« 9月25日(土) オニバス | トップページ | 後出し編 : ヤマコウバシ »

9月26日(日) フウトウカズラ

100926huutoukazura_bきのうのオニバスに続いて、花を撮れなかった無念の一枚です。去年の初冬、赤く色づき始めた実を載せたとき、今春の花はしっかり予定に入れたのになあ。
5月下旬が盛りのはずの花(といっても花びらはなく、傍目には紐がぶらさがっているみたい、らしい…)は、緑の実におへそとして痕跡を残すだけでした。
それでもこの日の収穫は、実のつきがとてもいい雌株に何本も出会えたことです。これらの実が真っ赤になったら、さぞや豪華でしょう。来春を待たず、真冬にもう一度ここまで来たいな(片道3時間・泣)と思わせる、魅惑のプラプラでした。

<補注> 花の撮影はこの6年後に実現しました。(2016年6月4日)

2009年のきょうリンボク> 2008年のきょうヒメクグ> 2007年のきょうジャコウソウ> 2006年のきょうヌスビトハギ> 2005年のきょうアレチヌスビトハギ> 2004年のきょうコブシ

|

« 9月25日(土) オニバス | トップページ | 後出し編 : ヤマコウバシ »

コメント

こんばんわ。
フウトウカズラなんて、初めて聞きました。
別サイトなどを見てみたら、こちらには生息していないようですね。
でも、花がなかなか味があって面白いですから、やっぱり直に見てみたい!って思います。

片道3時間ですか。
こちらだとあの辺りまで行っちゃうか、なんて、距離を感じてますが、遠いですね、確かに。
それでもきっと、赤い実を見に、行っちゃうんでしょうね。happy01

投稿: きおねこ | 2010/09/26 18:51

きおねこさんへ:
海岸は海岸でも暖地に限るようです。
でも、温暖化のせいでそちらでも見られるように
なるかもしれませんね。
もちろんそんなことは困りますけど(笑)。

投稿: はた衛門 | 2010/09/27 07:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月25日(土) オニバス | トップページ | 後出し編 : ヤマコウバシ »