« 9月19日(日) ウメモドキ→アオハダ | トップページ | 9月20日(月) キセワタ »

追加編 : リコリスいろいろ

100919whiteそろそろヒガンバナがほころびかけていて、そのヒガンバナの露払いをするかのように、シロバナマンジュシャゲが咲きこぼれていました。
100919pinkこちらはナツズイセンかと思ったら、花びらの先に蒙古斑があります。これが目印となって、リコリス・スプレンゲリという名前がわかりました。
100919yellowレモンイエローが美しいこちらは、写真を回転させたのではなく、ほぼ水平まで茎がお辞儀していました。色はきれいでも、やや始末に困ります(名前未詳)。
100919aureaそしてこちらはウチのリコリス・オーレアです。例年より半月も開花が遅くてヤキモキしましたが、5年前にいただいた1個の球根が今年は5個に増えてくれました。

|

« 9月19日(日) ウメモドキ→アオハダ | トップページ | 9月20日(月) キセワタ »

コメント

そろそろヒガンバナの季節ですね。
今朝の蓮華寺池公園では来週あたりから咲き出す気配です。楽しみ、楽しみ。リコリス、我が家のは枯れてしまい現在はありませんが、カワイイはなですよね。
師匠のお庭、拝見したいです。

投稿: zenpeichan | 2010/09/20 11:03

zenpeichanさんへ:
埼玉よりは少し(かなり?)花が早いそちらでも、
ヒガンバナだけは一緒になるんですよね。
西日本でも大差なく、本当に彼岸に咲くのだから、
これは特別な花だと思います。
今年の異様な暑さにも狂わなければ、やはりこれは
「あちらの岸」から来たお使いなのだと思うことにします。

投稿: はた衛門 | 2010/09/21 07:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月19日(日) ウメモドキ→アオハダ | トップページ | 9月20日(月) キセワタ »