« 9月14日(火) トウテイラン | トップページ | 9月15日(水) マルバチシャノキ »

追加編 : オオモクゲンジ

100914oomokugenji1モクゲンジの実を見て驚いたのが始まりで、オオモクゲンジの実にも気づくことができ、そのあと、一昨年去年に両方の花も撮りました。これで一件落着と思っていたのに、また今年もオオモクゲンジを載せる羽目になりました。まず1枚目は、はるか頭上で展開される満開の花の写真です。
100914oomokugenji2当然ながら木の下は賑やかに黄色くなるわけで、2枚目はその様子です。ここで「きれいだったァ~」と先に進めばいいのに、今年は「あれ?」と足が止まりました。円周上の半分にだけ偏った4枚の花びらに8本の雄シベがくっついているものの、どの花にも雌シベが見当たりません。
100914oomokugenji3そこで枝に残った花にグッと寄ってみました。なんと、これはトチノキヤブミョウガで親しんだ「象の鼻」ではありませんか。鼻の付け根の白い毛の先は葯の痕跡に見えるので、もしそうなら両性花だし、そうでなければこれは雌花ということで、つまりオオモクゲンジは雌雄同株の雌雄異花か、あるいは雌雄混株のどちらかのようです。
100914oomokugenji44枚目は、その雌花または両性花が袋になりかけた姿です。この袋(実)がついている箇所以外に残る花柄の痕跡は雄花のものでしょう。果たして象の鼻は雌花なのか両性花なのか、また、モクゲンジの方も同じ仕掛けなのか、課題は課題を呼ぶといういつもの展開ではあっても、懲りずに牛の歩みは続きます。

|

« 9月14日(火) トウテイラン | トップページ | 9月15日(水) マルバチシャノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月14日(火) トウテイラン | トップページ | 9月15日(水) マルバチシャノキ »