« 11月3日(水) ウキクサ | トップページ | 11月5日(金) マコモ »

11月4日(木) マルバノキ

101104maruba1この1週間の急な冷え込みで、木々の葉が一気に色づき始めました。前からアテをつけていたこの木も、まだ緑の葉を残しながらも、黄色くなったり赤が兆したりの葉が大勢を占めていて、その変化の速さに慌てさせられました。
その美しい黄葉に加えて、もっと待ち焦がれたものが葉の付け根で手招きしていました。なんと、この木は黄葉と開花が同時という珍しい性質なのです。
101104maruba2別名を紅満作といってマンサク科なので、色(と時期)こそ違え、花の形はそれらしいものです。これからもっと黄葉が進むはずなので、再会が楽しみです。

2009年のきょうアブチロン(黄花)> 2008年のきょうザクロ> 2007年のきょうキャラボク> 2006年のきょうアイ> 2005年のきょうサネカズラ> 2004年のきょうヒメツルソバ

|

« 11月3日(水) ウキクサ | トップページ | 11月5日(金) マコモ »

コメント

勉強になりますね。
黄葉と開花が一緒。
興味を引かれます。

投稿: ryoi | 2010/11/04 08:27

うーん、そういう木(黄葉と開花が同時)もあるんですねぇ。不思議だぁ・・・

投稿: zenpeichan | 2010/11/04 11:18

ryoiさんへ:
ね、変わってますよね。
今のところ、そういう性質のものってこれしか思い出せないのですが、
あ、そうかコブクザクラもありました。
http://hatazakura.air-nifty.com/blog/2005/11/1127_0627.html

投稿: はた衛門 | 2010/11/05 06:36

zenpeichanさんへ:
へへへ、いいでしょ。ほしいでしょ。
ほーら、あなたはほしくなる、ほしくなる~(笑)。
コブクザクラ(上のコメント参照)もセットでどうぞ!!

投稿: はた衛門 | 2010/11/05 06:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月3日(水) ウキクサ | トップページ | 11月5日(金) マコモ »