« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

8月31日(火) トウゴマ(アカトウゴマ)

100831tougoma冬に完熟した実の姿と、晩秋の咲き残りの花を過去にとらえてあります。そしてついに本丸と言うべき雌花(花穂の先に赤い舌がペロンチョ)を見つけました。
しかし、いかにもまだ早すぎでした。トゲトゲの子房はまだ目立たず、とりあえず雌雄の花が咲き出した確認写真になってしまいました。それでもあえて掲出するのは、若いトウゴマの茎や葉のこんな美しさも記録しておきたいからです。
という言いぐさが悔し紛れに終わらないように、今年こそイガイガ&ペロンチョを写さなければ! あとひと月もして涼しくなったら、またこの場所に出撃です。

<補注> 茎や葉が赤いこの品種は「アカトウゴマ(別名:ベニヒマ、ミズマ)」であることがわかりました。上に「若いから赤い」としたのは完全な間違いなので訂正しておきます。(2010年9月17日)

2009年のきょうシシウド> 2008年のきょうソテツ(雄株)> 2007年のきょうカクレミノ(斑入り)> 2006年のきょうヒオウギ> 2005年のきょうサフランモドキ> 2004年のきょうタイワンホトトギス

| | コメント (0)

8月30日(月) ヘラオモダカ

100830heraomodaka1ふつうのオモダカの花と比べようとするからいけないのですが、なんとも小さくて散漫な花です。池の岸辺にあって、うっすらピンクがかわいいから見つけられたものの、少し離れたところなら見過ごしてしまいそうにささやかな存在です。
100830heraomodaka2花をつける茎の根元はこんな具合で、グンと立ち上がった茎が四方に分かれ、のびた先でまた分かれを繰り返します。その先で密やかに咲く花と根元を一緒に写すのは、なんとも無理な話でした。
それでも色気のない写真を載せたのは、「ヘラ」オモダカを証明するためです。仲間にはサジオモダカもあって、ヘラとサジの形の違いをしっかりと覚えなくてはなりません。ヘラはのっぺりと長く、サジは名前のとおりスプーン状のくびれが入ります。

2009年のきょうホツツジ> 2008年のきょうマツカサアザミ> 2007年のきょうヤマホタルブクロ> 2006年のきょうホウセンカ> 2005年のきょうメランポジウム> 2004年のきょうトロロアオイ

| | コメント (2)

追加編 : シクンシ

100829sikunsi1先日、このシクンシを載せたら、意外にもオジサマ族(ryoiさん、ぴょんぴょんさん、ごめんなさい・笑)に受けてしまいました。
100829sikunsi2そこで図に乗って、花がまだ白いという午前中に再訪してみました。これが10時45分の状態で、先日の写真からは3時間少々早めです。この様子なら、咲き始めは本当に真っ白かもしれません。

| | コメント (0)

8月29日(日) カジノキ(雌株)

100829kajinoki1かくかくしかじかというわけで、今年はとても気になる存在のカジノキです。雄株はもう葉が枯れるしか芸がないでしょうが、雌株は大変化発見です。
じつは、いつまでも緑のまま固くて、無愛想な実だと思っていたのです。なんとも突拍子な熟し方です。まさかひと晩で緑から真っ赤に変わるとは思えないのですが、大きな木のどこにも中間状態の実がないのだから不思議です。
100829kajinoki2期待の試食は、ちょっと大きな落胆でした。実を転がした手のひらがベッチョリするほどジューシーなのですが、そして甘酸っぱい味はイケルのですが、なんとも量が不満足なのです。小袋のなかは僅少のおつゆだけで、あとは種粒だけです。柱頭の残骸らしき毛も邪魔で、残念ながら、野歩きおやつには不採用としました。

<追記> この記事で、「中間状態の実がない」としたのは完全な観察不足でした。訂正記事はこちらです。(2014年8月24日)

2009年のきょうギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)> 2008年のきょうハネミギク> 2007年のきょうスズメウリ> 2006年のきょうシシトウ> 2005年のきょうソラヌム・ラントネッティー> 2004年のきょうガガイモ

| | コメント (2)

番外編 : あっついよぉ~(ヒマワリ)

100828himawari『とても暑かったです。おわり』とやってからもう4年、あのときのヒマワリの写真に不足していた入道雲をようやく写し込むことができました。
ただ、肝心のヒマワリさんがメチャクチャくたびれ果てています。そりゃーそうです。もう何日も雨が降っていません。
ヒマワリさんに比べたら、クーラーや冷たい麦茶があるんだから贅沢を言ってはいけません…と理性は諭すのですが、やはり、『とても暑いです。くそ~』。

| | コメント (0)

8月28日(土) ミッキーマウスノキ(オクナ・セルラタ)

100828micky初めてこれを知ったミッキーファンは、どんな反応をするのでしょう。たぶん、「わ、かわい~!」という素直派と、「なにこれ? ぜんぜんミッキーじゃないじゃん!」というシビア派に分かれそうな気がします。
ただ、ディズニー趣味のないワタシでも、これを見るたび、「ミニーノキならまだしも…」とつぶやくほどで、かなりアバウトな名前だと思います。これでカリフォルニア生まれだというならまだしも、原産地はアフリカでは洒落にもなりません。それでもこの名前は一発で擦り込まれてしまいましたから、これはネーミングの勝利でしょう。

<補注> 花が咲いているシーンはこちらです。(2013年3月3日)

2009年のきょうヒメキンミズヒキ> 2008年のきょうクララ> 2007年のきょうミツバアケビ> 2006年のきょうヘチマ> 2005年のきょうヤブラン> 2004年のきょうケイトウ

| | コメント (4)

8月27日(金) アワ

20100827awa「濡れ手で粟」とは言うけれど、濡れ手で高粱ともとも言わないのは、それほど粟の実は軽いのでしょう。しかしそんな軽量級でも、まるで組紐のようにギッシリと穂を作れば、茎は見事なしなりを見せて頭(こうべ)を垂れていました。
今では細々としか栽培されていませんが、米と同じく粳(うるち)と糯の種類があるそうで、昔はもっともっと人間の食生活で重要な位置を占めていたようです。

2009年のきょうイヌトウバナ> 2008年のきょうアキグミ> 2007年のきょうアキノタムラソウ> 2006年のきょうキクイモ> 2005年のきょうハゲイトウ> 2004年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)

| | コメント (0)

8月26日(木) コウリャン

100826koryan実の重さでしなっていたので、ようやく手が届いたほどの高さです。届いた手で何をしたかと言うと、すみません、一粒だけ試食させていただきました。
もちもちっとして、しみじみとコクのある味です。これだから高粱酒は旨いのか…などとヨダレを流すヒマがあれば弁明が必要で、これがコウリャンでいいのか、またはモロコシと呼ぶべきものか、小手先の学習では頭が酩酊状態になるだけです。
どこかの試験場で明確に品種を区分して植えていてくれるといいのですが、そんな夢の機会に恵まれるまでは、これは暫定でコウリャンとしておきます。

2009年のきょうコシアブラ> 2008年のきょうヨルガオ> 2007年のきょうハンゴンソウ> 2006年のきょうサンゴバナ> 2005年のきょうタマスダレ> 2004年のきょうリコリス・オーレア

| | コメント (0)

8月25日(水) ミズオオバコ

100825mizuoobako花も葉も、かなり派手め加減で、初めて見たときは外来種の水草かと思いました。ところがこれは歴とした日本自生のもので、かなり絶滅危惧種のようです。
縦に走る葉脈が美しい葉は薄くて透けていて、本来のオオバコを3~4倍に拡大したほどの大きさです。緑から紫まで、微妙な色変化をしていました。
花弁(3枚)も葉に似て質が薄く、一日で萎みます。先日見つけたトチカガミとは仲間同士(トチカガミ科)だそうで、花の作りや真っ黄色のシベが似ています。ただし、こちらの花は差し渡しが4㎝前後とおおらかであり、トチカガミを美少女にたとえるなら、ミズオオバコは匂い立つような麗人を思わせます。

2009年のきょうクサアジサイ> 2008年のきょうタチフウロ> 2007年のきょうキオン> 2006年のきょうセイバンモロコシ> 2005年のきょうルコウソウ> 2004年のきょうコブシ

| | コメント (2)

8月24日(火) ウリクサ

100824urikusa足下が薄紫の花で覆われていて、踏んだらかわいそうだし、踏まなきゃ前に進めないし、どうしたもんだのハムレットでした。結局、踏みましたが…。
初めはムラサキサギゴケかと思いましたが、しゃがんで見ると花がやや小さめだし、茎や葉の作りが繊細です。あるいはトキワハゼも感じが近いのですが、やはりこのウリクサのやさしい佇まいはそれらとは一線を画しています。
スケール代わりの1円玉の右に見えるのが、名前の由来の「瓜に似た実」です。これからどう熟しても、瓜には遠いと思いますが、こんな小さな実でも瓜に見立てるほど食べ物に窮していたのでしょうか。むしろ、葉をつぶすと瓜のような青い香りがして、一昨日のヒツジグサに続いて、またも勝手に瓜(の香りのする)草説を唱えてしまいます。

2009年のきょうオオモクゲンジ> 2008年のきょうシナヒイラギ> 2007年のきょうフウセンカズラ> 2006年のきょうフヨウ> 2005年のきょうキンミズヒキ> 2004年のきょうブラシノキ

| | コメント (0)

8月23日(月) シクンシ

100823sikunsi空から降ってくるような花です。4~5mの高さまでのびた(這い上がった)蔓の一部が垂れ下がり、その先にこのような花の房が開いていました。
シクンシは使君子で、この木の実から作る生薬名であり、そのまま木の名前にもなっています。使君子=天子(皇帝)の使いで、貴重な薬であったことを思わせます。
これは午後2時ころの撮影ですが、この花は咲き始めには白くて、だんだんに色濃くなるのだそうです。まさか朝からずーっと眺めているわけにもいかないので、次の面会は朝早くが狙い目です。おっと、良薬が採れる実の姿も、忘れずに撮りたいものです。

2009年のきょうチチタケ> 2008年のきょうテッポウユリ> 2007年のきょうヒャクニチソウ> 2006年のきょうタカサゴユリ> 2005年のきょうミズヒキ> 2004年のきょうハナトラノオ

| | コメント (4)

追加編 : ヒツジグサの真実(かな?)

Hituji1こんな風にモネを気取ってみたり、
Hituji2こんな風にお医者さんごっこしてみたり、そんなことをしているから、チョー単純なことに気づかなかったのです。
Hituji3なんちゅうことはない、これってヒツジの足跡そのものでした。未の刻に咲くなんて誰が言い出したんだか知らないけれど、それに振り回された自分がバカでした。
いえ、偉い先生たちに楯突く気はさらさらございません。定説は定説として拝聴した上で、誰がなんと言ったって、こりゃーヒツジ(の足跡)グサですわなあ。

<補注> 写真のうち、上の2枚はヒツジグサではなく、洋種(園芸種・詳細不明)です。

| | コメント (4)

8月22日(日) パパイア

100822papayaついにこの暑さは南の島レベルになったようで、市民農園でパパイアが花を咲かせていました。発見!の経緯を正確に言うと、まず風変わり(掌状に深い切れ込みあり)で巨大(長さ30㎝ほど)な葉に引き寄せられました。いったいなんじゃこれ?と近づいたら、茎に妙チキリンなものがボコボコと…。
茎の下側では実がもうそれらしい形になっています。パパイアは一部の両性花種を除いて雌雄異株だそうで、広い畑に1本だけだったこれには雄シベが見当たりません。無事に受精して、あの黄色い実を撮影できることを祈ります。

<補注> 露地で大きくなった実はこちら、温室で黄色く色づいた実はこちらです。

2009年のきょうタマガワホトトギス> 2008年のきょうヤナギラン> 2007年のきょうキハダ> 2006年のきょうオオボウシバナ> 2005年のきょうクコ> 2004年のきょうハシラサボテン

| | コメント (0)

番外編 : 祝・興南

100821natuzuisenどっちにも勝ってほしかったけど、強かったねー、興南!!
文句なしのチャンピオンです。おめでとぉーお!! (興南13:1東海大相模)

| | コメント (0)

8月21日(土) タカサゴユリ

100821takasago大変に繁殖力の強い百合で、道路の法面とかわずかな空き地とか、あまり環境のよろしくないところでも背丈をぐんぐんのばして花を咲かせます。見分けを知らなかったときは、これを鉄砲百合と間違えましたが、あいにく鉄砲百合はその名前ほどには威勢が良くなく、高砂百合に比べるとグッと貴重品です。
とは言うものの、両者の違いはハッキリとしておきたいものです。まずは花の筒部外側の色合いが違い、鉄砲百合はここが真っ白なのに比べ、高砂は稜の部分がこのように紫色を帯びます(特に蕾のとき)。
100821hahikakuもっとわかりやすいのは葉の幅で、鉄砲百合は2cmほどとたっぷりしているのに対し、高砂は5~6mmしかないので糸のような感じがします。

2009年のきょうツルリンドウ> 2008年のきょうペチュニア> 2007年のきょうオタカラコウ> 2006年のきょうオトコエシ> 2005年のきょうシロガネヨシ> 2004年のきょうガガイモ

| | コメント (3)

8月20日(金) カラミンサ

100820calaminthaハーブのなかでは知名度がやや低い方でしょうか。ハーブティにしたりお風呂に入れたり、要はスッキリ効果があるみたいです。
夏から秋まで咲き続けてくれるので、ハーブとしてだけでなく花壇でも実用性に富んでいます。うっすらと紫を含んだ花がやや小さすぎる嫌いはあるものの、こうしてたくさん植え込むと花壇が白く霞んだ風情になってきれいなものです。
おまけにヒラヒラさんの栄養補給にも役立つようです。そう言えば、先日は赤・青・黄色のトンボさんを一挙掲載しましたが、この夏、どうにか写せたヒラヒラさん(トンボよりはるかにせわしない)もここに載せておきましょう。
1008202黒くて大きくて重そうに見えるけれど、スカビオサの細い茎が曲がらないのだから、やはり軽いのでしょうねー。
1008203ミソハギの群生のなかでランデブー中のお二人は、白と黄色のカップルでした。こういう組み合わせもありなのでしょうか。
1008204こちらもカップルのはずですが、二人で仲良く翅のうら表をご披露してくれました。

2009年のきょうコマツナギ> 2008年のきょうアルストロメリア> 2007年のきょうモクゲンジ> 2006年のきょうハナキリン> 2005年のきょうトクサ> 2004年のきょうモッコク

| | コメント (2)

8月19日(木) ヒメチドメ

100819himetidome血止めシリーズ、3番目は姫さまの登場です。いかにも姫っぽく、深い切れ込みを持つやや薄手の葉が繊細な美しさです。
ちょうど日が当たる時間でしたが、ここはすぐに日陰になります。ほの暗くて湿り気のある場所を好むのは、この仲間の共通点です。
さて今回の血止めシリーズは、これでいったん終えます。残りの代表的な仲間にはオオバチドメとノチドメがあるのですが、どうもまだ見分けがアヤフヤです。地を這うような小さな草も多士済々で、血止めよりも記憶止めの薬草が欲しいところです。

<補注> 血止めシリーズ4番目のオオバチドメはこちら、5番目のノチドメはこちらです。

2009年のきょうサルナシ> 2008年のきょうアオツヅラフジ(雌株) > 2007年のきょうマツブサ> 2006年のきょうミニトマト> 2005年のきょうシロバナサクラタデ> 2004年のきょうムラサキゴテン

| | コメント (2)

8月18日(水) オオチドメ

100818ootidomeきのう、名前だけ登場したオオチドメです。チドメグサと同じように、半日陰で湿り気の多い場所を好みます。
ふつうのチドメグサに比べると葉が明らかに大きく(1.5~2㎝)て、切れ込みはやや浅く感じます。また、花の茎が長く、葉よりも高く飛び出します。
きのうのチドメグサの記事に対し、実際に血止めとして使ったというコメントをお寄せいただきました。効用はこのオオチドメも同じなのか、使い比べをしてみたいとは思うものの、わざわざそのために傷を2箇所も作る勇気はわいてきません。

2009年のきょうサルスベリ(シロバナサルスベリ)> 2008年のきょうキカラスウリ(雌株)> 2007年のきょうクルマユリ> 2006年のきょうゲンペイカズラ> 2005年のきょうカラタチ> 2004年のきょうコリウス

| | コメント (4)

8月17日(火) チドメグサ

100817tidomegusa葉の汁が止血剤になるからという名前がとても印象深い草です。ただ、こうやって地表を這うように生えていて、このまま使ったら雑菌の方が心配なので、その効果のほどはまだ試したことがありません。一応、「伝承」ということで…。
葉の大きなオオチドメが増えてしまって、本来のチドメグサはやや稀少です。葉の切れ込みが浅く、直径で1.5㎝を超えない、あるいは花の茎が葉の高さ程度にとどまる、などがほかの仲間との区別点になります。

2009年のきょうバリバリノキ> 2008年のきょうオオダイコンソウ> 2007年のきょうフシグロセンノウ> 2006年のきょうサボテン(緋牡丹)> 2005年のきょうルドベキア> 2004年のきょうツルムラサキ

| | コメント (2)

8月16日(月) キブシ

100816kibusiきのうのイイギリとは対照的に、ドッチャリコと実をつけたキブシです。はじめはなにか知らない別の木かと迷うほどの豪華さでした。
前にもこの時期のキブシの実は掲載した記憶があります。探してみると、色合いやひと房の姿は同じですが、連なる房の数は今度の写真のものが圧倒しています。
ところが前の記事を見てみると、この実がこのあとで何色になるのかを自分の課題にしていました。そして、まったく忘れていました。アーァ、2年も放ったらかしとは、キブシがふてくされてしまいそうです。今年はゼッタイ忘れませんから許してください。

2009年のきょうオニグルミ> 2008年のきょうダイコンソウ> 2007年のきょうウバユリ> 2006年のきょうマリーゴールド> 2005年のきょうゴマ> 2004年のきょうコナラ

| | コメント (0)

8月15日(日) イイギリ

100815iigiri木立のなかを歩くと、黄色くなったイイギリの葉がハラハラと落ちてきて、流れる汗は止まらなくても、そろそろ夏が終わりであることを告げてくれます。
誘われて見上げると、実はまだ緑でした。真っ赤に熟した姿を去年は堪能できましたが、今年はどうも実のつきが少ない(まばら)ように感じます。
去年の記事にいただいたコメントで気づいたのですが、さすがの大樹であるイイギリも毎年豊作では身が持たないようです。我が身の限度を心得て、虚勢は張らないこと…年寄りの冷や水などと笑われないように、見習わなくてはいけません。

2009年のきょうサワグルミ> 2008年のきょうコバノカモメヅル> 2007年のきょうクサボタン> 2006年のきょうパイナップルリリー> 2005年のきょうオオハンゴンソウ> 2004年のきょうルリマツリ

| | コメント (0)

8月14日(土) ミクリ

100814mikuri1流れが緩やかな池のほとりで花と実をつけていました。草丈は胸の高さほどもあり、岸辺から2~3mくらいまでの浅瀬を占める群生です。
こういう場所でなく、流れの豊かなせせらぎのなかに育つ場合、この葉が倒れて水面を覆うように浮かんで揺らめきます。ただ、花のない時期、揺らめく葉だけでは見分けをあきらめていました。ようやく「わかりやすい」場面に出会いました。
100814mikuri2名前の元になった「栗のような実」が雌花で、穂の上を白く飾っているのが雄花です。左下隅に葉先が写っていますが、ここが尖らないのがミクリの特徴だそうです。

2009年のきょうコスモス> 2008年のきょうキツネノカミソリ> 2007年のきょうキバナコスモス> 2006年のきょうハイビスカス> 2005年のきょうサネカズラ> 2004年のきょうエンジュ

| | コメント (2)

8月13日(金) ダンゴギク

100813dangogikuなるほど、団子だねー…という一輪にピントをあててみました。ところがこれは毒団子だそうで、すぐにパクリとやるクセのあるお子さんやペットには要注意です。
もっとシンプルな黄一色とかオレンジ一色とかが標準のようですが、これは園芸種なのか自然に交雑してしまったのか、なかなか華やかな色合いです。
腰上ほどの高さですが、もともとはもっと大きなものだったようです。茎に翼があるところはハネミギクを思い出させてくれます。調べたら、両方とも北米大陸から持ち込まれた「青い目をしたお人形さん」同士でした。

2009年のきょうハス(八重)> 2008年のきょうレンゲショウマ> 2007年のきょうレンゲショウマ> 2006年のきょうヌスビトハギ> 2005年のきょうツルレイシ> 2004年のきょうオモダカ

| | コメント (0)

8月12日(木) タバコ

100812tabako1町内会活動として、早朝にパトロールをしているのですが、見回りだけではヒマなので、ついでにゴミ拾いをします。なぜタバコの写真の説明がゴミ拾いから始まるかというと、拾っても拾っても、タバコの吸い殻は毎朝コンスタントに30本以上あるからです。
うちの町会はたった100世帯でごく狭い区域なのに、そして人通りもそれほどではない場所なのにこの始末なのです。タバコの花ってこんなにきれいなのに、どうしてタバコ吸いはポイ捨てをするのですか!(怒)
100812tabako2などとここで怒ってみても仕方ない話で、冷静に毎朝の収穫ブツをJTに送りつけてやろうかなどとさらに仕方ないことを考えているのですが、おっと、タバコは葉があってこそタバコです。
さすがにデカイです。根元方向にはもう少し大きなものもありましたが、これでも長さ30㎝はありました。

<補注> この記事のタバコは葉タバコ(Nicotiana tabacum)であり、同じ属には花タバコと称される一群もあります。(2016年8月26日)

2009年のきょうカノコユリ> 2008年のきょうキキョウ> 2007年のきょうトチバニンジン> 2006年のきょうカンガレイ> 2005年のきょうニチニチソウ> 2004年のきょうミソハギ

| | コメント (2)

8月11日(水) カンレンボク

100811kanrenboku1モンキーバナナのような実が星形につくこの木を知ったのが去年の9月で、ようやく待ちに待った花に会えました。大きな木の枝が花の重さでたわむほどに賑やかです。
100811kanrenboku2遠目にも、花には白いものと緑っぽいものがあるのがわかりますが、白い方が雄花、緑っぽい方が雌花です。
雌花の軸のその下に、こうして2個から5個ほどの雄花がつきます。まるで男を従えた女王様…みたいな決まり切った発想の貧困さはさておき、自然界ではおおむねこういう図式がメジャーだなあとうら悲しいオジサンです。

2009年のきょうツルレイシ> 2008年のきょうシデシャジン> 2007年のきょうメタカラコウ> 2006年のきょうコリウス> 2005年のきょうタマガヤツリ> 2004年のきょうハツユキソウ

| | コメント (4)

8月10日(火) オオグルマ

100810oogurumaきのう、さんざんオグルマの八重に毒づいておきながら、オグルマ→オオグルマとつなげるのだから、我ながら悪い性格です。
しかし、古色ゆかしい小車にかこつけてこれを大車とは、名づけた人もかなり悪ノリ…いえいえ、こちらはこちらで由緒正しい薬草で、別名を土木香というそうです。木香はあのモッコウバラも名前を借りた生薬で、それだけいい香りがするのでしょう。その木香の代用を務めたのがこの草の根で、今でもいろいろな薬に使われているようです。
草丈は胸ほどもあり、葉はガサガサと大きく、花もこのように盃状ですから、この姿からオグルマと関連づけるのはむずかしいと思います。自分では、ヒマワリの仲間と思い違いしないように気をつけないといけません。

2009年のきょうホオズキ> 2008年のきょうゲッケイジュ> 2007年のきょうヤマホトトギス> 2006年のきょうマルバタマノカンザシ> 2005年のきょうベニバナサワギキョウ(ヨウシュサワギキョウ)> 2004年のきょうゴンズイ

| | コメント (4)

8月9日(月) オグルマ(八重)

100809oguruma名札がついていなかったら、たぶん「なんかの菊」で片付けて通り過ぎたと思います。え、どうしてこれがオグルマ? 豪華ならいいってもんじゃないでしょ!
たしかに、言われてみれば葉や茎はそう見えますが、名前の元であるあの可憐な花びらがこんなでは、自己否定そのものです。そもそも、本来のオグルマは湿り気のある場所に咲くのに、これってカンカン照りの花壇で平気な顔です。
園芸種だと知って、いくらかホッとしました。野歩きの沼辺にこんなのがあったら、頭をかきむしってしまいます。しかし、オグルマを八重にする必要…、ありますかねえ。

2009年のきょうムサシアブミ> 2008年のきょうキカラスウリ(雄花)> 2007年のきょうサンショウバラ> 2006年のきょうカボチャ> 2005年のきょうシコンノボタン> 2004年のきょうヒルガオ

| | コメント (2)

番外編 : トンボたち(三色そろい踏み)

100808tonbo1見かけてびっくり。黄色いトンボっているんですね。
100808tonbo2黄色に比べると、赤はまあふつうに見ますが、今回見入ったのは金色に輝く翅の付け根です。
100808tonbo3そして青です。体はなんとなく青いかな、くらいですが、お目々が!

| | コメント (2)

8月8日(日) カラスザンショウ

100808karasu1カラスザンショウの森に行ってきました。羽状複葉の濃い緑でこんもりした樹冠に、ピザパイがいっぱいです。このピザ、黄色みを帯びた5mmほどの小さな花が直径15cm前後のロート型(散房花序)に集まったもので、木を覆うように賑やかです。
100808karasu2そんな花盛りの森で、目当てはこの雌花(雌株)でした。去年の冬に、これが雌雄異株であることにようやく気づき、この夏はどうしても雌花を撮りたかったのです。
ちょっとした誤算は、熟した実の重さで房が垂れ下がる冬と違い、花は木の上方ですましていることでした。この木は生長が早いことで有名な上に、花は高いところにばかりつくのです。そんなわけでこれが精一杯のクローズアップですが、うまい具合に緑色の実も混じって、いかにも雌株らしい一枚を撮ることができました。
100808karasu3そして雄花(雄株)もあらためての登場です。去年、雌雄を知らない段階で撮ったのが雄株でしたが、今思えばその写真は盛りを過ぎて茶色く枯れていました。男の名誉回復とばかりに、葯が黄色くほころんでいました。

2009年のきょうノグルミ> 2008年のきょうアオノリュウゼツラン> 2007年のきょうコケモモ> 2006年のきょうウド> 2005年のきょうイネ> 2004年のきょうクサギ

| | コメント (0)

追加編 : レンゲショウマ

100807rengesyouma1一日のうちに追加編を二つ載せます。これもウバユリと同じで、特に目新しいことはないのに、ただ、前よりもきれいに撮れた、それだけです。
100807rengesyouma2おっと、強いて言えばポリネーター(花粉媒介者)を写し込むことができたのが今年の収穫でしょうか。軽量級でないと、この姿勢で吸蜜するのはむずかしそうです。

| | コメント (0)

追加編 : ウバユリ

100807ubayuri1前に載せたときは本当にお婆さんになって枯れかけだったので、名誉回復の一枚です。姥とは言われても、じつはなかなかの美人です。
100807ubayuri2少し山に入れば今が見頃のウバユリも、平地ではもう種をつけています。スケバハゴロモが一人で休憩中でした。

| | コメント (0)

8月7日(土) ミツバ

100807mituba今ごろの野山でときどき見かけるこの小さな花がなにかわからなくて、しかも小さすぎてうまく写せなくて、今までずっと「見て見ないふり」をしてきました。
くそー、またコイツだ!と思いつつ、花だけでなく葉も写るように…と葉をマジマジ見たら、なにか見覚えのある形です。囓ってみたら、ア、お清ましのアレでした。
考えてみれば、ミツバだって最初から八百屋や畑に生まれたわけもなく、立派な野山の草でした。もっとも茎葉は栽培品よりグッと歯ごたえがあるし、味もそれなりに野性的で、夕餉の足しに持ち帰っても、家人に叱られるのが関の山です。

<補注> ミツバの色変わり品種を見つけました。(2016年6月13日)

2009年のきょうリキュウバイ> 2008年のきょうタンキリマメ> 2007年のきょうミヤコグサ> 2006年のきょうオモダカ> 2005年のきょうツユクサ> 2004年のきょうナツズイセン

| | コメント (0)

追加編 : ヒマラヤヤマボウシ

100806himalaya先月の半ばに花の様子を載せました。この暑さにもかかわらず、まだまだがんばっていました。ただ、あのとき「これから多少白く変化する」と書いたのはやや誤報で、どうやらあの辺が白さのピークだったようです。
花がしぶとい系ですから、実もこのままたくさんつきそうです。ふつうの山法師や常緑山法師(ホンコンエンシス)よりも大きくなりそうで、試食できる日が楽しみです。

| | コメント (0)

8月6日(金) ヤマホタルブクロ

100806yamahotaru1象さんが団体で空を飛んでいるような、なんじゃこれは? いったい何の花がすぼめばこんな姿に? えーと、えーと…と野道で立ち尽くしてしまいました。
100806yamahotaru2思いつかないのであきらめて歩き出したら、少し離れたところにまだ花を残した株がありました。アッハー、あなた(ヤマホタルブクロ)でしたか!
♪花咲き花散る宵もぉ~、という古い歌(東京ラプソディ)にあるように、花は「散る」ものと思っていると、こういう残り方もありでした。もしかしたら、この萎れカスのなかに蛍のミイラも…って、そんな間抜けはあんたぐらいだよ!と蛍に笑われることでしょう。

2009年のきょうベロニカ> 2008年のきょうホルトノキ> 2007年のきょうタマアジサイ> 2006年のきょうウイキョウ(フェンネル)> 2005年のきょうフサフジウツギ(ブッドレア)> 2004年のきょうイヌキクイモ

| | コメント (0)

追加編 : ヤブミョウガの両性花

100805yabu3日前に取り上げたヤブミョウガの補足です。「両性花と雄花が混在するタイプ」と書きながら、先日の写真には雄花(と思われるもの)だけしか写っていませんでした。きょうのこれ(↑)が両性花で、白い雌シベの先が雄シベの黄色い葯よりも飛び出し、その付け根ではすでに子房が丸く膨みはじめています。
これに対して先日の写真の、特に右側の花は、雌シベは雄シベに隠れて見えず、子房は茶色に萎んでいます。雌性を失った「不完全」体が雄花とは、男の身としては受け入れがたい話ですが、世のなか、「まずは女性ありき」は理の当然なのでしょう。

| | コメント (0)

8月5日(木) ガガブタ

100805gagabuta1広めの池をびっしりと覆う葉がありまして、ヒツジグサにしては小さいし、アサザにしては大きいし、ずっと、花が咲くのを楽しみに待っていました。ようやく咲いたその花は、白くて小さくて(直径1.5㎝くらい)、控えめなかわいいものでした。
100805gagabuta2ところが寄ってみると、あれま、そのお姿に絶句です。この毛深さは、あのミツガシワそのものではありませんか。なるほど、ミツガシワ科アサザ属、これまで見てきたものがパズルを解くようにつながってきました。
そして名前にまた絶句です。迫力ありすぎです。で、考えました。これはきっと毛深さつながりでガガイモが関係するのではないか、と…。みごとにハズレでした。ガガブタは鏡蓋(葉を鏡の蓋と見る=先日のトチカガミに近い発想?)の訛りだそうです。毛むくじゃらの花が、「へたな考え、休むに似たり」とあざ笑っているようです。

2009年のきょうカラスザンショウ> 2008年のきょうハマユウ> 2007年のきょうクサレダマ> 2006年のきょうサボンソウ> 2005年のきょうベゴニア> 2004年のきょうフヨウ

| | コメント (2)

8月4日(水) キキョウ

100804kikyou1暑いぞ、くそ~とか呟きながらも、あ、秋はもうすぐなのだとホッとします。桔梗女郎花(おみなえし)、秋のイメージを代表する花が競演していました。
100804kikyou2どちらをきょうのタイトルにするか迷いますが、近づいたら桔梗の花の方に目をとられました。咲き始めが左側で、このあと雌シベは閉じたまま雄シベが開き、そして雄シベが枯れたあと雌シベが開く右の段階になります。
ひとつの花が最初は雄で後半は雌…自家受粉を避けるための巧妙なしかけです。
100804kikyou3などと小難しいことを書くと、また暑苦しくなります。そこで、さらに涼しげな白の桔梗で口直しです。ところが、白花の桔梗らしいものはかつて取り上げていて、それを今見直すと「こんなの桔梗じゃないよ!」とは思うものの、いったい何なのか調べがつきません。せっかく涼しさを伝えようと思ったのに、これでは冷や汗が出るばかりです。

<補注> 紛らわしい表現になっていますが、上の写真の白い桔梗はシロバナキキョウ(Platycodon grandiflorum f. albiflora)であり、文中で「かつて取り上げ」た「白花の桔梗らしいもの」としているのは、その後、モモバギキョウであることがわかりました。(2011年7月2日)

2009年のきょうサギソウ> 2008年のきょうハマゴウ> 2007年のきょうナツハゼ> 2006年のきょうセンノウ> 2005年のきょうブルーベリー> 2004年のきょうタラノキ

| | コメント (0)

8月3日(火) キツネノカミソリ

100803kitune谷戸というか、小さな狭間にある湿地です。この場所を知っている人は少ないようで、怪しい狐火が揺らめくさまを心ゆくまで楽しむことができます。
だがしかし、その安息の時間を邪魔するヤツがいます。虫除けスプレーも電池式携帯蚊取りも、ほとんど役には立ちません。うわ、こら、ペシ!
というわけで、木漏れ日がもう少しうまく入るタイミングを待ちきれませんでした。それでも、この花は今まで(2008年2005年)クローズアップばかりだったので、このブログには初登場となるキツネノカミソリ群生の図です。

2009年のきょうアーティチョーク> 2008年のきょうハマボウ> 2007年のきょうコオニユリ> 2006年のきょうトコロ> 2005年のきょうキツネノカミソリ> 2004年のきょうスベリヒユ

| | コメント (4)

8月2日(月) ヤブミョウガ

100802yabumyouga秋が深まれば黒々と美しく並ぶ実も、今は少しずつ変身中です。すでに真っ黒になったものから、茶、薄茶、緑、白…色とりどりの玉が並んでいました。
白い玉にはまだ雌シベの柱や雄シベの残骸がついたままです。これだけ長い雌シベがあったのは、これが両性花だった証拠で、それに対して今咲いている花の雌シベは雄シベに埋もれて姿が見えません。
つまりヤブミョウガは、この春に気づいたトチノキと同じように、両性花と雄花が混在するタイプでした。「今ごろ気づいたの?」とトチノキやヤブミョウガに笑われているとは思いますが、髪型を変えた家人をほめたら、同じセリフを言われたような…。

<補注> 両性花はこちらです。(2010年8月5日)

2009年のきょうマルバチシャノキ> 2008年のきょうサボテン(ノトカクタス)> 2007年のきょうキンロバイ> 2006年のきょうモミジアオイ> 2005年のきょうカナムグラ> 2004年のきょうタマサンゴ(フユサンゴ)

| | コメント (4)

8月1日(日) ハンカチノキ

100801davidia春の連休のころはみんなが寄ってきてカメラを向けてくれるのに、ほかの季節はこの木の下は静かなものです。葉が紅くなるまでぶら下がっているこの実、なかなか味わいのある形なのに、もったいないことです。
100801davidia_mi根元には前の年の実が落ちていました。梨の実をもっと色濃くしたような風合いの肌で、虫に食われるわけでなく、自然に腐食するわけでなく、かなり硬質です。(右側はナイフで削って核を出したもの)
この木にとって日本の気候は暑すぎるようで、自然には発芽しないようです。それでもこの木を見かける場所が増えた裏には、やはり園芸家の努力があるのでしょう。

<補注> 本来の鑑賞時期の様子はこちら、この実が樹上で充実した姿はこちらです。(2015年11月7日)

2009年のきょうオオリキュウバイ> 2008年のきょうカキラン> 2007年のきょうオレガノ> 2006年のきょうミゾカクシ> 2005年のきょうシマサルスベリ> 2004年のきょうコナラ

| | コメント (4)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »