« 11月7日(日) サルビア・インボルクラータ | トップページ | 番外編 : 人恋しい蝉 »

11月8日(月) ツルナ

101108turuna
肉厚な葉の表面がきらめいて、リビングストンデージーとかハナヅルソウを思い出させます。調べたら、同じハマミズナ科の仲間でした。
ただし、きらめくだけでなく、三角形に広がる葉は、ツル「菜」という名前からわかるように立派な食材です。今の時期でも柔らかくて素直な味なので、春の葉だったらサラダから天ぷらまで、いろいろ使えそうです。
見るからに強壮な姿のままに、花は春から今の時期まで咲きまくるのだそうです。胃潰瘍から胃癌までを守備範囲にする薬草でもあり、そちら方面に問題のある人は、一株・二株、栽培しておくといいかもしれません。

2009年のきょうヤマツツジ> 2008年のきょうイロハモミジ> 2007年のきょうオナモミ> 2006年のきょうサルノコシカケ> 2005年のきょうイロハモミジ> 2004年のきょうヨウシュヤマゴボウ

|

« 11月7日(日) サルビア・インボルクラータ | トップページ | 番外編 : 人恋しい蝉 »

コメント

ツルナ、多摩川の河口で見かけます。
先日行った三浦半島でも見つけました。
生の葉を食べてみたら、微かな塩味を感じました。
これはツルナ自体の味なのか、生えてる場所のせいなのか、
どうなんでしょうね。

投稿: waiwai | 2010/11/08 22:14

waiwaiさんへ:
あれれ、塩味でしたか。そう言われるとそうも思えるけれど、
ワタシはほのかな苦みを感じたような…。
味覚の差でしょうか、土壌の差でしょうか。

投稿: はた衛門 | 2010/11/09 06:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月7日(日) サルビア・インボルクラータ | トップページ | 番外編 : 人恋しい蝉 »