« 11月9日(火) キクニガナ(チコリ) | トップページ | 追加編 : メタセコイア(雄花) »

11月10日(水) ウラジロノキ

101110urajiro1
赤い実に引き寄せられて近づいたら、色づき始めた葉がとても特徴的でした。
101110urajiro2
深く刻まれた葉脈がまっすぐに走り、その先は鋭く尖っています。そのギザギザの一つを仔細に見ると、山型のなかにまた小さな山がある、いわゆる重鋸歯です。そして決定的なのは葉の裏面のこの白さです。
101110urajiro3
この木で思い出すのは一昨年の春です。あと1週間も遅ければ真っ白に咲く花に会えたのに、ちょっと遠出した場所だったために、くやしいお別れをしたのです。上の写真がそのときのもので、春には葉の表面も白っぽい(毛がある)ことがわかります。
しめしめ、今度見つけた木はあるお宅の庭木なので、何度でも通うことが可能です。花つきは山のものには及ばないはずでも、なにごとも欲を言ってはいけません。

<補注> 満開の様子は3年後にとらえました。(2013年5月7日)

2009年のきょうトキリマメ> 2008年のきょうミドリハッカ(スペアミント)> 2007年のきょうトウゴマ> 2006年のきょうアザミゲシ> 2005年のきょうヒメツルソバ> 2004年のきょうユズリハ

|

« 11月9日(火) キクニガナ(チコリ) | トップページ | 追加編 : メタセコイア(雄花) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月9日(火) キクニガナ(チコリ) | トップページ | 追加編 : メタセコイア(雄花) »