« 番外編 : どうやら秋の空 | トップページ | 追加編 : カラムシ(雌花と繊維) »

9月21日(火) ハダカホオズキ

100921hadakahoozuki1去年の冬、真っ赤に輝く実を見つけたときに、ハダカホオズキのことをいろいろ学びました。そのとき固く決意した(笑)のが、この面白い形の花を撮ることでした。
UFOかな、それとも漫画のキャラでこんな髪型の男の子がいたような…、とにかくこうして平らに開く花は珍しいと思います。(緑の丸いものは蕾)
100921hadakahoozuki2うつむいて咲くので、下からあおってみました。直径は1㎝ほどで、広い花床は蜜で光り、小さな蟻がどの花にも必ずいました。この写真でも、2時方向に写っています。
こんな小さな蟻では、蜜を盗られるだけで花粉の媒介には役立たないのではと心配します。かなりしつこく撮影していた間、蜂や蝶は一匹も訪れませんでした。花が萎れるとき、花びらが雌シベ・雄シベを小さく小さく包むので、自家受精なのでしょうか。
100921hadakahoozuki3…と思っていたら、ふつうサイズの蟻もいました。これなら花粉媒介に貢献できそうです。その結果の実がもうできていました。ほんのり色づいた実は去年の写真にもあるものの、この清新な輝きもまた捨てがたい美しさです。

2009年のきょうケツユクサ> 2008年のきょうミズタマソウ> 2007年のきょうミズタマソウ> 2006年のきょうヤマハギ> 2005年のきょうオトコエシ> 2004年のきょうナツメ

|

« 番外編 : どうやら秋の空 | トップページ | 追加編 : カラムシ(雌花と繊維) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : どうやら秋の空 | トップページ | 追加編 : カラムシ(雌花と繊維) »