« 10月26日(火) アキチョウジ | トップページ | 追加編 : キョウチクトウの実 »

10月27日(水) ノハラアザミ

101027nohara【野】 草や木の生えた広い平地。野原。原。
【野原】 人家のない、草などの生えた広い平地。野。のっぱら。
ノアザミを載せたときには、「野と野原、どう違うんだ!」と怒っただけだったのに、今回はマジメに大辞林にあたってみました。「野」には人家があっていいのかぁ(笑)。
どうやら国語の世界よりは草木の世界がいくらか明快で、ノアザミのときの憤激は潮が引くように納まりました。総苞部分が尖らず粘るだけがノアザミ、総苞にまばらなイガイガがつくノハラアザミ、なんとすっきりした見分けポイントがあることでしょう。

2009年のきょうツヅラフジ(オオツヅラフジ)> 2008年のきょう原種シクラメン> 2007年のきょうツルレイシ> 2006年のきょうタウコギ> 2005年のきょうミゾソバ> 2004年のきょうヤマノイモ

|

« 10月26日(火) アキチョウジ | トップページ | 追加編 : キョウチクトウの実 »

コメント

がーん、ウィキペディアに「単にアザミとする種はない」。
アザミとタムラソウの区別しか知らなかったです。

投稿: ryoi | 2010/10/27 07:38

ryoiさんへ:
そうなんですよ。桜にサクラという桜がないように、
葵にアオイという葵がないように、
アザミという薊はないんですよねえ。
菫には「ただの」スミレがあるのに、どうもこの一貫性のなさが
始末悪いんですよねー。

投稿: はた衛門 | 2010/10/28 06:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月26日(火) アキチョウジ | トップページ | 追加編 : キョウチクトウの実 »