« 12月20日(月) アマクリナム | トップページ | 12月22日(水) トウワタ(アスクレピアス) »

12月21日(火) カエンキセワタ(レオノティス)

101221_1離れて見上げるしかなかったカエンキセワタに、至近距離で会うことができました。結果、懺悔と新たな疑問の渦に翻弄されることになりました。
先月なか頃、ブログ友のryoiさんもこの花を写し、「この大根の薄切りみたいなものは何なんだろう?」と書いていたのです。萼・花弁があるのだから、残りのパーツと言えば雌シベ・雄シベではあるまいか…実物を確かめもせずに、そんな浅はかな答えをしてしまったワタシは、平成の無責任男でした。
101221_2これ(↑)が「大根の薄切り」です。花筒のなかから、左右に2枚と下に向かって1枚が開いています。
101221_3さて、その花を1つ手に取り、綿帽子のような花弁をあおり開けてみました。なんと、なかには「ふつう」の雄シベが4本と雌シベが1本、ちゃんとありました。ryoiさん、ごめんなさい。さあ、謎の「大根の薄切り」は、いったい全体なんなのでしょう。

<追記> 同じシソ科であるオドリコソウの花で、似たパーツを同じ部位で見つけました。この存在の意味はまだ想像もつきませんが、花びらの一部と考えてよさそうです。(2013年4月22日)

2009年のきょうカラスザンショウ> 2008年のきょうタネツケバナ> 2007年のきょうカラタチバナ> 2006年のきょうユキヤナギ> 2005年のきょうハンノキ> 2004年のきょうギョリュウバイ

|

« 12月20日(月) アマクリナム | トップページ | 12月22日(水) トウワタ(アスクレピアス) »

コメント

ちゃんと帽子を取らないとシベは見えないのですね。
アフリカ産ということですが、どんな虫が媒介しているのでしょうか。 興味がわいてきますね。

投稿: ryoi | 2010/12/21 16:53

そう言えば、この花に虫が寄っているのを見ませんね。
蜜は甘いのに…。
でも調子に乗って二つ目の花の蜜を吸ったら苦くて、
ryoiさんが「危ない草だ」とおっしゃっていたのを思い出して、
ペッペッペーしておきましたよ(笑)。

投稿: はた衛門 | 2010/12/22 06:38

世の中には、いろいろ変った花があるのですね~
虫も寄らない花があるとは聞いていますが、
この花もそうですか。
びっくりです。
さがせば、まだまだ不思議な花があるようにみえますね~
大変、勉強になりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/12/22 09:40

ぴょんぴょんさんへ:
背が高くて、今ごろこんなに元気なので、なかなか面白い植物ですよね。
でも、この花が「虫も寄らない」ものかどうかは、まだまだ観察不足です。

投稿: はた衛門 | 2010/12/23 05:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月20日(月) アマクリナム | トップページ | 12月22日(水) トウワタ(アスクレピアス) »