« 番外編 : どうやら秋の空 | トップページ | 追加編 : カラムシ(雌花と繊維) »

9月20日(月) キセワタ

100920kisewata
季節を間違えたオドリコソウのような風体とは言え、これがなかなかの稀少種です。野山ではまだお目にかかれなくて、これは栽培品です。
名前にはゆかしい由来もあるようで、この花がまとっているふんわりとした毛は、見る人をやさしく惹きつけるのでしょう。
分類的にはオドリコソウ(シソ科オドリコソウ属)よりもメハジキ(シソ科メハジキ属)が近い仲間になります。葉の形は明らかに別であっても、たしかにメハジキの花を少し豪華にしたように見えなくもありません。
名前つながりでいけばカエンキセワタ(レオノティス)というのがありはしても、そこまでいくとキセワタの風情は火焰に巻かれて燃え尽きてしまっています。

2009年のきょうマルバハッカ(アップルミント)> 2008年のきょうギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)2007年のきょうソテツ(雄株)> 2006年のきょうアシタバ> 2005年のきょうシロミノコムラサキ> 2004年のきょうフジバカマ

|

« 番外編 : どうやら秋の空 | トップページ | 追加編 : カラムシ(雌花と繊維) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : どうやら秋の空 | トップページ | 追加編 : カラムシ(雌花と繊維) »