« 追加編 : ヒマラヤヤマボウシの実 | トップページ | 追加編 : キバナキョウチクトウの実 »

11月12日(金) アコニット(セイヨウトリカブト)

101112aconitumuおっと、トリカブトがこんなところに!と驚くほど堂々と、花壇で咲き誇っていました。ただ、知っているトリカブトとは違って図太い感じで、立ち性が強く、もしかしたら毒性がないように改良された園芸種かな、とか考えながら、とりあえず撮りました。
調べてびっくりです。これはアコニット(アコニツム、セイヨウトリカブト、ヨウシュトリカブト)でした。「根が猛毒」とか、「全草、触るだけで危険」という記述も見つかります。一方で、育てている人もいれば、切り花が売られているという報告もありました。
いったいどう考えたらいいかわからなくなりました。とりあえず、もし伴侶がこれを植えていて、ある日、根を掘り起こしていたら、覚悟する必要はありそうです。

2009年のきょうヤブムラサキ> 2008年のきょうカキ(品種不明) > 2007年のきょうイチゴノキ> 2006年のきょうケンポナシ> 2005年のきょうハマギク> 2004年のきょうセイヨウアサガオ

|

« 追加編 : ヒマラヤヤマボウシの実 | トップページ | 追加編 : キバナキョウチクトウの実 »

コメント

毒性がある植物って、結構身近にあるようですね。犬や子どももウロチョロする家なので、何かを植えるときに「どの部分が?どの程度?」と気にしますが、身をもって実験台になる勇気はありません。

投稿: 杏まま | 2010/11/12 19:39

杏ままさんへ:
そうですね。身近なものでは夾竹桃や朝鮮朝顔あたりが危ないんだそうですね。
ただ、致死量の少なさで言うとトリカブトは抜群!なので、
どうしてあえてこれを植えたり売ったりしなければいけないのか、
そこがよくわからないところです。

投稿: はた衛門 | 2010/11/12 21:23

そうかぁ、師匠の家はちょっと・・・ねぇ(笑)
奥様に限って・・・なんて思っていてはいけないようですね。我が家には何が植えられているのでしょうか。よーく調べてみなくては。まてよ、花の名前がわからないのでどうしましょうか。一度遊びに来て下さいね。

投稿: zenpeichan | 2010/11/13 08:40

zenpeichanさんへ:
え、ワタシって毒殺されそう? ゲゲッ!
今からでも遅くはない、、、身を慎まなくては。。。(笑)

投稿: はた衛門 | 2010/11/14 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加編 : ヒマラヤヤマボウシの実 | トップページ | 追加編 : キバナキョウチクトウの実 »