込めば、通年でほったらかしにしておいても良さそうに便利な花です。

2009年のきょうフサザクラ> 2008年のきょうハマボウ> 2007年のきょうレンギョウ> 2006年のきょうハナイソギク> 2005年のきょうウキツリボク> 2004年のきょうセンダン

| | コメント (2)

12月25日(土) コウヨウザン

101225kouyouzanきのうに続いてX'masシリーズで、きょうは高さが10mもあるツリーです。もっとも、こちらも飾り付けはスギボックリ(?)だけのシンプルスタイルではありますが…。
コウヨウザンは広葉杉と書き、杉の音読みを思い出させてくれる貴重例です。
ついでに、ヒマラヤスギが杉というくせにマツ科だということも思い出して、このスギボックリ(?)を眺めながら、もしやこちらも杉のくせにマツ科かと考えました。調べたら、広葉杉はしっかりとスギ科でした。じゃあ、やっぱりこのお飾りはスギボックリかと思いつつ、「本当はなんと呼べばいいのか、杉笠もダメだろうなあ」と悩みます。

2009年のきょうクロガネモチ> 2008年のきょうハマゴウ> 2007年のきょうノササゲ> 2006年のきょうシロタエヒマワリ> 2005年のきょうキンメイモウソウチク> 2004年のきょうボケ

| | コメント (0)

12月24日(金) シナヒイラギ

101224sinahiiragi生け垣のクリスマスホーリー(流通名)が陽光を受けて色鮮やかに輝いていました。ここに金色のテープを巻いたり、靴下をぶら下げてくれたら、通りかかる子供たちに受けそうなのに、ここの家主さまはそういう軽薄なお方ではないようです。
シナヒイラギと呼んでもチャイニーズホーリー(英名)と気取っても、どうも最近の居丈高な姿勢が気になるお国を想起していけません。どこかの平和ボケの国のように自己主張がさっぱりなしも困りますが、それが強すぎても迷惑なものです。
かの国には中庸という立派な思想があったはずで、もっと先人の教えを大事にしてほしいものです。

2009年のきょうタラノキ> 2008年のきょうコウヨウザン> 2007年のきょうシキザクラ> 2006年のきょうシキザキホソバアカシア> 2005年のきょうシモバシラ> 2004年のきょうポインセチア

| | コメント (4)

12月23日(木) シロガネヨシ(パンパスグラス)

101223pampasウチのカミさんにかかると、この雄渾な姿がなぜかオムツ呼ばわりされてしまって、こらこら、そこ伸ばすんじゃなくて、パンパスだよ、パンパス!
夏には、真上からの光を受けた穂の大きさ・高さだけに心を奪われていたのに、こうして太陽の位置が低くなって、また違う魅力を発見です。これなら、シロガネヨシという和名がすんなりと脳裏に焼き付きそうです。
カミさんには、夏ではなくて今の時期にこれを見せ、和名で教え込むべきでした。相手が受け取りやすいボールを投げるのがキャッチボールの神髄なのだそうで、今ごろそんなことがわかっても、長年投げ続けた悪球の数々は取り返しがつきません。

2009年のきょうマメキンカン(キンズ)> 2008年のきょうユキツバキ> 2007年のきょうミヤマフユイチゴ> 2006年のきょうユリオプス・デージー> 2005年のきょうスイカズラ> 2004年のきょうアリッサム

| | コメント (0)

12月22日(水) トウワタ(アスクレピアス)

101222touwataきのうのカエンキセワタにかぶせてワタ続きです。しかも、疑問符まで続いてしまい、どうもワタものには悩まされる運勢のようです。
こちらトウワタの疑問は、画面左側に見えるツノのような莢です。ずっと見てきたこの花壇ではようやくこうして実ったのに、別の場所(露地)では9月にはこれが割れて、種がこぼれているところを見かけています。
4カ月なんて考慮に値しない誤差なのか、あるいは融通無碍に「できるときにできる」のがトウワタなのか、どうにも悩ましいワタシリーズです。

2009年のきょうナナミノキ> 2008年のきょうカラシナ(セイヨウカラシナ)> 2007年のきょうミヤマシキミ> 2006年のきょうナガエコミカンソウ> 2005年のきょうミニバラ> 2004年のきょうトベラ

| | コメント (0)

12月21日(火) カエンキセワタ(レオノティス)

101221_1離れて見上げるしかなかったカエンキセワタに、至近距離で会うことができました。結果、懺悔と新たな疑問の渦に翻弄されることになりました。
先月なか頃、ブログ友のryoiさんもこの花を写し、「この大根の薄切りみたいなものは何なんだろう?」と書いていたのです。萼・花弁があるのだから、残りのパーツと言えば雌シベ・雄シベではあるまいか…実物を確かめもせずに、そんな浅はかな答えをしてしまったワタシは、平成の無責任男でした。
101221_2これ(↑)が「大根の薄切り」です。花筒のなかから、左右に2枚と下に向かって1枚が開いています。
101221_3さて、その花を1つ手に取り、綿帽子のような花弁をあおり開けてみました。なんと、なかには「ふつう」の雄シベが4本と雌シベが1本、ちゃんとありました。ryoiさん、ごめんなさい。さあ、謎の「大根の薄切り」は、いったい全体なんなのでしょう。

<追記> 同じシソ科であるオドリコソウの花で、似たパーツを同じ部位で見つけました。この存在の意味はまだ想像もつきませんが、花びらの一部と考えてよさそうです。(2013年4月22日)

2009年のきょうカラスザンショウ> 2008年のきょうタネツケバナ> 2007年のきょうカラタチバナ> 2006年のきょうユキヤナギ> 2005年のきょうハンノキ> 2004年のきょうギョリュウバイ

| | コメント (4)

12月20日(月) アマクリナム

101220amacrinumこの花の前に行くたび、まだ咲いてんの!?とあきれてしまいつつ、いよいよ年の瀬を迎えてしまいました。図鑑にある花期どおりに夏には咲いていたものの、それから延々とここまで花を開き続けてきたのです。
ただ、盛りのころは花茎が長過ぎて、花を写せば葉が入らず、構図に悩みました。ようやくこうして都合のいい姿になったのだから、あきれていては申し訳がありません。
この花の片親にあたるクリナムについてはややこきおろしたものでした。鳶が鷹を生むというたとえは、植物の世界にもれっきとして存在するようです。

2009年のきょうセンリョウ> 2008年のきょうタンキリマメ> 2007年のきょうクネンボ> 2006年のきょうヒイラギ> 2005年のきょうキリ> 2004年のきょうイヌホオズキ

| | コメント (2)

12月19日(日) クロマツ

101219murasaki野道でよく見かける光景です。松の落ち葉がほかの木に絡んで、こうしてムラサキシキブとコラボすると、まるで簪(かんざし)屋さんの店先のような賑わいです。
101219momiji簪に見えるのは実に限らず、こうしてイロハモミジの散り残りとの合体もなかなかの美しさです。朽ちた葉もただのゴミではなく、こうして冬の野山を賑わす脇役を務めているわけで、人間の老人もかくあらねば…と思うきょうこのごろでございます。
なお、枯れ葉だけでタイトルを決めたのはやや断定的に過ぎますが、赤松なら葉がもう少し柔らかく、今回の2カ所のものは剛直な触り心地だったので黒松としました。

2009年のきょうイチョウ> 2008年のきょうモチノキ> 2007年のきょうハクウンボク> 2006年のきょうフユザクラ> 2005年のきょうトコナツ> 2004年のきょうジュウガツザクラ

| | コメント (2)

12月18日(土) リンドウ

101218rindoリンドウをこよなく愛して、庭一面を紫色に染めてご満悦だった男性が、今年はそれをよく楽しめもせずに逝ってしまいました。後日、そのリンドウが満開のころにお弔いに見えた男性が、その花畑を見て「憧れの庭だ」と言ったそうです。
たまたま二人ですが、この花が男性に好かれることをしみじみ知りました。
埋もれてしまいそうな落ち葉のなかから健気に顔を覗かせる姿を野山で見ると、庭に咲くそれとはまた違う、したたかな生命力を感じます。リンドウが好きという人は、その美しい花色もさることながら、きっと山道でこの粘り強さを見て惚れ込むのでしょう。

2009年のきょうチドリノキ> 2008年のきょうマルバアキグミ> 2007年のきょうハクサンボク> 2006年のきょうムクロジ> 2005年のきょうマリアアザミ> 2004年のきょうワビスケ

| | コメント (2)

12月17日(金) ニワウルシ(シンジュ)

101217sinju前は「翼果」という言葉だけで逃げて、写真はなにがなんだかわからない白っぽい塊しか撮れなかったのに、今度はK-xのおかげでちょっとスッキリできました。
ところが、種の様子をマクロで撮ろうと必死に木の下を探しても、さすがに翼果効果は絶大で、いったいどこまで飛んだのやら、近くには影も形もありませんでした。
雌花(雌株)はずいぶん追いかけて、今年の初夏にようやくその姿をとらえました。あの写真には緑色の子房がはっきり見えていたものの、この「翼」がいったいいつごろ、どうやって生えてくるのかがまだわかりません。
あまりに暑かった夏のせい(ということにしておきます・笑)で、花から種への移行過程の観察を忘れてしまいました。

<写真の追加> 観察を怠っていた「花から種への移行過程」へをとらえました。花1個につき、翼果が5枚できています(柱頭も5裂)。いま見直すと、2010年の写真でも、この仕掛けがわかるのに、当時はそこが見えていませんでした。(2017年6月2日)
170602
2009年のきょうアキニレ> 2008年のきょうハマヒサカキ> 2007年のきょうキジョラン> 2006年のきょうヤブコウジ> 2005年のきょうローズマリー> 2004年のきょうトウネズミモチ

| | コメント (0)

12月16日(木) フウ

101216huuあまりの美しさに、思わずため息が「ふうー」。塀を見て「へえー」というオチネタもあるのだから、恥ずかしげもなく、思いっ切り「ふうーーーー」。
前には淡いオレンジに染まるフウを載せています。場所によって、木によって、フウがこれほどに違う色合いを見せるとは驚きました。

ところで、先日、アカガシワを載せたとき、ふつのカシワを「古段ボールのように薄茶色く枯れるだけ」とこき下ろしました。しかしそのすぐあとで、ちゃんと赤っぽく色づいているカシワを見つけました。なんでも思い込みはいかんと大反省です。

2009年のきょうサンビタリア> 2008年のきょうシラキ> 2007年のきょうコスモス(矮性)> 2006年のきょうタアツァイ> 2005年のきょうリュウキュウマメガキ> 2004年のきょうネズミモチ

| | コメント (2)

12月15日(水) コダチダリア(キダチダリア、皇帝ダリア)

101215kodatidaria巨大というのがいいし、寒くなってから花が咲くこともあって、あっという間にあちこちどこでも見かけるようになりました。そうして見慣れたせいか、花はどうでもよくなって、今年は子狐のお顔のような蕾に目を奪われました。
たぶん、これ、まさか実がついているのではなく、蕾だろうと思います。これだけたくさんあると、新年までも咲き続けることができそうでも、果たしてそんなに長く咲き続けたかどうか、記憶がはっきりしません。子狐さんが立ち枯れになってもかわいそうだし、かと言って新年にこの景色はかなり不風流だし、一人で困っています。

2009年のきょうアオギリ> 2008年のきょうツクバネ> 2007年のきょうカラスザンショウ> 2006年のきょうチャボヒバ> 2005年のきょうクロガネモチ> 2004年のきょうカナムグラ

| | コメント (2)

12月14日(火) ノハラアザミ

101214noharaazamiねえねえ、平田さん、こんなに寒くなったのに、ずいぶんと元気なのねぇ。
いやあ、野原さんこそ、まるで永遠の美女のようですよぉ、チュパチュパ~。

生き残りと咲き残りが、レンズの向こうでそんな会話をしていそうです。そろそろ野山は霜で白くなる時季なのに、日だまりだとほっこりと微睡(まどろ)んでしまうほどに穏やかな日が日曜まで続きました。
いつまでもこんな日であってほしいと思う反面、冷たい雨になったきのうは、なんだか妙に落ち着いた心持ちになったりして、オジサンも揺れる冬の入り口です。

2009年のきょうサンパチェンス> 2008年のきょうカラスザンショウ> 2007年のきょうフウ> 2006年のきょうムラサキキャベツ> 2005年のきょうハナヒョウタンボク> 2004年のきょうホオズキ

| | コメント (2)

番外編 : 道

101213kage落ち葉に埋もれた道の先が階段になっているように見えて、背中の荷物を揺すり上げて身構えたら、あれれ、勘違いでした。
段差に見えたのは、すっかり幹だけになった木立の影でした。これで正午に近い時間なのだから、太陽の位置がずいぶん低くなっているものです。
しかし、これだけの落ち葉が毎年毎年、すべて土に還るというのはすごいことです。微生物がガンバルのはお酒造りだけでないことを再確認です。

| | コメント (0)

12月13日(月) キッコウハグマ

101213kikkouhaguma気がつけばすでに地面は厚く落ち葉に覆われていて、自分の歩く音だけが、うるさいほどにつきまといます。ふと立ち止まると、樹上から舞い降りる葉が小枝をこする音が異様にはっきりと聞こえて、いかにも凛とした冬の気配になりました。
さて、この写真はその厚く積もった落ち葉を撮ったのではなく、くだんのキッコウハグマのその後です。ついに今年は開放花を見ることはかなわず、名前の由来である異形の葉も、すっかりと落ち葉に埋もれてしまっていました。
つい、性悪女なんて罵ったワタシが悪うございました。反省しています。お願いですから機嫌を直して、来年はパーッと花開きましょうね、パーッと。

<補注> 念願の開放花は次の年に探し当てました。(2011年11月1日)

2009年のきょうイタヤカエデ> 2008年のきょうカラハナソウ> 2007年のきょうハンカチノキ> 2006年のきょうカランコエ・ベハレンシス> 2005年のきょうワビスケ> 2004年のきょうイシミカワ

| | コメント (2)

12月12日(日) チョコレートコスモス

101212choco_cos自分ではついに咲かせ切れなかったチョコレートコスモスを、よそさまの花壇で見つけました。上手な人の手にかかればちゃんと咲くなんて、小憎らしい奴です。
調べたら、「交配種が出回るようになって咲かせやすくなった」とあってニヤリです。ただ、続けて「原種はとうに絶滅」だそうで、3年前のあの気むずかし屋さんも「咲かせやすくなった」タイプだったのだとしたら、あーあ、傷つきます、ワタシ。
しかし、そんな拙宅でさえ上手に咲かせられる花はありまして、この時期はビオラが賑やかです。え、ビオラで失敗する人などいない…ごもっともです。

2009年のきょうネズミモチ> 2008年のきょうツルアリドオシ> 2007年のきょうカラマツ> 2006年のきょうエピデンドラム・ラディカンス(洋ラン)> 2005年のきょうノゲシ> 2004年のきょうヒメリンゴ

| | コメント (2)

12月11日(土) ヤマアジサイ

101211yamaajisai花の頃にはコナラ林の木陰で息をひそめるように咲いていたヤマアジサイが、我が世の春とばかりに陽光を浴びて輝いていました。
花粉媒介者を呼び集めるべき装飾花は、もうとっくにお役目から開放されたというのに、律儀に淡く紫みを加え、剛直だった葉もやさしい色目に姿を変えました。
風がどんなに冷たく変わろうと、おのれがどんなに老いさらばえようと、こうして枝に残っているうちは美しい姿でいなければ!……草木というのは、もしかして人生にエールを送ってくれるための存在ではないかと思うときがあります。

2009年のきょうノイバラ> 2008年のきょうラシャカキソウ> 2007年のきょうシャシャンボ> 2006年のきょうデルフィニウム> 2005年のきょうトウカエデ> 2004年のきょうウキツリボク

| | コメント (4)

12月10日(金) リコリス・オーレア

101210l__aurea球根を肥育することを考えて、いつもの年は成った実をすぐに摘んでいました。ところが、初めは一つだった球根が5個まで増えて気持ちに余裕が出てしまい、今年は思い切って熟すまで実を放置してみました。
仲間の彼岸花とは大違いで、咲いた花がすべて結実するので、その重さのために茎は秋口には地面に倒れてしまいました。それもかまわずに放っておいたら、莢はパックリ割れだして、思いがけないほど大きな種がこぼれ出てきました。
近所の子供たちが川の土手に花壇を作ろうとしているので、そこにこの種を埋めておいてあげました。この種が花を咲かすときまで、あの子たちが今のまま無邪気で仲良くしていてくれるといいのですが…。

2009年のきょうヤーコン> 2008年のきょうチョクザキヨメナ> 2007年のきょうメグスリノキ> 2006年のきょうゴクラクチョウカ> 2005年のきょうブルーベリー> 2004年のきょうフクシア

| | コメント (0)

12月9日(木) イロハモミジ

101209iroha桜と紅葉、いったいどちらが人を酔わせるのでしょうか。猫派・犬派の人気投票よりは世論を二分しそうです。
とりあえず桜酔いからは醒めて久しいこの時期ですから、目の前の紅葉に酔い痴れることにいたしましょう。
ウィ~、酔った・酔ったァ、目が回る~。

2009年のきょうメタセコイア> 2008年のきょうアオハダ> 2007年のきょうケヤキ> 2006年のきょうサンダーソニア> 2005年のきょうサンシュユ> 2004年のきょうメキシカン・ブッシュ・セージ

| | コメント (4)

番外編 : 不二

101208hujiあーたまを雲のう~えに出しぃーーー♪という歌は明治の終わりに作られたらしいので、まさかこんな高さから富士を眺めて書いたのではなさそうです。
それから、それから、神様って天上にいらっしゃるのだとしたら、雲の下のバカバカしいことや苦々しいことや切ないことどもは、なんにも見えていないんじゃないかなぁ、なんて心配になってきました。
えーと、もうすぐ箱根駅伝ですねえ。今年も山の神は活躍するんでしょうか。

この山は、下から見上げても上から眺めても、なぜか心を自由にしてくれます。

| | コメント (4)

12月8日(水) ホソバオケラ

101208hosobaokeraオケラがもうこんな姿になっていました。あの異常な夏の後遺症なのか、妙に生ぬるい冬ではあっても、季節はしっかり巡っていることを実感します。
しかし、その葉がこんなに細長いのは、別に異常気象のせいではありませんでした。ふつうのオケラ(葉がもっと丸い)も、屠蘇散に使われて薬効はあるのですが、このホソバオケラは専ら生薬原料として中国からもたらされ、栽培されているものでした。
花はふつうのオケラよりもややピンクっぽくなるそうで、その違いに気づくことができるかどうか、またまた自分用テスト問題のストックができました。

<補注> 花の時期の写真はこちらです。(2014年10月5日)

2009年のきょうイイギリ> 2008年のきょうギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)> 2007年のきょうダケカンバ> 2006年のきょうコクサギ> 2005年のきょうサンキライ> 2004年のきょうガーデンシクラメン

| | コメント (0)

12月7日(火) アカガシワ

101207akagasiwa名前と顔が一致する・しないという基準からすれば、この木は一発合格です。20mもあろうかという大木を陽に透かしてみると、メラメラという音が聞こえそうなほどに葉が「赤」く輝いて、見事!と言うしかない眺めです。
さらに、この葉は長さが20㎝ほどあって、深く裂けた形はたしかに「柏」のイメージに近いものがあります。もちろん、ふつのカシワの葉は古段ボールのように薄茶色く枯れるだけで、とてもとてもこの美しさにかなうものではありません。
北米原産であって、身近ではあまり見ることのない木なのが少しだけ残念です。

<補注> 初夏、枝先についたドングリを写しました。(2017年6月16日

2009年のきょうウシハコベ> 2008年のきょうコハウチワカエデ> 2007年のきょうギヌラ・パープルパッション> 2006年のきょうヤマハゼ> 2005年のきょうストック> 2004年のきょうイチョウ

| | コメント (2)

12月6日(月) フユザンショウ

101206huyuzansyou割れた赤い皮からこぼれそうに輝いている黒い実を見つけました。「ふーん、山椒かあ」と通り過ぎるところでしたが、なんとなく雰囲気が違います。
まずは葉がかわいくありません。豆腐田楽にこんな大きな葉が載っていたら、興ざめでしょう。本物のサンショウではなくイヌザンショウであっても、葉はもう少し小振りです。なによりこれら二つは落葉性なのに、この山椒モドキ(?)ときたら、いくらか黄ばんできた葉はあっても、枯れ落ちる気配などありません(常緑性)。
さらによく見れば、実の赤い皮が山椒よりは激しくブツブツです。などという点からこれがフユザンショウと知れました。山椒にもいろいろあって、きょう引き合いに出さなかったカラスザンショウについては、過去記事を参照(冷えます)としておきます。

2009年のきょうハゼノキ> 2008年のきょうハウチワカエデ> 2007年のきょうソヨゴ> 2006年のきょうタラノキ> 2005年のきょうメギ> 2004年のきょうダリア

| | コメント (0)

12月5日(日) デンジソウ

101205denjisou田の字シダ(勝手に命名・笑)が羊歯らしい枯れ色になっていました。もしもこれが四つ葉のクローバーだったなら、いくら寒くなったとは言え、こんな風体にはなりません。やっぱりこれは本当に羊歯植物なのでした。
枯れてみると、縦横に走っていた茎が目立ちます。まだ青々していたときにはまったく意識しなかった、このかわいい羊歯のしたたかな舞台裏の姿です。

2009年のきょうコンテリクラマゴケ> 2008年のきょうチドリノキ> 2007年のきょうヒメリンゴ> 2006年のきょうツルリンドウ> 2005年のきょうナンテン> 2004年のきょうネリネ

| | コメント (0)

12月4日(土) クサボケ

101204kusaboke朝、起き出したとき、前の日との温度差がたった1度でも、かなりハッキリと違いを感じるようになりました。これが体感センサーの性能向上のせいならばうれしいのですが、単なる老齢化・弱体化の兆しだろうと思うと憂鬱です。
さて、その差がきのうきょうはプラス方向でして、こういうときは人間の老人予備軍などよりはさらに敏感に、植物がとき知らずな行動に出ます。
本来の時期に咲く花と比べると、どうもヒネたような風情に見えて不憫でも、実と花を一緒に写せてしまうのだから、ご苦労さんとねぎらってあげることにします。

2009年のきょうカラスザンショウ> 2008年のきょうコシアブラ> 2007年のきょうハンノキ> 2006年のきょうセンニチコボウ> 2005年のきょうフユイチゴ> 2004年のきょうカラスウリ

| | コメント (2)

12月3日(金) アカメガシワ

101203akamegasiwa待てば海路の日和あり、犬も歩けば…はホントでした。もっと寒くなったころ、いつもこのボロハタキみたいな花穂の残骸だけが空で揺れていて、葉が全部落ちているのでいったいなんの木かわからずじまいになっていたのです。
なんとまあ、アカメガシワがこんなに美しく黄葉するとは知りませんでした。気づかなかったこの木の一面を見出して、とても得した気分です。
さて、ボロハタキの正体はこれでわかったものの、アカメガシワには雌雄があります。寒風をものともしないしぶとさからすれば雌花の残骸である公算が強いものの、もう少し継続観察すべき課題が残りました。

2009年のきょうフウトウカズラ> 2008年のきょうタカノツメ> 2007年のきょうアカカタバミ> 2006年のきょうスギナ> 2005年のきょうナンキンハゼ> 2004年のきょうダチュラ

| | コメント (0)

12月2日(木) ナナミノキ

101202nanaminoki大木であるナナミノキを俯瞰できる幸運に恵まれました。初めてこの木を見つけた去年の場所は、周りを高木に囲まれていて、根元からしか眺められなかったので、今年のこのショットはうれしさが格別の一枚です。
このアングルで眺められるなら、初夏に咲くという花もわりと楽に写すことができそうです。おっと、ナナミノキは雌雄異株であることを忘れていました。こうして実がよく目立つ雌株ばかりマークしていても、葉だけを頼りに雄株を見つけるのは自分には至難の業に思えます。来年の夏にも、もう一度幸運が訪れますように。

2009年のきょうハダカホオズキ> 2008年のきょうサンザシ> 2007年のきょうアラカシ> 2006年のきょうアメリカツルマサキ> 2005年のきょうビワ> 2004年のきょうユズ

| | コメント (2)

12月1日(水) カンレンボク

101201kanrenboku落葉樹ではあるようなのに、大きな葉(長さ20㎝ほど)には落ちる気配どころか色づく兆しもほとんどありません。
夏には賑やかだった花が、さらに姦しげな実になりました。ロマンチック派は満天の星と見そうなところ、イヤシンボ派の当方はバナナ食べ放題の夢にひたります。
実際にほんのり甘いのに、難点はこの木がだいたいにして巨大なことです。テッペンでたっぷり陽を浴びた実の味やいかにとヨダレを垂らしながら、一番下の枝にさえ、つま先立ちでかろうじて…という状況で、食べ放題は本当の夢に終わりました。

2009年のきょうコウヤボウキ> 2008年のきょうイブキジャコウソウ>  2007年のきょうクヌギ> 2006年のきょうイヌツゲ> 2005年のきょうマユミ> 2004年のきょうランタナ

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »