« 追加編 : ヒガンバナ | トップページ | 追加編 : ヤマジノホトトギス(豪華版) »

9月27日(月) イガオナモミ

100927igaonamomi1波打ち際まで20~30mという海岸で見つけました。見たとたん、「デカイ、もしや」とワクワクして帰って、調べたらピンポン、イガオナモミでした。
これまでに、近所でオナモミオオオナモミはチェックしていたので、これでオナモミ3種がそろいました。もうひとつ、トゲオナモミというのがあるにはあっても、これは西日本がテリトリーらしいので、しばしお預けです。
100927igaonamomi2さてイガオナモミ(伊賀ではなくイガイガのイガ、毬巻耳)です。実の長さが3㎝ほどもあり、トゲの数が多く、実のつきがいいので、全体の草姿は似ていてもオナモミやオオオナモミとはやや雰囲気が違います。さらに決定的なのは「棘に棘が生えている」ことで、こんなものが衣服についたらやっかいなことになりそうです。

2009年のきょうヤブラン> 2008年のきょうアメリカアゼナ> 2007年のきょうミズカンナ> 2006年のきょうヒデリコ> 2005年のきょうホオノキ> 2004年のきょうペンタス

|

« 追加編 : ヒガンバナ | トップページ | 追加編 : ヤマジノホトトギス(豪華版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加編 : ヒガンバナ | トップページ | 追加編 : ヤマジノホトトギス(豪華版) »